WEB広告は、インターネット上に掲載される広告で「インターネット広告」や「オンライン広告」、「デジタル広告」などとも呼ばれています。

今回は、さまざまな媒体やサイトで利用されているWEB広告について、運用するメリットとそれぞれの課金方式と種類について詳しく解説します。

WEB広告とは?

WEB広告は、GoogleやYahooなどの検索エンジンの検索結果やメール、SNSなどの広告枠を利用して配信されるインターネット広告です。低コストで、たくさんの人に見てもらえる可能性が高いことが特徴で、それぞれにさまざまな種類があり、課金形式もそれぞれに異なります。

スマホやタブレットの普及とともにその需要は急速に広がり、テキスト広告以外にも写真を利用したものや動画やアニメーションを利用してユーザーの目を引くものなど、多種多様なものが活用されるようになりました。

WEB広告を運用するメリット

CookieやSNSなどのアカウント情報を使用できるWEB広告には、実に多くのメリットがあります。ここでは、WEB広告を利用した際のメリットについて詳しく見てみましょう。

精度の高いターゲティング

WEB広告は、ユーザーの年齢や性別、地域などのユーザー属性情報や、閲覧履歴からの興味関心のあるカテゴリを抽出し、効果的なターゲティングができます。

SNSを利用すれば、家族構成や職場などの詳細な情報も取得することができ、よりリアルで精度の高いターゲットができるようになります。

低予算で始められる

WEB広告は、CMや新聞広告などとは異なり、大規模な撮影や印刷を必要としません。そのため、一般的な看板やチラシなどよりもはるかに低予算で始めることができます。

PDCAが回しやすい

WEB広告は、閲覧回数やアクセス数、直帰率などのデータを蓄積し、分析に役立てることができます。どのサイトに掲載した広告に効果が出たのか、どのページからのコンバージョンがのびたのか、など常にデータをリアルタイムで確認しながら改善することもできます。

このメリットを生かし、PDCAを常に意識することで、改善を繰り返していくことが大切です。

短期間での効果が出やすい

WEB広告は、さまざまな媒体の中でも特に短期間での効果が出やすいのが特徴です。とくにTwitterやFacebookは、拡散性と流動性に優れているので、他よりもより短期間でその成果を出すことが可能です。

WEB広告の課金形式

WEB広告には、それぞれの媒体やキャンペーンの種類によってことなる課金形式が用意されています。

・クリック課金(CPC):広告をクリックした時点で料金が発生します。

・インプレッション課金(CPM):広告が表示された回数(1,000回ごと)に対して料金が発生します。

・エンゲージメント課金(CPE):SNS上でユーザーが行ったシェアやフォロー、クリックなどのアクション時に料金が発生します。

・成果報酬型(CPA):商品やサービス購入や、会員登録などのコンバージョンに至った際に料金が発生します。

・配信数型:広告を配信した回数に応じて料金が発生します。

・広告視聴単価型(CPV):動画広告が再生、視聴された時点で料金が発生します。

・期間保証型(CPD):一定期間を設定し、その期間ごとに料金が発生します。期間中は特定ページの広告保証がされるので、成果がでる・でないにかかわらず、指定された期間は常に配信され続けます。

・ページビュー保証型;一定期間中のページビュー数が保証された広告。ページビューごとに料金が発生します。

WEB広告の種類

インターネット上のあらゆる場所で配信されている広告には、その特徴によって実に様々な種類が存在しています。

リスティング広告

リスティング広告は、GoogleやYahooなどの検索エンジンからキーワード検索と連動して検索結果に関連した広告を表示させます。ユーザーが検索したキーワードに関連した広告が表示されるので、ある程度の購買意欲をもったユーザーに効果的です。

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告は、WEBサイトやアプリの広告枠に表示されるベーシックなWEB広告です。テキスト、画像や動画を使ったものが多く、年齢や性別、地域、閲覧履歴などに基づいたターゲティングが行われ、ユーザーに合わせた広告が配信されます。

リターティング広告

リターティング広告は、一度サイトを訪問したものの、コンバージョンには至らないまま離脱してしまったユーザーへ再度広告配信をするWEB広告です。

すでに興味や関心があるユーザーなので、見込み客としてコンバージョンしやすい特徴があります。

アフィリエイト広告

アフィリエイトに掲載している広告からコンバージョンに至った場合に広告料金が発生するWEB広告です。商品やサービス、ブランドの認知拡大を目的とした広告配信におすすめです。

ネイティブアド広告

ネイティブアド広告は、WEBサイト上の記事やコンテンツとコンテンツの間に表示され、いっけんすると広告とは気づかれにくい特徴を持つWEB広告です。

通常の広告よりもユーザーに違和感を感じさせることが少ないので、クリックされやすい特徴があります。

純広告・バナー広告

純広告は、バナー広告とも呼ばれており、テキスト、画像、動画を用いて配信されるWEB広告です。一定期間、決まった場所を買い取って掲載されるため、他のWEB広告よりは割高です。

記事広告

記事広告は、広告主が掲載先の媒体と連携して広告を制作することからタイアップ広告とも呼ばれています。PR広告としてあらゆるサイトで配信されています。

リワード広告

リワード広告は、ゲームアプリなどで配信されているWEB広告で、ユーザーがコンバージョンとして指定されたアクションを起こすことで、アプリ内で利用できる特典を報酬として還元するという特徴を持った広告です。

動画広告

動画広告は、一般的なテキストや画像よりも情報量が多いので、イメージやメッセージをより詳しく伝えることが可能なWEB広告です。Youtubeやキュレーションサイト、SNSなどで利用されています。

SNS広告

SNS広告は、TwitterやFacebookなどの人気のSNSを利用したWEB広告です。低予算で拡散性が高いため、費用対効果の高い広告として多くの企業が活用しています。

まとめ

WEB広告は、テレビCMや看板、チラシなどよりも遥かに低コストで始められる広告媒体であることがわかりました。WEB広告をうまく使いこなすには、一つに絞り込むよりも複数の媒体でいろいろな種類の広告を併用することがポイントです。

是非この機会にそれぞれの広告がもつ特徴や課金形式を理解してWEB広告をうまく活用してみてはいかがでしょう。