YouTube広告を知っていますか?ユーチューバーという新たな職業を生み出した動画共有サービスであるYouTubeの市場は、企業マーケティングにおいて無視できない巨大な市場になっています。

今回は、これからYouTube広告を始めたいと考えている人にむけて、最低限知っておきたい広告の種類とその仕組みについて詳しくまとめてみました。

YouTubeとは?

YouTubeは2005年にアメリカで設立されたサービスです。2006年にGoogleに買収されてからその勢力は拡大する一方で、今では世界中から利用されている動画共有サービスとして揺るぎない地位を確立しました。

現在は、Google検索について2番目にアクセス数が多いサイトとして人気を集めています。

将来的にはテレビにとって変わるとまで言われているYouTubeは、近年日本国内でも多くの芸能人や著名人が活動の場を広げるツールとして利用するようになっています。

## YouTube広告とは?

YouTubeの利用者数は、日本国内で6,500万人を超えると言われています。世界では20億人近くの人がYouTubeを利用しており、まさに最大規模の動画サイトであることはまちがいありません。

YouTube広告とは、YouTubeのサイト内に掲載する「動画広告」のことで、企業のブランディングやマーケティングの場として広く活用されています。

テレビCMとは異なり、YouTube広告では、一定の条件を満たした場合に限り広告料が発生するタイプのものが多いので、企業側にとっては「費用対効果の面からしてもコスパが良い」という大きなメリットがあります。

YouTube広告の種類と特徴について

YouTube内に掲載されている広告は、大きく3種類の広告フォーマットが存在しています。

YouTube上での広告フォーマットは「キャンペーン」と呼ばれており、掲載を申請する際には、このキャンペーンを複数選択することになります。

広告料が発生する仕組みもそれぞれのフォーマットによって異なるため、ここでは、それぞれの種類と特徴について詳しく見てみることにしましょう。

インストリーム広告

YouTubeをみたことがある人なら、必ず一度は目にしたことがある「インストリーム広告」は、視聴したい動画が再生される前に流れる動画広告です。

30秒以上設定することができますが、視聴者は途中でスキップすることができる広告です。

一般的には「興味のない人は5秒でスキップ」、「興味のある人は5秒経った後も視聴する」という傾向があることから、本当に必要な人へ向けてのみ広告を見てもらうことができるため、スキップしなかった視聴者へ向けた「見込み客の獲得」を目的とした場合に有効です。

多くの視聴者が目にするインストリーム広告は、

  • 動画広告が30秒以上(もしくは最後まで)視聴された場合
  • ユーザーが流れている動画広告に対してクリックなどなんらかのアクションを行った場合に、広告料が発生するという課金形式になっています。

バンパー広告

バンパー広告は、動画の再生中に流れるわずか6秒の広告です。インストリーム広告のようにスキップすることができないので、YouTubeを見ている視聴者すべてに見てもらうことができるという特徴があります。

たくさんの視聴者に対して、広告を確実に見てもらうことができるので、商品やサービスを広く認知してもらい時などに有効な広告フォーマットです。

バンパー広告の広告料が発生する仕組みは、インプレッション単価×1000回の表示回数となっており、広告料の発生と同時にどれくらいの人に見てもらえたかという指針の表示にもなります。

ディスカバリー広告

ディスカバリー広告は、YouTubeで動画検索を行った後に表示される検索結果や関連動画一覧の上部に表示される広告です。

表示された検索結果一覧とは異なり「広告(PR)」と黄色くマークされて表示されているので、視聴者もすぐに広告と分かるようになっています。

視聴者が興味を持ってクリックし、動画が再生されると広告料が発生する仕組みになっています。クリックする視聴者はごく限られてしまいますが、その分興味を持ったユーザーに対してのみ効果的にアピールすることができるので、購買促進として有効です。

YouTube広告の設定方法

では実際に、YouTube広告を設定する手順を確認してみましょう。

  • Google広告へログイン(事前にアカウントを取得しておくこと)
  • 左側のページメニューから「キャンペーン」を選ぶ
  • +マークを選んで「新しいキャンペーンを作成」する
  • 選んだキャンペーンで達成したい目標を決めます。「このキャンペーンで達成したい目標を選択」画面には、

・販売促進

・見込み顧客の獲得

・ウェブサイトのトラフィック

・商品やブランドの比較検討

・ブランド認知度とリーチ

・アプリのプロモーション

・目標を設定せずにキャンペーンを作成する

上記の7項目があり、いずれかを選択することで広告フォーマットが変わるようになっています。

その後は、指示に沿って選択していくだけで、予算や広告を掲載する期間などもここで設定することが可能です。

YouTube広告で気を付けておきたいこと

YouTube広告は、費用対効果の面から見ても非常に効果的なマーケティングとして多くの企業が利用しています。

メリットも多い反面、気を付けておきたい注意点もありますのでここで確認しておきましょう。

すぐに配信されるわけではない

広告をアップロードしたからと言ってすぐにサイト内に配信されるわけではありません。広告が掲載されるまでには、YouTube内のポリシー違反がないかどうかの厳正な審査があります。これをクリアされるまでには数日かかることもありますので、注意しておきましょう。

動画やバナーを事前に準備する

広告を掲載するには準備が必要です。どのキャンペーンを利用するかにもよりますが、再生時間に合わせたそれぞれの動画や掲載するバナーなど、あとから慌てることのないようにしっかり準備しておきましょう。

まとめ

一般的に動画広告は最初の5秒が勝負と言われています。関心のあるなしは、この5秒でスキップするかどうかにかかわるのだとか。

YouTube広告は、ターゲットを絞り込んだアピールができるで、他よりもより効果的なマーケティングが可能になります。

この機会にインパクトのある視聴者の心に届くような動画広告を制作してYouTube広告を利用してみてはいかがでしょう。