「Webマーケティング」という言葉だけでなく、近年では「デジタルマーケティング」という言葉が使われる機会が増えました。この2つのマーケティング手法には、どのような違いがあるかご存知でしょうか。

今回は、2つの違いを紹介します。

Webマーケティングとデジタルマーケティングの違いってなに?

Webマーケティングは、「Webサイトを用いたマーケティング手法」を指します。一方、デジタルマーケティングは、Webマーケティングよりも広い概念を指します。Webサイトだけでなく、Eメールやスマホアプリ、ソーシャルメディアなども含んだマーケティング手法です。Web以外のデータを活用したり、デジタルなものを全て活用してマーケティングを行います。

Webマーケティングに含まれる手法

「Webマーケティング」とは、Web技術を通じて、自社サイトへの集客~コンバージョンまでを最適化する手法を指します。

・Webサイトへの集客や流入を増やすためのSEO、リスティング広告など

・Webサイト内の回遊を促すためのLPOやアクセス解析、コンテンツ制作など

・Webサイト内のエントリーフォームやカートからコンバージョンを増やすEFOなど

・Webサイトへの再訪を促すためのCRMなど

・Webサイトの効果を検証するための広告効果測定、アクセス解析など

デジタルマーケティングに含まれる手法

「デジタル・マーケティング」とは、電子メディアを通じて、製品やブランドのプロモーション~購入までを促す手法を指します。

・ECサイト・コミュニティサイト・コーポレートサイトなどの包括的な活用

・メルマガなどのEメールマーケティング

・FacebookやTwitterなど、ソーシャルメディアを活用したマーケティング手法

・スマホやタブレット端末のアプリ

・会員カードやポイントカード・クーポン・チラシ・店頭ポスターなど、他のマーケティング手法と連携した手法

・各種マーケティング手法から得られたデータの分析、活用

・身の回りの様々な機器やセンサーから収集されたビッグデータを解析し、マーケティング活動に反映する「Internet of Things = IoT」など

まとめ

今回、Webマーケティングとデジタルマーケティングの違いについて紹介しました。

2つの用語の違いを理解することで、マーケティングへの理解が深まります。マルチデバイス化やユーザの購買行動の変化により、Webだけで完結されるWebマーケティングではなく、もっと広く施策を検討するデジタルマーケティングの必要性が高まっています。