企業の認知度や信用度の向上を目指すなら、Yahoo!広告を運用するのが効果的です。しかし、どうやって広告依頼を行えばいいのか、料金はどのくらいかかるのかわからないという方もいるでしょう。

ここではYahoo!広告にかかる料金について解説していきます。

Yahoo!広告の料金形態

Yahoo!広告を出す際にあらかじめ知っておきたいポイントとして挙げられるのが、広告にかかる費用です。まずはYahoo!広告の料金形態についてみていきましょう。

課金方式について

Yahoo!広告の課金方式を、それぞれみていきましょう。

運用型広告

運用型広告

ユーザーが広告をクリックし、広告主のサイトを訪れることで広告料金が発生するのが「クリック課金型」です。

ユーザーの画面に広告が表示されても、実際にクリックされなければ料金は発生しません。クリック料金は入札で決定し、上限金額も広告主が独自に設定可能です。

予約型

予約型

広告が表示されても実際にクリックされなければ料金が発生しないクリック型課金と違い、表示された回数に対して料金が発生するのが「予約型」です。

予約型とはインプレッション保証型の課金システムで、Yahoo!のトップページでファーストビューに広告が掲載されます。露出度が高いですが、表示されただけで料金が発生するのでコストがかかります。

前払い料金制

Yahoo!広告は前払い料金制のため、事前に支払いを済ませます。広告がクリックされるごとに支払い料金から引かれていき、残高がゼロになったら広告掲載が終了するという仕組みです。

そのため、支払い料金以上の広告費用がかかることはなく、あとになって料金の追加請求がくるといった心配はありません。

予算額の算出方法

広告予算を決める際は目標とするコンバージョン数を決めることがポイントになります。予算先行で運用を始めてしまうと機会損失が増えるおそれがあるので注意しましょう。

まずは、目標とする1件あたりの獲得単価(CPA)を算出し、広告予算を計算します。広告予算の計算方法は以下のとおりです。

CPA(コンバージョン単価)×目標獲得数(コンバージョン数)

Yahoo!広告の最低出稿金額はいくら?

Yahoo!広告の最低出稿金額はいくらなのでしょうか?それぞれ見ていきましょう。

検索広告

ユーザーの検索結果ページに広告掲載できる検索広告は、キーワードごとに1~9,999円の範囲で、入札によって広告料金を決められます。

広告運用開始の初期費用は3,000円かかりますが、これは前払い広告料金であるため、この3,000円もクリック料金として利用可能です。

ディスプレイ広告

広告主企業の商品やサービスに興味や関心がありそうな幅広いターゲットにアプローチできるディスプレイ広告は、キーワードごとに1~50,000円の範囲で入札価格を設定できます。

検索広告と同様に、初期費用として3,000円かかりますが、クリック料金として利用されるため、実質的には広告費用とすることができます。

Yahoo!広告の料金相場

では次に、Yahoo!広告料金相場はどの程度なのか、検索広告とディスプレイ広告、バナー制作費用についてみていきましょう。

検索広告の料金相場

検索広告の料金は20~50万円前後が一般的な相場とされています。

ただし、業界や商材によっても変わってくるため、販売価格が小さかったり、個人店や地方でしか出店していなかったりといった場合、相場はもう少し下がります。

なかには5~10万円程度で充分な効果を得ている広告主もいるようです。

ディスプレイ広告の料金相場

ディスプレイ広告の料金は広告主によって大きく変わります。検索広告と同様に、業界や商材によっても料金が変動するうえ、知名度や認知度によっても料金が変わります。

また、広告予算が確保できない事情がある場合、検索広告に6万円・サイトリターゲティング広告のみに2万円など、検索広告と組み合わせる手段を取る場合もあるようです。

一方、広告予算に余裕がある場合は、最初からディスプレイ広告に30万円といった設定の仕方をするケースもみられます。

バナー制作費用の相場

Yahoo!バナー広告には、バナーの制作費用がかかります。相場の目安は以下の通りです。

静止画5,000円程度
GIFアニメーションタイプ10,000円程度
Flashタイプ20,000円程度

バナーの品質は広告の集客能力に大きく影響し、広告力測定を行うため、複数パターンを継続して制作するケースが多いです。

Yahoo!バナー広告は目立つ位置に表示されるため集客力が高い広告手法ですが、検索広告やディスプレイ広告と同様クリック課金型の料金体系もあるので、手軽に始められます。

料金見積もりは無料

Yahoo!広告を出そうと思ったら、公式ウェブサイトのフォームから申し込むだけで設定を開始できます。

はじめてで勝手がわからない、不安があるという場合はYahoo!のスタッフが無料で初期設定を行ってくれるサービスもあるので活用してみましょう。

そのほか、Yahoo!広告を始める前に利用できる無料の個別カウンセリングもあります。

どのような広告を出したいのか、広告プランや予算などの相談にのってもらえるので、安心してYahoo!広告を始められます。

Yahoo!広告ディスプレイ広告(予約型)について

Yahoo!広告ディスプレイ広告(予約型)

Yahoo!のトップページやYahoo!ニュースなどのサービスページに画像や動画の広告を掲載するのが、予約型のディスプレイ広告です。

広告費用は高額ですが、ビューアブルインプレッション購入型なのでユーザーの目に留まりやすく、高いブランディング効果が期待できます。

予約型のディスプレイ広告は掲載期間と表示回数を保証する広告なので、運用型広告よりも優先的に配信されます。

料金の仕組み

予約型のディスプレイ広告は、掲載期間、掲載場所、表示回数をあらかじめ決めておき、事前予約する仕組みです。

広告の50%以上の範囲が連続して1秒以上、動画広告では同様の範囲が連続して2秒以上再生された場合に「視認された」とみなされるビューアブルインプレッション保証のため、より高い効果が期待できます。

主な商品と料金

では、予約型ディスプレイ広告の主な商品とその料金をみていきましょう。

●ブランドパネルSP(500万円~)
スマートフォン版Yahoo!のトップページに掲載される広告です。Web版、アプリ版のトップページのファーストビューに掲載されるので訴求力があります。

<掲載期間は1~31日間で自由に設定可能>
●ブランドパネル パノラマPC(2,000万円~)
パソコン版Yahoo!のトップページに掲載されるリッチ広告です。パノラマ動画を配信するため、ファーストビュー占有面積が大きく、認知度の向上など高い効果が期待できます。

<掲載期間は1~31日間で自由に設定可能>
●インストリーム MD 15秒(100万円~)
スマートフォン、パソコン両方のWeb版Yahoo!の動画コンテンツの再生前や再生中に配信されるビデオ広告です。Yahoo!とGYAO!の両方のサービスに掲載される広告のため、幅広いユーザーへアプローチ可能です。

<掲載期間は7~31日間で自由に設定可能>

Yahoo!広告は予算を抑えながらの運用も可能

圧倒的なリーチをもつYahoo!に広告を出したいと考える企業は多いでしょう。Yahoo!広告は前払い料金制、かつクリック課金型広告なので、予算を組みやすく、あとから高額な費用請求がくることはありません。

また、高いブランディング効果が期待できるディスプレイ広告(予約型)では、多彩な表現が可能な画像や動画広告が掲載できます。

Yahoo!へ広告を出そうか迷っている方向けに、無料の個別カウンセリングもあるので安心して利用できるでしょう。