事業のグローバル展開や、訪日外国人数の増加など、Webサイトの外国語対応のニーズが高まっています。

さまざまな言語での情報発信が必須である地方自治体のWebサイトでは自動翻訳ツールの導入事例が多数あります。*2020年の東京オリンピックに向けて、今まで外国語対応をあまり意識してこなかった企業や店舗にとってもWebサイトの外国語対応が必須となってきます。*

インターネットを通じて言語の壁を超えたコミュニケーションをスムーズに行うためには、精度が高く、スピーディーな翻訳を行う必要があり、Webサイト自動翻訳ツールは、外国語対応における「精度」「スピード」はもちろん、「コスト」の面で大きなメリットがあります。

Webサイト自動翻訳ツールとは?

Webサイト自動翻訳ツールとは、日本語のWebサイトを自動で簡単に外国語に翻訳できるツールです。

サイト内の全てのページを、手動で精度高く外国語に対応させることは、コスト面から非常に困難なものです。

また、複数言語に対応した最新情報をリアルタイムに更新しようとすると、それぞれの言語向けのページを複数同時に更新しなければならず、作業量や人員のコストはもちろん、更新時のミスも生じやすくなってしまいます。

Webサイト自動翻訳ツールの仕組みとしては、言語変換のプログラムを通して自動で翻訳を行なう機械翻訳のツール、さらに精度を上げるために機械翻訳と手動翻訳を組み合わせたツールなどがあります。

*機械翻訳の精度を上げるために、それぞれのツールが一般的な言葉から専門用語まで辞書の充実を図っているのはもちろん、辞書に任意の単語を追加できる、過去の翻訳結果を例文として保存し利用することができるツールなどがあります。*

翻訳ツールを利用する3つのメリット

1.翻訳コストの削減

Webサイトでの情報発信量が増えるにつれて、日本語のコンテンツの作成と同時に、精度を落とさず翻訳した外国語のコンテンツを制作するには労力とコストがかかります。

Webサイト自動翻訳ツールの多くは、タグを追加するだけで他言語対応が可能です。Webサイト自動翻訳ツールを使うことで、翻訳精度を保ち、コスト面のバランスにも優れた他言語対応サイトをつくることが可能になります。

2.翻訳スピードの向上

商品やサービス、イベント情報などの更新頻度が高いサイトや、緊急情報やニュースなど、新着情報に即時性を求められるサイトを多言語化すると、翻訳が追いつかないことによって問題が生じる可能性があります。

新着情報の更新作業をスピーディーに行うという面においても、Webサイト自動翻訳ツールは大きなメリットがあります。

3.複数言語への対応 が可能

Webサイト自動翻訳ツールの大きな特徴としては、日本語と英語の2つの言語だけでなく、中国語や韓国語などさまざまな言語のサイトを同時に対応できる点にあります。

まとめ

Webサイト自動翻訳ツールを利用することで、一定の精度を保った翻訳がスピーディーに可能で、低コストで簡単に複数言語のサイトを作成することが可能です。