「ブランドパネルには効果があるのか」「PC・スマートフォン版どちらを利用すれば良いのか」という悩みを抱えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

Web広告を出稿できる媒体には、Yahoo、Google、Facebook、Twitter、LINE、Instagramのほか、数多くの媒体があります。今回は、この中でもYahoo株式会社が提供するブランドパネルに関して紹介していきます。

この記事ではYahoo!広告の全体像を理解してもらった上で、スマホ版・PC版の入稿方法までを理解してもらうのが目的です。

Yahoo!広告の基礎知識

Yahoo!広告の基礎知識

Yahoo!広告は主に「検索広告」と「ディスプレイ広告(運用・予約)」に分類することができます。まずはYahoo広告の全体像を整理していきます。

検索広告

検索(連動型)広告とは、Yahoo! JAPANの検索エンジンにユーザーが検索したキーワードに連動して表示される広告のことです。商品やサービスの購入を前向きに検討している利用者にアプローチできるのが特徴です。

検索エンジンの下に掲載される「検索連動型広告」がリスティング広告と定義される場合もあります。

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告とは、Webサイトやアプリ上の広告枠に掲載される画像・動画・テキスト広告の総称です。画像などをクリックさせることによってユーザーを自社のWebサイトへ誘導できます。

バナー画像を表示させることが比較的多いため、バナー広告としても知られています。
自社のサービス・商品を知らない層へ認知拡大が期待できます。

運用型

ディスプレイ広告の運用型は広告出稿の様々な目的に合わせて活用することができます。
具体的な目的の内容として「動画再生」「ブランド認知」「コンバージョンの改善」「サイトへの誘導」などが挙げられます。

またユーザーの興味関心や購買意向に基づくターゲティング機能を活用することで効果の最大化が狙えます。

予約型

予約型は圧倒的な視聴数を誇るYahoo! JAPANのトップページ、Yahoo!ニュースなどのサービスページに自社の画像や動画の広告の掲載が可能です。
予約型は露出量が多いため、ブランディング効果が期待できます。

さらにブランドリフト調査やサーチリフト調査により認知や態度変容指標などをデータとして確認することも可能です。

Yahoo!広告のブランドパネルとは?

次にYahoo!ブランドパネルの内容や特徴などを写真を用いながら解説をしていきます。

Yahoo! ブランドパネル広告とは、「Yahoo!トップページの最も注目される広告枠に配信できる広告」を意味します。
Yahoo!のトップページにある以下の広告掲載枠に掲載され、以下の画像の黄色い枠組みに囲まれている箇所に静止画・動画・動的ディスプレイを配信できます。

※黄色い枠で囲まれている部分がブランドパネル表示場所です。

Yahoo!広告のブランドパネル

Yahoo!ブランドパネルは、PC・スマートフォン双方に関して、Yahoo!ディスプレイ広告(運用型)から出稿することができます。

ブランドパネルは2019年の初めまで予約型の広告(純広告)として扱われていたので、広告商品に設定されていた金額を支払うことのできない利用者にとっては出稿することが難しい広告枠でした。

2019年2月になって初めてPC版のディスプレイ広告が出稿できるようになりました。更に2019年5月にはそれまで設けられていた価格の足切り制度が撤廃されました。
現在は最低出稿額のない入札制が導入されたため、広告主は比較的簡易に出稿することが可能となりました。

ブランドパネルを導入するメリット

ブランドパネルを導入することで得られるメリットはいくつかあります。「クリック率」「リスト化」「浸透率」の3点に分けてそのメリットを紹介します。

クリック率が高い

ブランドパネルの特徴は、Yahooのトップページの一番目立つ位置に掲載できる点です。通常のディスプレイ広告では、必ずしもユーザーに認知されやすい位置に広告が掲載されるとは限りません。

一方でブランドパネルは最も注目を集める場所に掲載されるので、通常の掲載面と比べ、クリック率の上昇が見込めます。

その上、ブランドパネルに配信しているということがユーザーへの信頼感に繋がり、コンバージョン率の向上が期待できます。

リターゲティングなどに使えるリストが蓄積される

Yahoo公式の2020年3月媒体資料においてPCを通した「月間のYahooの利用者数」は2,100万人・「月間のPV数」は210億PVと公表されています。

もちろんターゲティングや予算によって広告のリーチの範囲は大きく異なりますが、影響力のあるプラットフォーであるYahooトップページで、自社の商品やサービスを大規模に宣伝することができます

その結果、通常の掲載面への掲載と比較すると、効率的にリターゲティングリストを蓄積することが可能になります。

浸透率が高い

「浸透率と購入頻度には正の相関関係がある」というDouble Jeopardy(二重の不利)という法則があります。

浸透率とは、ある期間に商品を購入した人の割合を、購入頻度とは商品を1人あたり何回購入したかを意味します。この法則は商品の浸透率が低ければ低いほど、購入される頻度も減少するという内容です。

そして、この浸透率をあげるためにブランドパネルを活用した配信方法が有効です。また、浸透率が上昇することで企業名や商品名といった指名ワードでの検索が増える可能性もあり、検索広告の効果への相乗効果が期待できます。

ブランドパネルの種類

ブランドパネルには「Yahoo!Japanブランドパネル」「Yahoo!Japanターゲティングプライムディスプレイ」の2種類が存在します。

Yahoo!Japanブランドパネル

Yahoo!Japanブランドパネルは、Yahoo!JAPANのトップページのブランドパネル面に「静止画・動画」を表示させられます。

スマートフォン版とPC版のいずれかに表示させる方法があり、表示させる機種によって価格が異なります。

また、ブランドパネルの中にも様々な種類が存在します。例えば、パノラマトップインパクトといったタイプを挙げることができます。

商品名詳細料金配信面
ブランドパネル パノラマ PC専有面積の広いパノラマ動画配信が可能。2,000万円~
ブランドパネル トップインパクト PCYahoo!JAPANトップの画面左右に表示。
新商品のプロモーションなどに最適。
1,000万円~
引用元:ディスプレイ広告(予約型)の料金 │ Yahoo!広告 – Yahoo!マーケティングソリューション

>ディスプレイ広告(予約型)の利用料金一覧

Yahoo!Japanターゲティングプライムディスプレイ

Yahoo!JAPANのトップページを除いたYahoo!Japanの全てのページに「大型バナー広告」が掲載できます。Yahoo!Japanターゲティングプライムディスプレイはインプレッション数(広告が表示される回数)は豊富です。

また広告出稿による企業や製品のブランドイメージの低下に対応するという、ブランドセーフティの観点からも信頼性が高いです。性別年齢地域などのターゲティングを行えます。

スマホ版ブランドパネル利用の目的と注意点

スマートフォン版のブランドパネルに入稿する目的と入稿する上での注意点について解説していきます。

ブランドパネルの目的はブランド認知

まず始めに、スマホ版ブランドパネルでキャンペーンを作成する際には、必ずキャンペーンの目的を選択する必要があります。
キャンペーン目的を決定するためには初めに出稿目的を確認する必要があります。

ブランドパネルの目的はブランド認知
引用元:https://ads-help.yahoo.co.jp/yahooads/display/articledetail?lan=ja&aid=51512

上記の図にある通り、ブランド認知目的とは、広告のビューアブルインプレッション数の増加を目指す際に選択する目的です。

このビューアブルインプレッションとは、ユーザーの視界に広告が一定時間示された際のインプレッションのことを指します。

「ユーザーに認識された」という基準として、広告の50%以上の範囲が1秒以上連続することが挙げられています。

それまでのインプレッションは、単なる広告の表示回数を指しており、実際にユーザー広告を見ていない回数まで含まれていました。

このビューアブルインプレッションでは、ユーザーが画面で視認できた広告の表示回数だけを計測するように改善されました。

入札価格と最低日額予算

最低入札価格はvCPM1円~と設定されています。(上限:100,000円)

vCPMとは「1,000 ビューアブルインプレッション 」 あたりの入札価格を意味します。1日の最低出稿金額は「入札価格」により異なります。

入札価格が(vCPM)が1,000円未満の場合

最低予算設定金額=入札価格×100倍の金額
例:入札価格が800円であれば、800×100=80,000円

入札価格が(vCPM)が1,000円未満の場合

最低予算設定金額=100,000円
例:入札価格が1,800円であれば、100,000円

スマホ版の入稿制限

スマートフォンブランドパネルでは静止画と動画のそれぞれのサイズに対応した広告を作成・入稿する必要があります。以下、スマホ版のサイズに関する詳細を記載します。

静止画のサイズ

静止画のサイズ
引用元:https://ads-help.yahoo.co.jp/yahooads/guideline/articledetail?lan=ja&aid=62815&o=default

動画のサイズ

動画のサイズ
引用元:https://ads-help.yahoo.co.jp/yahooads/guideline/articledetail?lan=ja&aid=62815&o=default

こちらに引用している以外にも規定が設けられております。更に詳細が気になる方は引用元のYahoo!広告公式のヘルプページで確認してみてください。

PC版ブランドパネルの注意点

PC版はスマホ版と異なり利用者や業種の制限に注意する必要があります。またPC版でも入稿制限があるので、そちらも紹介します。

利用者は限定されている

「PCブランドパネル」とは、PC版Yahoo! JAPANトップ画面の「ブランドパネル」枠への広告を意味します

現在のところ、PCブランドパネルの利用対象者は一部に限定されています。

キャンペーン作成時に「PCブランドパネル(動画)」「PCブランドパネル(静止画)」「PCブランドパネル(動的ディスプレイ広告)」が選択肢として表示される場合は、ブランドパネルに入稿可能です。

業種によっても制限されている

また、PCブランドパネルの静止画・動画ではYahooの「掲載制限」が適用されます。下記表のように、占いや探偵、健康器具・雑貨などのサービスは広告掲載が禁止されています。

掲載制限
引用元:https://ads-help.yahoo.co.jp/yahooads/guideline/articledetail?lan=ja&aid=50308 

さらに動的ディスプレイ形式の場合、上記の掲載制限だけでなく「販売制限」も適用され、中古車、アフェリエイト、グロテスクなコンテンツなどの商品も掲載不可になります。

販売制限
引用元:https://ads-help.yahoo.co.jp/yahooads/guideline/articledetail?lan=ja&aid=50308

PC版の入稿制限

PCブランドパネル(静止画)、PCブランドパネル(動画)には入稿制限があります。必ず下記のサイズで広告を作成・入稿する必要があります。

またPCブランドパネル(動的ディスプレイ広告)と通常の動的ディスプレイ広告は同様の入稿規制が設けられている点にも注意が必要です。

以下PC版のサイズの詳細を記載します。

静止画のサイズ

静止画のサイズ
引用元:https://ads-help.yahoo.co.jp/yahooads/guideline/articledetail?lan=ja&aid=35207

動画のサイズ

動画のサイズ
引用元:https://ads-help.yahoo.co.jp/yahooads/guideline/articledetail?lan=ja&aid=35207

Yahoo!ブランドパネルを活用して広告運営を

Yahoo!ブランドパネルは「Yahoo!トップページの一番目立つ広告枠に配信できる広告」です。ブランドパネルは費用を用意することができれば誰でも運用することが可能です。

しかし、適切な成果を上げるためには運用目的やブランドパネルのメリットを理解する必要があります。
またスマホ版・PC版に合わせた対策も考えなければなりません。

ぜひ自社のサービスにあった広告運営を見つけ出してください。