Yahoo!広告は、Google広告と並び、日本では根強い人気を誇っている広告媒体です。Yahoo! JAPANという人気のポータルサイト上に広告を表示できるだけでなく、低予算から細かい広告条件を指定して掲載できることが魅力となっています。

この記事では、Yahoo!広告の使い方を紹介し、広告掲載時のポイントや困ったときの対処法について解説します。

Yahoo広告の使い方

初めに、Yahoo!広告の使い方について、Yahoo!JAPANビジネスアカウントの取得から実際の広告掲載まで、具体的な流れについて紹介します。

Yahoo!JAPANビジネスアカウントは、みなさんが個人的に使っているYahoo! JAPANのYahoo!JAPAN IDとは異なり、Yahoo! JAPANが提供する企業向けのサービスを利用するためのアカウントです。

Yahoo!JAPANビジネスアカウントの発行は無料です。ただし、各種ツールを利用する場合には有料となることがありますのでご注意ください。

Yahoo!JAPANビジネスアカウントを取得

初めに、Yahoo!広告の公式ページを開き、画面右上の「検索のお申込み」ボタンををクリックします。

Yahoo!広告の公式ページ

続いて、アカウント登録に必要な事業の情報を登録しましょう。

アカウント登録

Yahoo!JAPANビジネスアカウントの取得は、実際に事業を行っていることが条件です。ご自身のビジネスでなく、お客様のビジネスに対するアカウントを作成する場合は、事前に必要事項のヒアリングを済ましておきましょう。

画面の案内に沿って入力後、メールおよび電話番号による認証を行うと、Yahoo!JAPANビジネスアカウントの作成は完了です。

ここで作成されたYahoo!JAPANビジネスIDおよび設定したパスワードは、今後Yahoo!広告の管理を行うために必要な情報となりますので、忘れないように保管しておきましょう。

記入漏れがあると審査に通らないので注意

Yahoo!JAPANビジネスアカウント作成時に登録する運営サイトのホームページには、会社名、住所、電話番号が掲載されていることを確認しておきましょう。

ホームページ内に記載が無いと、審査に通らない可能性が出てきます。記載漏れがある場合は、事前に掲載しておくことでスムーズに審査が進められます。

本人確認書類を準備しておく

Yahoo!広告では、広告主の事業形態などの情報に応じて、本人確認書類が異なります。事前にご自身のビジネスに合った本人確認書類の種類を確認し、準備しておくと良いでしょう。

広告管理ツールにログインする

Yahoo!広告を利用する場合、広告管理ツールを利用して広告を管理します。Yahoo!広告の公式ページを開き、画面右上の「広告管理ツール」のリンクをクリックし、ログイン画面からログインを行います。

広告管理ツールにログイン

広告管理ツールへのログインには、Yahoo!JAPANビジネスIDと設定したパスワードが必要になります。ログイン情報を入力し、「ログイン」ボタンをクリックすると広告管理ツールにログインできます。次のような管理画面のトップページが出てきたら、ログイン成功です。

管理画面のトップページ

広告作成

広告管理ツールへ接続できるようになったら、いよいよ広告を作成します。

広告を管理するためには、大きく分けて4つの工程に分れた要素を理解する必要があります。ここでは、検索広告を例に、広告作成の手順を1つずつ分けて紹介します。

キャンペーン作成

キャンペーンは、掲載する広告を予算やターゲットとなるデバイス、配信方式などの目的ごとに分割する単位です。広告宇作成の最初のステップはキャンペーンを作ることから始まります。

まず、Yahoo!広告の管理画面上部にあるメニューから、「検索広告」⇒「キャンペーン管理」の順にクリックし、キャンペーン画面のメニュー内にある「キャンペーン作成」ボタンをクリックします。

キャンペーン作成

キャンペーンの作成画面で必要な項目を入力後、「保存して広告グループ作成へ」ボタンをクリックし次へ進みます。

必須入力が必要な項目は、次の8項目があります。個別に設定するのが不安な方は、「既存キャンペーンの設定を反映する(オプション)」ボタンをクリックすると、月ごとの平均予算に応じて、Yahoo!JAPANが用意したお勧めの設定が準備されているため、活用してみると良いでしょう。

項目名入力する値
キャンペーンタイプ「標準キャンペーン」を選択
キャンペーン名いつ、何のために作成したキャンペーンか分かるような名前を入力します
スケジュール設定キャンペーンの開始日および終了日を設定します
キャンペーン予算(日額)1日当たりの広告費の予算を入力します
入札方法入札額を設定する基準を選択します。ご自身で入札額を決定する場合は「手動入札:個別クリック単価」を設定します
デバイス広告を表示させるデバイスに応じて、入札単価の調整ができます。
地域広告を掲載させるユーザーの居住地域を選択することができます
曜日・時間帯広告を掲載する曜日および時間帯を設定できます

広告グループ作成

広告グループは、キャンペーンを広告を配信する「キーワード」と「広告文」のセット毎にまとめて管理するためのグループです。

広告グループでは、次の3つの必須項目を設定し、「保存してキーワード作成へ」ボタンをクリックして進みましょう。

項目名入力する値
広告グループ名いつ、何のために作成した広告グループ化わかるように名前を設定します
広告グループ入札価格キャンペーンで設定した予算の内、このグループに割り当てる予算を入力します
入札価格調整率(%)複数の広告グループを作成する場合に、入札価格を調整する場合は調整率を設定します。

キーワード作成

キーワードは、広告を掲載したいキーワードを設定します。掲載したいキーワードを入力後、「保存」ボタンをクリックして次へ進みましょう。

広告文作成

最後に、検索結果画面に表示される広告文の設定を行います。広告文の設定では、次の5つの必須項目の設定を入力し、「保存」ボタンをクリックし、次へ進みます。

項目名入力する値
広告名作成する広告文にわかりやすい名前を設定します
タイトル1広告文の見出し1です。
タイトル2広告文の見出し2です。
説明文1広告の説明文です。
最終リンクURL広告をクリックされたときに、表示させたいページのURLを登録します

広告オプションの設定

広告には、タイトルや説明文などの既定の表示項目だけでなく、連絡先電話番号や補足情報等をオプションで表示させることができます。必要に応じてオプション設定を追加しましょう。

ただし、広告の評価や掲載順位等によって、表示されないケースもあるため、注意が必要です。

広告オプションの設定を完了し、保存したらYahoo!広告の広告の準備は整いました。

広告配信設定を行う

続いては、広告配信のために欠かせない、配信設定について紹介します。

除外キーワードを設定する

除外キーワードは、広告の設定時には広告を掲載させたいキーワードを設定したのに対し、広告を掲載して欲しくない、除外キーワードを設定します。

Yahoo!広告の管理画面上部にあるメニューから、「検索広告」⇒「ツール」⇒「対象外キーワードツール」を選択しましょう。

除外キーワードを設定する

対象外キーワード欄に、除外したいキーワードを入力し、「追加」をクリックして保存します。

配信地域・日時を設定する

広告を配信する地域や日時の条件を細かく設定することができます。

設定したキャンペーンの詳細画面にある、「ターゲッティング」欄からターゲットのリストを追加しましょう。

配信地域・日時を設定する

タグを発行する

タグは広告を集計する際、目印になる指標です。Yahoo!広告では、コンバージョンが発生した時に集計を行うためのタグのみ発行することができます。

Yahoo!広告の管理画面上部にあるメニューから、「検索広告」⇒「ツール」⇒「コンバージョン測定」を選択し、キャンペーン毎にコンバージョン測定用のタグを発行しましょう。

タグを発行する

銀行口座・クレジットカードの情報入力

Yahoo!広告を使用するにあたり、広告予算を入金するための支払い情報を登録しましょう。

Yahoo!広告の管理画面上部にあるメニューのうち、「検索広告」⇒「資金管理」から登録情報の確認および登録ができます。

銀行口座・クレジットカードの情報入力

支払い情報は、クレジットカードと銀行振込から選択できます。

ただし、銀行残高をうっかり不足させてしまった場合など入金が滞った場合に、広告の掲載も停止されてしまうケースがありますので、クレジットカードを登録しておくことをおすすめします。

広告審査・配信開始

ここまで情報を登録できたら、いよいよ広告の配信です。

Yahoo!広告では、広告主が登録した内容がガイドラインに則っているか、事前審査が必要になります。審査には原則3営業日が必要になるため、配信開始には余裕を持って審査に臨むようにしましょう。

Yahoo!広告掲載後に注意すること

ここまで、広告が配信されるまでの流れについて解説しました。しかし、広告が配信されたからといって、それで終わりではありません。

配信開始後は、次のような点に注意して、日々の運用を行いましょう。

審査状況を確認する

広告配信を開始した後に、既に審査に通っていた広告文が非承認になるケースがあります。非承認になると、広告配信が停止されてしまい、機会損失が起きるリスクが出てきます。

そんな時は慌てず、冷静に広告文を見直して広告の再審査を請求しましょう。その他にも、広告の審査に関わる注意点を次の記事にまとめましたので、審査に困ったらぜひご覧ください。

Yahoo!広告の審査について>>

広告運用費の確認をする

広告運用において、広告運用費の確認は重要なポイントです。

広告費が予算通りに使われているか、進捗具合を確認しましょう。予算が使われていないという事は、広告がクリックされていないことが考えられますので、対策を検討する必要があるでしょう。

また、銀行口座に十分な広告予算が管理されているか、忘れずに確認しましょう。

Yahoo!広告の電話相談サポートを活用する

Yahoo!広告は、広告掲載主に対するサポートが手厚く、信頼できる広告媒体です。電話相談窓口をはじめとする、多くのサポート窓口が用意されています。

ツールの操作や広告運用に対する悩みに対し、配信開始後でも相談することができますので、運用中に困ったらぜひ活用してみましょう。

Yahoo!広告 お問合せ先一覧

Yahoo!広告の使い方を理解し、安心できる運用を心がけよう

この記事では、Yahoo!広告を利用した広告配信について、アカウント作成から広告配信までの手順と注意点について紹介しました。手順内では設定項目も多く、難しいと思った方もいらっしゃったのではないでしょうか?

しかし、Yahoo!広告には、お勧めの設定値をまとめたパラメータの準備や、手厚いサポート体制が準備されています。焦らず確認をしながら設定し、効果的な広告運用につなげていきましょう。