WebマーケティングにおけるWEB広告がどのようなものがあるのか解説していきます。

 近年目覚ましい勢いでマーケットが拡大しているYoutubeの動画広告について考えていきます。コロナ禍でのすごもりもあり、YouTubeの広告収入は現在150億円以上にも達しているという結果が出ています。多くの人が空き時間や暇つぶしにYouTubeを閲覧するようになった現在、このような大きなマーケットを狙わない手はありません。

 このYouTube広告の中にバンパー広告というものがあります。これは動画の前後・途中に、ユーザーにスキップ権限のない6秒の動画広告形式になります。こちらは6秒と短い時間ながら、完結した広告をすべての人に見せることが可能であり、その世界観を表現したい広告事業主(自動車・カメラ)などから支持を受けています。

 しかし反面、ユーザーの介入できる余地が一寸も残されていないという点では、ユーザーからの反感を買うこともあります。

 YouTube広告ではキャンペーンの目標、と称してその広告がいかなる目標を持っているかを設定できます。

・販売促進

・見込み顧客の集客

・WEBトラフィック

・ブランド比較

・ブランド認知

・アプリプロモーション

など、この設定に従うことで自社の広告がいかなる目標をもつか、ということが認識されます。

 その設定がきちんとなされると、次のステップ(検索、ディスプレイ、ショッピング、動画、アプリ、ファインド)など、すべきことも明確に見えてきます。

いかがだったでしょうか。このようにYouTube広告は規模を広げると同時にわかりやすく、すべての人に門戸を開いています。ぜひ活用してみてください。

 いかがだったでしょうか。YouTube広告には様々な種類があります。適切な形態を選んで、有意義な広告事業にしましょう。最後までご覧いただきありがとうございました。