ブログなど、テキストのコンテンツを作成する中で、作成したコンテンツの順位が上がらず悩むことは多いのではないでしょうか。今回は検索エンジンに適切に評価されるための、SEOを意識したライティングの方法を紹介します。

SEOを意識したライティングの前提

SEOを意識したライティングでは、特定のキーワードをターゲットとして作成したコンテンツを検索エンジンが適切に評価できるように工夫します。

ユーザーにとって役立つコンテンツを作成することは大前提ですが、SEOを意識したライティングでは、検索エンジンに正しく評価されることを考慮して行ないます。また、検索結果ページにおいて、自分が作成したコンテンツをユーザーがクリックしやすくするように、タイトルやディスクリプションを工夫し、興味を抱かせることも重要です。

ユーザーが分かりやすいよう心がける

かつては、順位を上げたいと考えている特定のキーワードを本文中に大量に盛り込む といった手法があり、効果が出る場合もありました。しかし、検索エンジンのコンテンツを評価するアルゴリズムが更新される中で、必要以上にキーワードを盛り込むことによる効果は減りました。

SEOを意識したライティングでは、ユーザーに対し有益な情報を分かりやすく伝えることが大前提です。過度に検索エンジンに評価されようと意識したライティングをしてしまうと、ユーザーにとって価値の低い、正しい文法ではない、文章の流れに反したキーワードが出てくる、といった不自然な文章になりがちです。

SEOのために、キーワードを盛り込むことも大切ですが、コンテンツを作ることはそもそもユーザーのためであり、ユーザー目線に立ったライティングが大前提であることを忘れないようにしましょう。

1. 1つのコンテンツに対し1つのテーマを扱う

SEOを意識したライティングでは、1つのコンテンツに対し1つのキーワードを選び、1つのテーマで書くことが重要です。

1つのコンテンツに対し、複数のテーマを盛り込もうとすると、内容がブレてしまいます。ユーザーは何らかの答えを求めて検索をしているので、複数の内容が混在しているコンテンツは結果として、ユーザーにとっての価値が下がってしまいます。

2. ユーザーが読みたくなるタイトルにする

記事をユーザーに読んでもらうためには、ユーザーが読みたくなる、興味を抱くタイトルをつけましょう。タイトルで、記事の内容はもちろん、ユーザーが求めている答えが書かれているコンテンツであると分かるように意識しましょう。

興味を引きつけようと意識しすぎて、煽りの言葉を入れすぎてしまって、狙ったテーマのキーワードが含まれないタイトルでは、ユーザーがコンテンツの内容を判断できなくなってしまいます。

3. リード文(ディスクリプション)もコンテンツを判断する重要なポイント</h3>

リード文(ディスクリプション)とは、コンテンツの内容を簡潔にまとめた文章のことです。メタタグのdescriptionに設定することで、検索エンジンの検索結果には、タイトルとリード文が表示されます。

リード文は、コンテンツの内容に沿った方向性や観点を明確にしましょう。ユーザーに対しコンテンツの内容を簡潔に伝えられます。対象としたキーワードを含みつつ、タイトルでは説明しきれなかった要素などを中心に、ユーザーが興味を抱くリード文を作成しましょう。

4. 文章は分かりやすく簡潔に

コンテンツの内容は、ユーザーに対して分かりやすく簡潔であることが大切です。ユーザーに対して分かりやすく簡潔にするため、 具体的な数字を用いて表現したり 、ユーザーが抱いている悩みや不満に対し、その原因と結果、改善策を明確にすることを意識しましょう。

回りくどい冗長な表現や 間違った文法 の文章は、文字数が多いのみでコンテンツの内容が薄くなりユーザーにとって価値の低いものとなってしまいます。

5. 専門性の高いオリジナルなコンテンツを目指す

ユーザーにとって質が高いコンテンツとは、コンテンツの扱うテーマの専門性が高いものです。他のサイトを参考にするのみでなく、自社が持っている知識を含め、まだ世の中に出ていない情報を発信することを目指しましょう。

他のWebサイトのコンテンツと比べ、オリジナリティがありユーザー目線 に立った解決策を記載することが検索結果で上位表示されるために 重要です。

検索エンジンの仕様を意識したライティング

ユーザーの 目線に立った 役に立つコンテンツを書くことが、 検索エンジンに正しく評価されることにつながりますが、検索エンジンに正しく評価されるために、また検索エンジンの仕様にあわせるために、押さえておく必要のあるポイントもあります。

タイトルやリード文(メタタグのdescription)の文字数を工夫し、検索エンジンに適切に評価されるコンテンツにしましょう。

1. タイトルの文字数は30文字程度

タイトルを付ける際は、文字数を30文字程度にしましょう。GoogleやYahoo!などの検索エンジンの検索結果ページは、PCやスマホなどデバイスによって異なりますが32文字程度以上のタイトルは省略された形で表示されます。

タイトルが省略されることで、意図していたタイトルとは異なる表示になってしまい、分かりにくいタイトルとなってしまう場合があります。30文字程度でユーザーの興味を惹きつける、コンテンツの内容を表したタイトルを付けることを意識しましょう。

検索エンジンの直接的な評価にはつながりませんが、メタタグのdescriptionもタイトルと同様に、文字数が長すぎると省略されます。リード文の目安は100字程度です。

2. 適切な見出しを作成する

質が高く、検索エンジンに評価されるコンテンツを書くために、適切な見出しをつけましょう。コンテンツをWebサイトにアップする場合、見出しにあたるhタグを使用します。hタグは下記の構造で成り立っています。

<ul>

<li>h1:タイトル</li>

<li>h2:大見出し</li>

<li>h3:中見出し</li>

<li>h4:小見出し</li></ul>

検索エンジンが見出しを適切に評価できるように、タイトル(h1)、大見出し(h2)、中見出し(h3)、小見出し(h4)の順番で構成することを意識しましょう。大見出しの前に小見出しを記載するなど、HTMLとして正しくない文法になっていると、検索エンジンが正しくコンテンツを評価できない場合があります。

まとめ

SEOを意識した ライティングは、検索エンジンに評価されるテクニックも重要ですが、ユーザーに対して有益な情報を返すことができるコンテンツを書く事が大前提です。ユーザーの目線にしっかり立ったコンテンツは、適切に評価され、結果として特定のキーワードでの順位が上がります。

時間が経つことで最新の情報ではなくなってしまっているコンテンツは、適宜 情報を追記していくことも大切です。

キーワード、タイトル、リード文など、細部にわたってユーザーの目線に立った内容を心がけ、さらにSEOにも有益なコンテンツを書くよう心がけましょう。