今さら聞けない!Twitterマーケティングとは?

今さら聞けない!Twitterマーケティングとは?

Webマーケティング2021.03.31

目次


「少ない予算で始められる」「競合が使い始めたから」などの理由によって、何気なくTwitterを使い始めた企業も多いのではないしょうか。


Twitterは適切に活用をすることで、効果的なマーケティング、プロモーションを行うことができます。今回は、よりTwitterを有効に活用するためのコツをまとめました。


Twitterマーケティングとは?


Twitter マーケティングとは、Twitterを利用する目的を明確に定め、測定・検証・改善のサイクルを繰り返すマーケティング手法です。ユーザとの中長期的な関係を構築し、ブランド認知・好意度・購入意欲を高めることにつながります。


Twitterマーケティングを成功させるための7つのポイント


1.ターゲットを的確に絞る


Twitter に登録している2億7,100万人のユーザの中から、最適なターゲットを絞り込みます。


例えば、タイムラインに流れているキーワード・興味・地域・性別・既存フォロワーとの類似性などが、ターゲットを絞り込む条件になります。


2.Twitterを利用しているユーザの詳細とそのユーザにつながる方法を知る


Twitterは、政治・グルメ・ファッション・技術的なテーマにいたるまで、多様なトピックについて活発に発信・受信が行われています。


関心の高い話題に対してリアルタイムで話し合うことができるため、Twitter上の分析を基に有益な情報を流すことができれば、高いマーケティング効果を期待できます。


3.Twitterボタンとマーケティング活動を組み合わせる


分析レポートでは、Twitter広告アクティビティに含まれる複数のコンポーネントをトラッキングできます。顧客の行動について学び、より良い結果が出るようにキャンペーンを調節できます。


ダッシュボードを活用して、Twitterでのすべてのアクティビティを総合的に捉えて、個々のツイートのパフォーマンスを、ツイート・フォロー数・リーチなどから見ることができます。


そこから得たインサイトに基づいて最適化の余地がないかどうかを検討できます。


Twitter上の計測をダッシュボードを使用して可視化することで、ひと目で現状を把握し、分析を行うことができます。


4.影響力の強いインフルエンサーを見つける


インフルエンサーとは、人々の購買行動に影響を与える人物のことを指します。


特定分野に詳しい専門家やインターネット上で強い影響力を持つ個人などが、インフルエンサーにあたります。


具体的な例としては、好感度の高い芸能人やファッションモデル・スポーツ選手・知識人・専門家・著名なブロガーなどがあげられます。


メリットとしては、世の中のトレンドを大まかに掴めることや、有益な投稿であれば拡散されやすい、という特徴があります。


5.効果的なブロモーション手法や戦略を立てて実行する


Twitterには、リアルタイム性が高い特徴によって、拡散が起こりやすいという特徴があります。


販売促進・ブランド認知の向上・新製品発表などの面で、Twitterの特徴を活かした効果的なプロモーションや戦略を立てていきましょう。


6.キャラクターを活用して人間味を出す


Twitterマーケティングにキャラクターを活用すると、ユーザとの間に新近感が生まれやすくなります。それによって、認知度アップや拡散量の増加につながります。


またキャラクターに対する投稿の中に、ユーザのニーズがつぶやかれていることもあるため、注意深く見ていくと新しい需要を発見することにもつながります。


7.分析レポートを使用して、短期間に検証と改善を繰り返す


Twitterマーケティングによる効果を継続的に高めていくため、蓄積されたデータを分析しつつ、検証を行なっていく作業が重要です。


その結果によって、現状の改善につながる新しい施策や目標を設定します。


上記の分析・検証を交えたサイクルを繰り返し行うことで、継続的な改善につながります。


まとめ


今回はTwitterマーケティングについてまとめました。


Twitterを何気なく活用するのではなく、目的や目標(KGI/KPI)を明確にして、サイクルを回すことで、ブランディングや購入意欲の向上などにつながります。


自社でもTwitterの使い方を点検し、効果的なマーケティングを行うために活用していきましょう。