Yahoo!広告はYahoo!が公式に提供しているサービスです。検索ユーザーに対して自社製品やサービスをアピールをするのに最適なサービスであり、SEO対策が一切不要な方法となります。

一見すると大変便利な機能ではありますが、使用目的に合った広告の種類を選択し、LPを作成しないと広告費のみを消費する自体となります。

当記事では、Yahoo!広告の種類や特徴、Google広告の違いについて紹介していきます。

Yahoo!広告の種類

Yahoo!広告

Yahoo!広告の種類としては以下の2つが存在します。

  • 検索広告
  • ディスプレイ広告

詳細について紹介していきます。

検索広告

検索広告

Yahoo!の検索広告(リスティング広告)では、Yahoo!にて検索した時に検索結果が表示されます。この時、検索結果の最初の1~4ページに出てくるサイトに「広告」の表示があります。

これが検索広告です。検索してきたユーザーに対してアプローチが出来るため、見込み客への宣伝として効果を発揮します。

この検索広告はキーワード毎に広告の設定が可能で、掲載順位は「入札価格」と「広告の品質」に応じて変動します。

ここでの「広告の品質」はキーワードとLPの関係性とクオリティで決まっており、高く評価されるほど「入札価格」は抑えられます。

検索広告では表示されるだけで単価が発生せず、広告がクリックされる毎に費用が発生します。

Yahoo!のリスティング高校では、Yahoo!JAPANが提携しているexciteBingなどにも広告が表示されます。

【Yahoo!JAPANの検索広告パートナー企業】
・朝日新聞
・Bing
・excite
・フレッシュアイ
・My Cloud
・MYJCOM
・Sleipnir
・So-net
・Vector
参照元:https://promotionalads.yahoo.co.jp/service/publisher/
※2021年2月時点

下記では検索広告の種類について紹介していきます。

拡大テキスト広告

拡大テキスト広告は2つのタイトルと1つの説明文で構成されている広告です。現在は設定をしない限り検索広告はこの拡大テキスト広告が適用されます。

掲載順位が上位になると広告表示オプションが表示出来るようになり、さらに視認性が高まります。

レスポンシブ広告

レスポンシブ広告とは、主にYahoo!のトップ画面に表示される広告です。テキストや画像、動画とボタンのみで構成されている広告で、表示されているサイトや広告によって表示が変わります。

一度設定するだけでPCやスマホ等のデバイスに最適な広告を配信できます。

広告オプションの種類

こちらでは広告オプションについて紹介していきます。広告オプションとは設定すれば表示されるものではなく、掲載順位と「広告の品質」が高く評価されることによって表示されます。

広告オプションは表示されると広告文の下にテキストが表示され、訴求したいキーワードを効果的に訴求できます。どのような広告オプションが存在するか紹介していきます。

  • クイックリンクオプション

クイックリンクオプションはgoogleのサイトリンクのようにテキストとリンク先を設定できる広告オプションとなります。広告文以外にもキーワードを訴求したい時に便利な機能です。

  • 電話番号オプション

電話番号を表示できる広告オプション。PCでは機能が発揮できませんが、スマホからクリックされる事でそのまま電話番号に繋がります。

店舗に訪問するもしくは電話する事でサービスを提供するサービスに向いています。

  • テキスト補足オプション

googleのコールアウト表示オプションと同じように、検索結果の画面上にキャッチフレーズを表示させる機能です。サービス内容をシンプルに伝える事が可能でコピーライティングとかけ合わせる事で高い効果を発揮します。

  • カテゴリ補足オプション

カテゴリ補足オプションは、広告文の下に小見出しと補足内容を表示させられる機能です。あらかじめ用意されている13種類のジャンルを小見出しとして選択可能で、カテゴリーから補足内容を追加します。

サービスや商品を訴求したい時にカテゴリを訴求することで訴求率やクリック率の向上が見込めます。

ディスプレイ広告(YDN)

ディスプレイ広告(YDN)は見込み客にアプローチをするのではなく、潜在客に対してアプローチする方法となります。ユーザーの検索傾向から興味・関心事項に関係したYDNを表示し、アプローチをかけます。

Yahoo!広告のレスポンシブ(画像)入稿規定

Yahoo!のディスプレイ広告は下記の提携パートナーサイトへも掲載されます。

【Yahoo!JAPANのディスプレイ広告パートナー企業】
・朝日新聞
・BuzzFeed
・クックパッド
・デイリースポーツ
・DIAMOND online
・D2C
・FNNプライムオンライン
・Goo
・kurashiru
・Livedoor NEWS
・毎日新聞
・食べログ
・msn
・東洋経済 ONLINE
など
参照元:https://promotionalads.yahoo.co.jp/service/publisher/
※2021年2月時点

下記ではYDNの種類について紹介していきます。

テキスト広告

YDNの1つであるテキスト広告とは、文字だけ表示させる方法となります。タイトル、説明文、URLの3要素しかないため訴求性が弱くはなりますが、色々な所に配信が可能で画像が必要ないため手軽に出来る広告配信です。

テンプレート広告

YDNの1つであるテンプレート広告とは、デバイスや掲載枠に合わせて広告を配信する広告です。主にYahoo!JAPANのトップページのおすすめ枠やその他Yahoo!の関係サイトに表示されます。

また、画像とセットで表示されるため訴求性が高く、現在のディスプレイ広告の50%を占めるといわれています。

インフィード広告

インフィード広告は、スマホ向けに配信されるテンプレート広告の事です。タイムライン上に表示される記事の中にさりげなく溶け込ませて表示させることから、スマホからYahoo!を利用しているユーザーへの訴求性が高くなっています。

通常のテンプレート広告と比べて少額から広告を回せることもあり、はじめて運用する企業から評判が良い傾向があります。

動画広告

YDNの1つ動画広告とは動画とテキストを表示させる広告の事です。5~60秒間で動画を流し、文字だけでは伝えれない情報をユーザーに訴求できます。

広告費の発生も10秒再生されてから発生するため、極めて費用対効果が高い広告となります。

PCブランドパネル(静止画・動画)

YDNの1つPCブランドパネルとはYahoo!トップページの右サイドバーに動画、もしくは静止画の広告を表示させる広告となります。動画広告は動画+文字であるのに対し、こちらは画像か動画だけになるのが大きな特徴です。

動的ディスプレイ広告

動的ディスプレイ広告とは、ウェブサイトを訪れたユーザーの行動履歴を元に広告をYahoo!が自動的に作成、配信するサービスです。ユーザーの興味のある物をデータとして集める広告となりますので、通販サイトなどの数多くのサービスを紹介するウェブサイトに高い効果がでます。

ターゲティングの種類

ターゲティングの種類

Yahoo!広告には数多くの種類が存在します。

目的に合わせて広告の種類を選ぶ事で高い費用対効果を発揮しますが、そこにターゲティングをする事でさらに高い費用対効果を発揮します。

どのようなターゲティングを選択する事が可能かを紹介しましょう。

検索広告のターゲティングの種類

検索広告では下記の4つのターゲティングが可能です。

サイトリターゲティング

サイトリターゲティングとは過去に訪問したサイトへ再度訪問するようにする促すターゲティングです。過去に訪問した人に広告を表示させることで、再訪問させて商品の購入を促します。

通販サイトなどで高い効果を発揮します。

デバイスターゲティング

デバイスターゲティングは、PCやスマホ毎に入札単価を設定して、配信するデバイスの絞り込みができるターゲティングです。スマホやPCでは訴求できるユーザーが異なるため、デバイスを絞りたい方には有効です。

PCかスマホのどちらか一方に一切配信したくない方は引き下げ率を100%にすることで配信しない設定にできます。

地域ターゲティング

地域ターゲティングは特定の地域にのみ広告を配信できる手法です。インターネット対応ではなく、地域に店舗を構えている業種の方に特に有効です。

一部地域にのみの配信もできますが、配信しない設定もできます。広告を配信しても効果がない地域へ制限する時に有効です。

曜日・時間帯ターゲティング

曜日・時間帯ターゲティングは特定の曜日や時間帯に広告を配信できるターゲティングです。タイムセールや休日、特定の時間に広告を配信することで高い費用帯効果を発揮します。

時間帯も1時間毎に設定可能で、曜日も合わせて設定ができます。

ディスプレイ広告のターゲティングの種類

検索広告以外にもディスプレイ広告にターゲティングの設定が可能です。ターゲティングの種類は下記の通りです。

性別・年齢

YDN広告を性別・年齢で設定して広告の配信が可能です。

性別は男女で設定。年齢は13歳から70歳まで幅広く設定ができます。

中学校、高校生、大学生で設定が可能となっているため、年齢に合わせたサービスを紹介したい、男性だけに紹介したい商品がある時に有効となります。

サーチキーワード

サーチキーワードは過去にYahoo!JAPANでキーワード検索した際の履歴を元に広告を配信します。

例としては、過去に「不動産」で検索した人が後日「地域名+不動産」と検索した際に、適した広告を表示できます。別のディスプレイ広告で配信された場合でも効果があるため、キーワードでのターゲティングがやりやすくなっています。

サイトカテゴリー

サイトカテゴリーは、広告を配信するカテゴリーを設定して配信ができます。カテゴリーを設定する必要がない場合は「設定しない」と選択することでカテゴリーを問わず配信ができます。

カテゴリーで商品やサービスを探しているユーザーに訴求するのに最適なターゲティングとなっています。

インタレスト

インタレストは設定したカテゴリーに対して興味があるユーザーに向けて広告を配信できます。

たとえばスポーツで設定した場合、過去にスポーツの試合結果やスポーツ番組の検索をしたユーザーへ向けて配信を行います。

プレイスメント

プレイスメントターゲティングとは、配信をするサイトを制限する為に設定します。どのYDNにも設定が可能となっています。

基本的には、関係ないサイト内での広告の表示を制限する為に使用するのが主流です。

地域

地域ターゲティングはYDN広告を配信した地域を設定して配信できるターゲティングとなります。こちらを設定しておかないとすべての地域で広告が配信されます。

全国で対応しているサービスや商品なら問題ありませんが、地域に密着するようなサービスなら設定する必要があります。

時間帯・曜日

曜日帯・時間ターゲティングは曜日や時間帯を設定して広告を配信できます。見込み客のアクセスが多い時間帯や費用帯効果が悪い時間帯に広告の配信を止めるのに利用します。

設定は1時間毎、曜日毎に設定できるため、細やかな設定が可能となっています。

デバイス

デバイスターゲティングはYDNの表示をするデバイスの設定が可能となっています。スマートフォンかタブレットのどちらかのみに広告の配信が可能で、YDNの種類によっても設定が異なります。

たとえばPCブランドパネルではスマートフォンが選択出来なかったり、動画広告ではPCが選択できない等があります。

Yahoo!広告とGoogle広告の違い

Google広告

Yahoo!広告とGoogle広告は広告の運用方法に関しては差がありません。しかし、Yahoo!広告とGoogle広告ではできることとできないの違いがあり、仕組みにも差があります。

また、広告の掲載先や審査方法、掲載ができる内容にも差があります。

ユーザー層

Yahoo!広告とGoogle広告では利用者している層に差があります。

Yahoo!広告の主な利用者はPCを利用している40~60代が中心といわれています。これはYahoo!をスマホで利用するために手間がかかる背景があるためです。

一方Google広告は10~30代の若くスマホを利用している層が中心となっています。これはスマホが初期設定されているブラウザがgoogleだからです。

広告の掲載先

Yahoo!広告とGoogle広告では広告を配信できる場所に違いがあります。Yahoo!広告の場合はYahoo!のトップページやYAHOO!知恵袋といったYAHOO!が運営しているサイトが中心です。

他にはYahoo!JAPAN提携先サイトでもexciteやBingといったサイトにも表示されます。

一方でGoogle広告の場合はgoogleの検索結果の広告枠や提携先になります。またGoogle広告がgmailやYouTubeといったサイトの運営もしているため、こちらにも広告を表示します。

文字数や入稿規定

以前まではYahoo!広告とGoogle広告では入稿できるタイトルの数や文字数で違いがありましたが、現在は両方ともタイトル3まで設定が可能です。タイトル、説明文の文字数も全く同じとなっています。

ただしgoogle広告はアフィリエイト広告の投稿が可能ですが、Yahoo!広告は全面禁止となっています。

現在Yahoo!広告で運用できる広告はECサイトと公式サイトのみで、Yahoo!広告でのアフィリエイト広告運用は見つかり次第運用停止、最悪の場合はアカウントの停止につながります。

文字数はタイトル半角30文字、説明文半角90文字、パス半角15文字で共通です。

広告表示オプション

広告表示オプションはYahoo!広告とGoogle広告のどちらでも設定が可能です。設定できるものには差があるため、以下の表にまとめました。

NoYahoo!広告Google広告
1クイックリンクオプションサイトリンク表示オプション
2電話番号表示オプション電話番号表示オプション
3テキスト補足オプションコールアウト表示オプション
4カテゴリ補足オプション構造化スニペット表示オプション
5アプリリンク表示オプション
6レビュー表示オプション
7住所表示オプション
8アフィリエイト住所表示オプション
9リードフォーム表示オプション
10メッセージ表示オプション

表にすると分かる通り、広告表示オプションはYahoo!広告の方が少なくなっています。Yahoo!広告のクイックリンクオプションからカテゴリ補足オプションはGoogle広告と全く共通しており、この共通項目は最低限設定することを推奨します。

ターゲティングの設定内容

広告表示オプションはYahoo!広告とGoogle広告のどちらでも設定が可能です。こちらも設定できるものには差があるため、表で紹介します。

YDNGDN
キーワードサーチターゲティングコンテンツターゲティング
インタレスト興味関心カテゴリー購買意向カテゴリーアフィニティカテゴリインテント
リターゲティングサイトリターゲティングリマターゲティング
トピックサイトカテゴリートピックターゲティング
プレースメントプレイスメントターゲティングプレースメントターゲティング
性別男・女・不問男・女・不問
年齢13歳~(13~21歳まで小刻みに設定可能)18歳~
子どもの有無設定不可設定可能
地域都道府県指定市区町村指定都道府県指定市区町村指定半径指定

YDNは年齢の指定の幅が広いのに対し、地域指定する場合は半径で指定ができません。

目的や費用対効果を踏まえて配信方法の選択

目的や費用対効果を踏まえて配信方法の選択

Yahoo!広告には大きく分けて検索広告、ディスプレイ広告の2種類が存在します。

検索広告は文字のみの訴求となりますが、検索ユーザーに対してキーワードを絞り込んで広告を運用できます。一方でディスプレイ広告はユーザーの検索傾向から広告を表示するため潜在的ユーザーへの宣伝ができます。

目的に合わせて訴求する方法を選択し、高い費用対効果を得られるように運用しましょう。