コンテンツ作成時、タイトルの付け方や文字数で悩む人は意外に多いのではないでしょうか?記事タイトルの文字数は、SEO対策を行う上で重要な役割を果たします。

そこでこの記事では、SEO対策のタイトルのつけ方について説明します。SEOのタイトルはどれくらいの文字数が望ましいのか、最適な文字数でタイトルをつける方法も紹介するので、参考にしてみてください。

SEOに最適なタイトルの文字数

SEOに最適なタイトルのタグの文字数は全部で28文字です。もう少し詳しく言えば、Googleで検索して省略されずに表示される文字数が全角28文字です。

これはパソコンで検索したときも、スマホで検索したときも同じなので、電子媒体に関わらず全て28文字で作成するのが望ましいといえます。

とはいえ、記事の内容によって28文字きっかりでタイトルをつけるのは難しいので、25〜32文字以内に収めるのがよいでしょう。

titleタグとは?

タイトルタグとはWebサイト名や個々のページのタイトルを記述するタグの1つであり、検索結果に大きく表示されます。

タイトルタグは検索しているユーザーが最初に視界に入るタイトルであるため、検索エンジンがユーザーの知りたい情報があるかどうかを重要視しています。

SEOではタイトルタグを最適化することが重要です。各ページのタイトルタグが適切に設定されていないと、検索したときに表示されなくなるので正しい方法で設定しましょう。

検索画面での表示

検索画面での表示

Googleでは知りたい単語を検索して調べますが、Webページに書いてある情報が知りたい情報かどうかは、検索したときに表示されるタイトルを見て判断しています。そのため、タイトルは検索した単語の情報に合わせてウェブページに表示されます。

タイトルを正しい方法で設定していても表示されないことが稀にありますが、この場合はタイトルダクで設定した内容と異なるものが表示されているからです。

表示されない場合はGoogleが検索したページに望ましくないと判断しています。

タイトル

タイトルはSEOに欠かせない要素の1つ。タイトルの付け方が正しくないとSEOに強いページは作成できません。

SEOに強いタイトルを作成する際には、次のことを気をつけるといいでしょう。

  • タイトルには選定キーワードを入れる
  • キーワードはタイトルの前の方に持ってくる
  • タイトルにはユーザーの知りたい情報を入れる
  • 思わずクリックしたくなるようなキャッチーなタイトルにする
  • タイトルは意味の通る文章にする
  • 文字数は25〜32文字以内に収める
  • Googleで検索したときの結果を参考にする

以上のことを気をつけるようにすると、SEOに強いタイトルが作成できます。

ディスクリプション

ディスクリプション

ディスクリプションは、ウェブページの概要を要約したHTMLテキストタグで、検索した時のタイトル下に出てくる文章のことです。

ディスクリプションはサイトの概要がすぐに分かるので、内容を読んでページにアクセスするかどうかをユーザーが判断します。

ディスクリプション自体はSEOに直接的にプラスになるわけではなく、ユーザーがどのような情報が書かれているのかを判断するために作成するものです。

そのため、ユーザーにとって必要なテキストであり、ディスクリプションがあるかどうかでクリック数が大幅に変わります。

ディスクリプションの文字数

Googleでのディスクリプションの表示文字数は、パソコンでは120文字程度、スマホでは50文字程度といわれています。

パソコンとスマホで表示される文字数が違うため、ディスクリプションを作成する際には70文字前後が丁度良いでしょう。

また、スマホでは50文字前後しか表示されないため、ディスクリプションを作成する際には、重要なキーワードを前半部分に入れるのが作成のポイントです。

適切な文字数で最適なタイトルのつけ方

最適なタイトルのつけ方

ここからは、タイトルの付け方を紹介します。ポイントは、選定したキーワードを前半に設置することです。

対策キーワードを前半に

SEOに強いタイトルを作成するためには上位に表示させたいキーワードをタイトルの前半に入れるのが良いでしょう。そもそも、タイトルにキーワードが含まれていないと、そのキーワードで検索しても表示されません。

また、上位を狙いたいキーワードはタイトルの前半に持ってくるようにしましょう。タイトルの前半にあると検索したときにユーザーの目に留まりやすくなるので、結果としてページがクリックされやすくなります。

キーワード

タイトルのキーワードは1つ

タイトルのキーワードは1つに絞りましょう。タイトルに入っているキーワードがいくつもあると、ユーザーが検索したキーワード通りに表示されない可能性があります。

簡潔なタイトルをつける

タイトルは簡潔で分かりやすくしましょう。長くて読みにくいタイトルは、それだけで記事を読む気がなくなってしまいます。

簡潔なタイトルは読みやすく、検索ユーザーからクリックされる確率が高まります。

また、簡潔なタイトルに加えてユーザーがクリックしたくなるようなキャッチーなタイトルだと、さらにクリック数が増やせます。

キーワードの語句を入れ替えない

キーワードの語句は入れ換えないようにしましょう。キーワードを入れ替えると意味が変わってしまうことがあります。

たとえば、歯科 新宿」と「新宿 歯科」の場合は検索の結果が異なります

選定したキーワードが「歯科 新宿」の場合は、タイトルでつけるキーワードの順序も「歯科 新宿」にしましょう。

タイトル文字カウントツールを使う

タイトル文字カウントツールは、タイトルを入力するだけで文字数をカウントしてくれます。目視でカウントするとカウントミスが起こりやすいので、このようなツールを使うとちとるを付けやすくなります。

SEO対策を踏まえた適切なタイトルの設定を

SEOに強い記事を作成することは、ブログサイトを読んでくれるユーザーが増えたり、商品やサービスのユーザーが増えたり、様々なメリットがあります。

SEOに強い記事を作成するためには、タイトルの付け方やメディスクリプション、サブタイトルなどを正しい方法でつけるのがよいでしょう。

SEOで上位表示される記事作成の方法を知りたい人はぜひ参考にしてください。