Webマーケティングにおいて、「再来訪施策」という戦略があります。これは、しばらく自社サイトを訪問していないユーザーに対して、広告やメールなどでコンタクトを取り、再び訪問してもらおうという施策です。

Webマーケティングの再来訪施策とは?またその種類は?

では、Webマーケティングの再来訪施策とはどのような施策なのでしょうか?またその種類にはどんなものがあるのでしょうか?ご紹介いたします。

リターゲティング広告

再来訪施策の1つ目の代表的なものに「リターゲティング広告」があります。

Re Tagetingと書き、インターネット広告配信のうち、まず自社のWebページを訪問したことのあるユーザーのリストを作り、そのユーザーが見るページの広告枠にユーザーの興味を引きそうな広告を表示させ、再び自社Webページの訪問を促すというものです。

なぜこのようなことができるのかというと、ユーザーのブラウザに埋め込まれたクッキーが「一度このサイトを訪問しました」という小型発信機のような役割を担っているから追跡することができるのです。<br>

またサイトを訪問したユーザーから「コンバージョンに至らなかった(購入しなかった)」ユーザーをリストから除外することで、

「何らかの理由で離脱したユーザー」のリストに入れることが出来るため、再び追跡が可能となります。

この施策は訪問日から最大540日あとまで設定が可能ですが、「3日後」がいちばんコンバージョンに至る確率も高いと言われています。

他にもどのページを見たのか、離脱した階層はどこか、いちど買った人に違うものを勧めるなどの設定もできるため、

ユーザーが離脱してもあきらめず、むしろ「それからが勝負」なのだというマーケターも多いようです。

リターゲティング広告のツール

リターゲティング広告とは、いわばリスティング広告の一種なのです。リターゲティング広告はその次のステップで、離脱した人を呼び戻すための広告とタグをツールに設定することで、離脱ユーザーのブラウザに表示されるようになります。

そのツールとは、GDN(グーグル・ディスプレイ・ネットワーク)とYDN(ヤフー・ディスプレイアド・ネットワーク)が代表的なもので、成果が出なければ費用はゼロの場合もあるので、まずは導入を検討してみてはいかがでしょうか?

メールマーケティング

次に「メールマーケティング」があります。このSNSのダイレクトメールやLINEが全盛の時代にメール?と思われるかも知れません。

しかし、メールで送付するメルマガでの購入率はいまだに50%と高いことから、メールマーケティングは今なお、形を変えて有効なマーケティングツールとして健在なのです。ショップからのお知らせはSNSなどより、やはりメールで受信する人が多いのです。

メールマーケティングのツール

それではメールマーケティングのツールにはどんなものがあるのでしょうか?

メールマーケティングというからには、メールソフトじゃないのか?と言われるかも知れませんが、現在ではマーケティング用に特化しており、月額1万円程度から使える「配配メール」などのメール配信ツールがあり、メルマガはもちろん、ステップメールやリターゲティングメールなども送れるようになっています。

ユーザーの属性はもちろん、購買履歴やサイトの閲覧履歴なども一目瞭然な他、どのような間隔でメールを送るかなどをユーザーごとに抽出できますので、条件にあったユーザーを逃すことなく効果的にメールでプロモーションをかけることができます。

まとめこではWebマーケティングの手法のひとつ、リターゲティング広告とメールマーケ

いかがだったでしょうか?こティングについてご紹介しました。

従来ならもうダメと考えられていた離脱ユーザーも、離脱してからが勝負と考えられるほどになったのは、インターネットを通してのマーケティングツールが発達したおかげだと言えます。<br>NSとLINEの時代でもメールは形を変えてマーケティングツールとして健在で、いちばん有効なツールとして生き残っています。

やはり移り

また、このS変わりが激しいインターネット業界の中で生き残っているものは時代が変わっても効果があるツールだと言うことが出来るのかも知れません。