Webマーケティングを担当している上で「リスティング広告」は最初に理解しなければならない項目です。リスティング広告がマスターできれば、その派生であるリマーケティング広告などもほぼマスターできる位、重要な項目となっています。

リスティング広告の種類

それではまず、リスティング広告にはどんな種類があるかについてご紹介しましょう。

Google広告

旧名称をGoogle Adwordsといい、現在では「Google広告」という名称のものです。Googleでワードを検索した時に、上位3位に表示されるもので、よく見ると「広告」とか「PR」の文字が入っています。

これはユーザーが検索した時に、ユーザーが検索したワードに近い順に、また入札で高い金額をいれた広告主の順に表示されます。

ですから単純に検索でヒットしたものは上位3位以降のものとなります。

Yahoo!リスティング

「Yahoo!プロモーション」の場合もGoogleとほぼ同様で、Yahoo!でワードを検索した時に上位に表示されます。こちらの場合も「入札」となり、ユーザーが検索したワードの近い順、高い金額で落札した順に表示されるというシステムになっています。

リスティング広告とは何をどうするのか?

リスティング広告とは、バナーではなく、多くの場合、検索結果に混じってテキストで表示される場合が多いです。注意していないと、GoogleやYahoo!で検索した結果として表示されたものと勘違いしがちですが、実はこれはお金を払って上位に表示させてもらってるれっきとした「リスティング広告」なのです。「検索連動型広告」と呼ぶ場合もあります。

GoogleやYahoo!の検索結果画面が主な表示場所となりますが、時には検索結果のサイドバーや下部、SNSなどの広告スペースである場合もあります。また「コンテンツ連動型」といって「Yahoo!知恵袋」などのコンテンツ内に表示される場合もあります。

このようにリスティング広告はユーザーにクリックされることですぐにターゲットとするモチベーションの高いユーザーを取り込むことができるほか、クリックされないと課金されないのですぐに始められる、また止めたいときはすぐにやめられるなどのメリットがあります。<br>

リスティング広告って入札?

リスティング広告は実は入札でその表示位置が違います。たいていの場合、GoogleやYahoo!の検索画面の上位3位は「リスティング広告」で占められていますが、高い金額で入札した人が上位に表示されています。1位か2位か、はたまた3位かはそれほど問題がないように感じますが、1位と3位ではクリックされる率が格段に違ってくるようです。<br>

しかし、クリックされなければ課金されないので、非常にコスパのいい方法だと言われています。<br>

キーワードマッチとは?

リスティング広告は「キーワードマッチ」という方法で表示されます。ユーザーが検索したキーワードによって、契約している広告主の中で、そのワードに近い広告が表示されるしくみになっています。どのようにキーワードが一致するのかの「マッチタイプ」が重要となってきます。

完全一致

「完全一致」はユーザーが検索したワードがそのままずばり、広告を登録した時のキーワードと合った場合に表示されます。

しかも語順やスペースまで完全に一致しないと広告は表示されず、「フレーズ一致」と呼ばれている場合もあります。

部分一致

部分一致は、広告主が登録したワードに対して、その類義語や関連したワードが検索された場合に広告が表示されます。例えば、「結婚祝い プレゼント」でも「プレゼント 結婚祝い」でも広告が表示されますが、「プレゼント チョコレート」「プレゼント お歳暮」としても表示されてしまうので、その店でチョコレートの扱いがない場合などには広告が無駄になってしまいますし、プレゼントとしてあげたいのは、お歳暮でなく結婚祝いです。

その場合は「対象外・除外キーワード」を登録する機能がありますので「チョコレート」「お歳暮」と登録しましょう。

まとめ

ここではWebマーケティングの超重要項目「リスティング広告」についてご説明しました。「リスティング広告」は、GoogleやYahoo!の検索結果画面に表示される広告ですが、事前に「Google広告」や「Yahoo!リスティング」にキーワードを登録しておき、クリックされると課金されるというシステムです。

すぐにターゲットとするユーザーを取り込むことができるほか、クリックされないと課金されないので思い立ったらすぐに始められる、また止めたいときはすぐに中止することができるなどのメリットがあります。

また、キーワードや広告文をいくらでもカスタマイズできるし、クリック単価を調節できるのもいいところです。しかし、広く一般ユーザーに届きにくいほか、出稿までの手間がかかるのも、リスティング広告に二の足を踏んでいる企業も多い証拠だと言えます。