Yahoo!JAPANのトップページなどに大きく表示される、Yahoo!プレミアム広告には、複数の種類があり、特徴もそれぞれ違いがあります。

この記事では、Yahoo!プレミアム広告の種類や費用を詳しく解説していきますので、ぜひ最後までご覧ください。

Yahoo!プレミアム広告とは

Yahoo!プレミアム広告は、Yahoo!JAPANのトップページや検索結果画面に広告を表示することができるサービスです。

画像や動画など、様々な形での掲載が可能となっていて、自社の運用商品やサービスを、ユーザーに効果的にアピールすることができる広告です。

また、Yahoo!プレミアム広告は、2019年にリニューアルされ、「Yahoo!広告 ディスプレイ広告(予約型)」に変更されました。

プレミアム広告の種類

プレミアム広告は、主に4種類あります。

順番に、料金やサイズを見ていきましょう。

Yahoo!JAPAN ブランドパネル

ブランドパネル広告では、パソコン版とスマートフォン版トップページにて、一番目立つ広告枠に表示することができる広告です。

大きな集客効果が見込めるため、広告費は高額になります。また、パソコン版とスマートフォン版では、費用も異なります。

ブランドパネル・スマートフォン版

スマートフォン版のトップページで、最初に見える位置に広告が表示されます。

料金:500万円~

掲載期間:5日~1か月

ブランドパネル・トップインパクトパノラマ

トップページに掲載される広告の中でも、最大表示面積の広告です。

料金:2,000万~

掲載期間:5日~14日間

ブランドパネル・パノラマ

広告表示面積が大きい、パノラマ動画を配信する広告です。

料金:2,000万円~

掲載期間:5日~14日間

ブランドパネル・トップインパクトクインティ

縦長画面で、演出と動画を組み合わせて表示される広告です。

料金:1,000万円~

掲載期間:5日間~14日間

ブランドパネル・クインティ

動画でユーザーからの注目を集めたい場合に最適な広告です。

料金:500万円~

掲載期間:5日間~14日間

ブランドパネル・トップインパクトスクエア

広告掲載枠が正方形になっていて、認知拡大の効果を見込める広告です。

料金:1,000万円~

掲載期間:5日間~14日間

ブランドパネル・スクエア

正方形または正四角形の広告です。

料金:500万円~

掲載期間:5日間~14日間

Yahoo!JAPAN インストリーム

インストリーム広告は、動画の再生前や再生途中で表示される広告です。

情報の信頼度が高いことが、広告を表示する条件となっています。

Yahoo!とGYAOで、広告が表示されるので、幅広いユーザーにアピールできるでしょう。

料金:100万円~

掲載期間:7日~1か月間

Yahoo!JAPAN ターゲティング プライムディスプレイ ダブルサイズ

ターゲティング プライムディスプレイ ダブルサイズは、トップページには表示されることはありません。

トップページ以外のあらゆる広告枠に、大型のバナー広告として表示します。

料金:10万円~

掲載期間:5日間~1か月間

Yahoo!JAPAN プライムカバー・スマートフォン版

サイト内で最初にユーザーの目に留まる部分に表示される、バナー広告です。

ページを下にスクロールしても、消えずに付いてくるため、認知の拡大や、訴求効果を高めます。

料金:50万円~

掲載期間:5日間~1か月間

Yahoo!プレミアム広告を利用した際のメリット

プレミアム広告を利用した場合、どのようなメリットがあるのかを、見ていきましょう。

多くのユーザーにアピールできる

Yahoo!JAPANは、日本では80%以上のインターネットユーザーが利用しています。

全国の幅広い層に、自社の商品やサービスをアピールすることができるのは、Yahoo!プレミアム広告の最大のメリットと言えるでしょう。

高品質・安全な広告掲載が可能

無効なクリックで広告費を水増しするアドグラフトや、不適切なコンテンツに表示されることがないようにするブランドセーフティなどに対応しているため、品質と安全を保つことが可能です。

インプレッション保証型で、コストを抑えられる

Yahoo!プレミアム広告では、インプレッション保証型を利用しています。

ユーザーに広告が表示された回数で費用が決まるため、無駄なクリックで広告費が発生するのを防ぐことができます。

また、Yahoo!を利用しているユーザーは非常に多いため、広告を一度表示するだけで大きな効果が期待できることも、商品やサービスの宣伝には効果的と言えるでしょう。

ターゲティングを細かく設定できる

細かいターゲティング設定ができるので、広告を表示させたいターゲット層に、直接アピールすることができます。

自社の広告は、どのようなターゲット層を狙っているのかを、よく考えて設定するようにしましょう。

広告掲載前に、操作性の確認ができる

アドギャラリーを利用することで、実際にどのように広告が表示されるのかを確認することができます。

掲載前に確認をして、付け足しや修正をすることによって、安心して掲載することが可能です。

まとめ

ここまで、Yahoo!プレミアム広告の種類や料金、メリットなどを解説してきました。

Yahoo!プレミアム広告は、他の広告と比べると、料金設定は高めとなっていますが、その分、大きな集客効果が期待できます。

自社の広告運用に最適な広告を選ぶことを心がけましょう。