Webマーケティングで成果を上げるためには、コピーライティングが重要です。Webサイトを構成する要素としてコピーは切り離せないため、コピーライティングはWebマーケティングの基本であるともいえます。

今回は、コピーライティングとはなにか、効果的なコピーライティングの作成の流れとポイントについて紹介します。

コピーライティングとは

コピーライティングは、広告や宣伝のために文章を書くことや、その技術を指すことばです。もちろん、動画や画像、写真を含めてデザインは広告や宣伝の効果を分ける大きなポイントですが、顧客に対して具体的に訴求するのは文章であり「コピー」です。

どれだけ良いデザインの広告を作ったとしても、コピーがいまいちであれば、効果は激減してしまいます。逆に、コピーが良ければ凝ったデザインでなくても、大きな効果、反響を得られる場合さえあります。

Webにおけるコピーライティングの重要性

コピーライティングは、Webが普及する以前から、テレビや新聞、雑誌といった媒体や、ダイレクトメールなど、様々な広告で重視されてきました。

Webが普及し、Webマーケティングが発展する中で、コピーライティングの重要性はさらに高まっています。Webマーケティングにおけるあらゆる場面でコピーは重要な役割を果たしますが、とりわけ以下のようなタイミングで重要視されます。

Webページのファーストビュー

Webサイトに訪問したユーザーが最初に見る部分です。例えば、商品説明ページではその商品は何ができるのか、その商品の良さは何かを訪問者が理解できるコピーをファーストビューに配置し、一目でわかるようにする必要があります。

商品説明ページのコピーが的確でないと、せっかくWebサイトに流入したにも関わらず、情報を伝えきるまえにユーザーが離脱してしまいます。

リスティング広告を含めたWeb広告の広告文

Webサイトへの集客手段であるWeb広告において、当然ながら流入数はコピーに左右されます。特に検索エンジンの検索結果ページに表示されるリスティング広告では、文字のみで掲載されるのでコピーの善し悪しが成果に影響を与えます。

リスティング広告を含めたクリック課金の広告では、単純にクリック数が増えれば良いのではなく、コンバージョンにつながるクリックを増やす必要があります。それには単純に煽るのではない、商品やサービス・遷移先のページの内容に適したコピーを作成する必要があります。

コンテンツページのタイトル

コンテンツマーケティングが注目されている中で、記事を作成するうえでもコピーライティングが重要です。

検索エンジンの検索結果ページで上位に表示されたとしても、タイトルがいまいちであればクリック率が下がってしまいます。また、SNSでの拡散を行おうとする場合は、記事のタイトルや投稿文の内容がポイントになり、SNSの傾向を考慮したコピーを作成する必要があります。

コピー作成の流れと効果的なコピーライティングのポイント

情報の整理をする

いきなりコピーを作成しようとするのではなく、まずは情報を整理しましょう。自社の商品やサービスについて理解しているのみでなく、ターゲットとなるユーザーが何を求めているのか、競合他社と差別化できる点は何かを整理することが、効果的なコピーライティングの第一歩です。

ターゲットを決める

どのようなターゲットに対して訴求するのかを明確にしましょう。ターゲットを決める上では広範囲に広げるのではなく絞り込むことが重要です。

また、Web広告でユーザーのセグメントごとに分けられる場合は、それぞれのターゲット毎のコピーを作成するのも良いかもしれません。

訴求ポイントを洗い出す

ターゲットを決めたら、商品やサービスの訴求ポイントを整理しましょう。

・何を解決するものなのか  

・何ができるものなのか  

・競合商品と比べて何が異なるのか  

といったポイントを整理しましょう。

記事タイトルの場合には、そもそも記事を書く事前準備として訴求ポイントが整理されているべきですが、記事に書かれている内容の要点を整理しましょう。

条件に合わせてライティングをする

ターゲットの選定、訴求ポイントの洗い出しが終わったら、ライティングをしましょう。必要な情報をコピーに入れることは重要ですが、情報が増えれば増えるほど訴求ポイントがブレてしまい、伝わりにくいコピーとなってしまいます。

コピーライティングにおいて、「興味をもってもらうために必要なこと」以外を入れないことが基本です。

反響を検証する

かつてのテレビや雑誌などの広告では、どのコピーが良かったのかを検証するのは難しいものでしたが、Webマーケティングでは簡単に検証を行えます。

コピーを作って検証を繰り返すことで、自社の商品やサービスでの最適なコピーの法則が見えてきます。コピーを作って、成果で一喜一憂するのではなく、コピーの何が良かったのかを検証しましょう。

まとめ

コピーライティングはWebマーケティングの基本です。準備をせずに作成し始めるのではなく、情報を整理してコピーを作成し検証しましょう。

また、解析を行い、改善を繰り返すことが、よりよいコピーライティングを行うもっとも重要なポイントです。