Yahoo!プレミアム広告は、Yahoo!JAPANのトップページなどに表示される広告のことです。このプレミアム広告には複数の種類があり、それぞれに特徴があります。Yahoo!広告を運用したいものの、プレミアム広告の仕組みや特徴がわからないといった方もいらっしゃるでしょう。

この記事では、Yahoo!プレミアム広告の活用を考えている方に向けて、広告の種類や料金、メリットを解説します。

「Yahoo!プレミアムを活用してユーザーを集客したい」「自社サービスを多くの人に知ってもらいたい」という方は、ぜひ参考にしてください。

Yahoo!プレミアム広告とは

Yahoo!プレミアム広告とは、Yahoo!JAPNのトップページや検索結果の画面に広告を掲載できるサービスです。画像やアニメーション、動画など、さまざまな形態での掲載が可能となっています。

月間PV数は約750億、MAUは約9,000万にのぼるYahoo!JAPANの広告枠を利用することで、自社の施策に大きな効果が期待できるでしょう。

Yahoo!広告はGoogle広告と比較されることも多いです。しかし、Yahoo!JAPANは検索エンジンだけでなくニュースや天気などといった情報も発信しており、検索目的でないユーザーも多く訪れるのが特徴です。これにより、検索エンジンとして特化したGoogleよりも、幅広いターゲット層にアプローチできます。

なお、「Yahoo!プレミアム広告」は2021年3月末頃に終了する予定です。2021年4月以降は「Yahoo!ディスプレイ広告(予約型)」での運用へ移行します。

Yahoo!プレミアム広告の種類

ここでは、Yahoo!プレミアム広告の種類を4つ解説します。それぞれの特徴を活かし、自社の目的にあった種類を選びましょう。

1.Yahoo!JAPAN ブランドパネル

Yahoo!Japanのトップページに掲載される広告です。大きな集客効果が期待できるため、料金も高額です。またパソコン版とスマートフォン版の2種類があり、それぞれ広告費用も異なります。

いずれの場合もYahoo!のトップページの目立つ部分に表示されるため、企業の認知度向上やブランディングに適しています。

パソコン版のブランドパネルは、さらに「パノラマ」「トップインパクトパノラマ」「クインティ」「トップインパクトクインティ」「スクエア」「トップインパクトスクエア」の6種類に分類されていて、それぞれ広告形態、掲載場所、広告サイズが異なります。

2.Yahoo!JAPAN インストリーム

Yahoo!のインストリーム広告は動画コンテンツの冒頭や再生中に流れる動画広告です。動画の長さは6秒から30秒以上まで設定できます。掲載される場所はYahoo!JAPANのトップページを除くページと、GYAO!のサービス内です。動画はパソコンやスマートフォン、タブレットで再生可能です。

GYAO!は映画やドラマ、アニメ、スポーツ、ミュージックビデオ、オリジナル番組などさまざまなジャンルの番組を配信しています。インストリーム広告は、幅広いユーザーにアプローチできるのがメリットです。

個人が撮影した動画ではなく、企業が制作した番組内で再生されるので、ユーザーに情報の信頼度が高いと認識してもらえます。

3.Yahoo!JAPAN ターゲティング プライムディスプレイ 

ターゲティングプライムディスプレイは、Yahoo!JAPANのトップページ以外で表示されるバナー広告です。ユーザーの地域や性別、年齢など、さまざまなターゲティングを設定して広告を掲載できるため、狙ったターゲット層に正確にアプローチをかけることが可能です。

また、ターゲティングディスプレイには「ダブルサイズ」という種類もあります。ダブルサイズは縦長の大型バナー広告です。ターゲティングプライムディスプレイと比べると広告面積が2倍あるため、インプレッション率が高まるのが特徴です。掲載場所は、Yahoo!JAPANのトップページ以外の場所です。

4.スマートフォン版 Yahoo!JAPAN プライムカバー

プライムカバーは、スマートフォン版のYahoo!ニュースのトップページなどに表示される広告です。スクロールされると広告は縮小されて画面上部に表示されます。アクセスしたユーザーの目に必ず触れるため、効果的なアプローチをかけることができます。

画面をスクロールすると、上部にある広告が縮小しながら表示され続けるという特徴を持ちます。スマートフォンという限られた画面の中で邪魔にならず、コンテンツを楽しむユーザーのストレスになりにくいのがメリットです。

Yahoo!プレミアム広告の料金

ここではYahoo!JAPANプレミアム広告の料金について解説します。広告掲載で期待できる利益とかかるコストを計算し、費用対効果を考えて広告料金の予算を組むようにしましょう。

Yahoo!JAPAN ブランドパネル

ブランドパネルはYahoo!JAPANプレミアム広告の中でもっとも価格が高額な広告です。広告の種類が豊富で、どの広告も多くのユーザーの目に届けることができるのが特徴です。金額に見合う大きな集客効果が期待できるでしょう。

それぞれの基本的な料金設定は以下のとおりです。

(ブランドパネル パノラマ)

価格:2,000万円〜

掲載期間:5日間〜14日間

掲載場所:Yahoo!JAPANトップページ

デバイス:パソコン

(トップインパクトパノラマ)

価格:2,000万円〜

掲載期間:5日間〜14日間

掲載場所:Yahoo!JAPANトップページ

デバイス:パソコン

(トップインパクトクインティ)

価格:1,000万円〜

掲載期間:5日間〜14日間

掲載場所:Yahoo!JAPANトップページ

デバイス:パソコン

(クインティ)

価格:500万円〜

掲載期間:5日間〜14日間

掲載場所:Yahoo!JAPANトップページ

デバイス:パソコン

(スクエア)

価格:500万円〜

掲載期間:5日間〜14日間

掲載場所:Yahoo!JAPANトップページ

デバイス:パソコン

(トップインパクトスクエア)

価格:1,000万円〜

掲載期間:5日間〜14日間

掲載場所:Yahoo!JAPANトップページ

デバイス:パソコン

Yahoo!JAPAN インストリーム

インストリームは、ユーザーが利用しているデバイスと同じ大きさで動画広告が表示されます。また「View保証型」という広告掲載タイプを採用しているため、契約した表示回数に達するまで動画広告は配信され続けます。料金は100万円からですが、動画の長さによって料金が変わることはありません。

[インストリーム]

価格:100万円〜

掲載期間:7日間〜1ヶ月間

掲載場所:Yahoo!JAPANのトップページを除くページ、GYAO!の動画視聴前および視聴途中

デバイス:パソコン、スマートフォン、タブレット

Yahoo!JAPAN ターゲティング プライムディスプレイ

ターゲティングディスプレイは、Yahoo!JAPANプレミアム広告の中では料金が安価に設定されています。

ただし、ターゲティング内容によって料金が変動するため、本当に必要なターゲティングだけ設定するようにしましょう。

(ターゲティングディスプレイ)

価格:10万円〜

掲載期間:5日間〜1ヶ月間

掲載場所:Yahoo!JAPANトップページを除くページ

デバイス:パソコン

スマートフォン版 Yahoo!JAPAN プライムカバー

プライムカバーはYahoo!ニュースなどに掲載される広告です。スマートフォン版のYahoo!ニュースは、20代以上のユーザーが職場の隙間時間や通勤時間に見ることが多いです。スクロールしても表示を維持し、コンテンツの邪魔もしないためユーザーにストレスを感じさせません。

(プライムカバー)

価格:50万円〜

掲載期間:5日間〜1ヶ月間

掲載場所:Yahoo!ニュースの記事詳細ページ、Yahoo!知恵袋の質問ページなど

デバイス:スマートフォン

Yahoo!プレミアム広告の5つのメリット

Yahoo!プレミアム広告には、費用や安全性、操作性などにメリットがあります。ここでは、Yahoo!プレミアム広告の5つのメリットについて解説します。

1.多くのユーザーにアプローチをかけられる

Yahoo!JAPANは日本のインターネットユーザーの80%以上が利用していると言われています。全国の幅広いユーザーにアプローチをかけられるのは、Yahoo!プレミアム広告のメリットです。広告費用は高額ですが、期待できるリターンも大きいです。とくにYahoo!JAPANトップページに掲載できるブランドパネル広告は、宣伝効果は大いに期待できるといえるでしょう。

2.高品質で安全に広告掲載ができる

Yahoo!プレミアム広告は、広告掲載において高品質を維持しています。無効なクリックで広告費用を水増しするアドクラフトや、広告が不適切なコンテンツに表示されないようにするブランドセーフティにも対応しています。

3.インプレッション保証型でムダな広告費を抑えられる

Yahoo!プレミアム広告の課金方式は、表示回数に対して料金が発生するインプレッション保証型です。そのため、無駄なクリックで広告費用が発生する心配がありません。

また、Yahoo!JAPANは訪れるユーザーが多いため、広告を1回表示させるだけでも大きな集客効果が期待できます。企業のサービスや商品の宣伝には効果的な運用方式といえるでしょう。

4.さまざまなターゲティング設定ができる

Yahoo!プレミアム広告は、細かいターゲット設定ができます。そのため狙ったターゲット層に直接アプローチをかけることが可能です。

ターゲット設定には、「エリアターゲティング」「時間指定ターゲティング」「デモグラフィックターゲティング」「行動ターゲティング」などがあります。自社が狙っているターゲット層に合わせて設定するとよいでしょう。

5.広告掲載前に操作性を確認できる

アドギャラリーを利用すると、実際に広告がどのように掲載されるのかが確認できます。広告掲載した後に「思っていたのと違った」とならないため、安心して広告掲載することができます。

まとめ

Yahoo!プレミアム広告は大きな集客効果が期待できますが、ほかの広告と比較すると、料金は高めに設定されています。そのため、費用対効果がマイナスにならないよう、自社の商品やサービスがユーザーを満足させる工夫が大切です。Yahoo!プレミアム広告の種類や特徴を理解し、自社の運用に最適なものを選ぶようにしましょう。