学べる・買える・出会える。ソフトバンクC&Sのマーケティングツール総合サイト。

  • 契約パートナー数 
  • 掲載ツール数 製品

知る・学ぶ

今更聞けない、デジタルマーケティングの基礎知識から、最新のアドテクまで、あなたに役立つ情報をご紹介します。

インバウンド

まずはこれだけ押さえるべし!インバウンド戦略のカギとなる5つの注目トピック

  • 2017年09月11日
  • その他

540_catch.jpg インバウンドマーケティングの戦略立案において、知っておくべき情報は多岐にわたります。インバウンド対策を始めたばかり、もしくはこれから始めようとしている方のために、始めに知っておくべき注目トピックを5つまとめました。まずはこれらをしっかりと押さえて、インバウンド対策を進めていきましょう。

<インバウンド戦略のカギとなる5つの注目トピック>
1. 訪日外国人観光客の増加
2. 爆買いの終わり
3. "体験"を買う
4. 民泊の規制緩和
5. マーケティングのタイミング

1. 訪日外国人数はさらに増加中!

数年前に比べると伸び方はゆるやかになりましたが、訪日外国人の数は今後も増え続ける見込みです。2016年には初めて年間2,000万人を突破しましたが、2017年は6月時点で既に1,400万人近くの人が日本を訪れています。このペースならば昨年を上回る数字になるでしょう。

2016年3月に行われた内閣と有識者による「明日の日本を支える観光ビジョン構想会議」では、2020年までの訪日外国人観光客数の目標が、それまでの2,000万人から4,000万人に改められました。来るべき2020年へ向けて、さらなる増加が期待できます。

2. 爆買いは終わりか。対象は日用品へ

主に中国人観光客が電化製品などの高額商品を大量購入することで話題となった、いわゆる「爆買い」。このトレンドは終わりに近づいていると見られています。2016年春頃から各メディアで爆買いの縮小を予測する記事が目立ち始め、10月には日本銀行の「地域経済報告(さくらリポート)」で「終息に向かっている」と発表されました。

これには、中国政府による海外購入製品に対する関税の引き上げや円高などが影響しています。転売目的の代理購入業者や土産物をまとめ買いする訪日中国人観光客にとって、わざわざ日本まで来て購入するメリットが薄れてしまったのです。

ただし、高額商品が伸び悩む一方で医療品や化粧品などの安価な日用品は、アジアからの訪日外国人観光客を中心に売上を伸ばしています。ビザ発給要件の緩和やLCCの増便によって東南アジア諸国からの観光客は増加しており、高品質な日本製品の需要が高まっています。

3. "物を買う"から"体験を買う"へ

前項の通り、中国人観光客による高額商品の爆買いは終息しましたが、それでも訪日中国人観光客による消費金額は全訪日外国人観光客による消費金額の30%以上を占めています。
爆買いをしなくなった中国人観光客は、いったい何を買っているのでしょうか。

前出の海外製品に対する関税の引き上げもあり、中国人観光客の消費志向は"物を買う"から"体験を買う"「コト消費」へとシフトしてきています。コト消費とは、物を購入して所有することよりも、消費によって得られる体験に価値を見出す消費行動のことです。これは訪日中国人観光客だけではなく、訪日外国人観光客全体の傾向でもあります。

今後のインバウンド戦略では、既存のサービスに「日本らしさ」や「高品質」に加えて「ここでしかできない」「ここでなくてはダメだ」という付加価値を上乗せすることが重要になりそうです。

4. 民泊の規制緩和とルール作り

訪日外国人観光客が増えるにつれて、課題となるのが宿泊施設の不足です。こうした事態に対応するため、民泊特区の指定要件の緩和や旅館業法の運用緩和などの規制緩和が行われてきました。また、2018年6月には住宅宿泊事業法案(民泊新法)も施行される予定です。

民泊新法は一般住宅に有料で客を泊める「民泊」サービスに関して一定のルールを定めるもので、都道府県知事への届出義務や契約・管理にあたっての義務が盛り込まれています。民泊サービスの急速な拡大により近隣住民とのトラブルが社会問題となっているため、この問題の解決と民泊サービスの健全化を目的として作られました。

ルールができることにより制限事項は増えますが、サービスの健全化は近隣住民からの不信感の払拭やイメージアップにつながります。多くの人の理解を得ることができれば、民泊事業はやりやすくなっていくと考えられます。

5. 訪日外国人観光客向けのマーケティングは"いつ"やるか

これまでのインバウンド向けのマーケティングやプロモーションといえば、旅行会社に働きかけたり広告を掲載したりすることで旅行意欲をかきたてて集客するものがメインでした。つまり、「旅行する前」の旅行者に向けて行うマーケティングです。

しかし、それだけでは不十分だということがわかってきました。インターネットメディアやSNSの発達により「旅行をしている最中」や「旅行が終わった後」の旅行者に対するマーケティングも重要になってきています。

旅行中や帰国後の訪日外国人観光客が日本での思い出をSNSでシェアすることで、それを見た人が訪日旅行に興味を持つきっかけになります。また、訪れる場所は決めていても、どの店に入るかまでは決めていない旅行者を呼び込むため、飲食店や小売店では旅行中の観光客がスマートフォンなどで手軽に情報を得ることができるようにすることも大切です。

十分に時間をかけて検討できる旅行前に比べて、旅行中や旅行後はあまり時間の余裕がありません。また、帰国後に高揚した気持ちが冷めていくまでの期間はそう長くはないでしょう。旅行者がスピーティに意思決定できるような情報提供の仕方がカギになってきます。

まとめ:インバウンド業界はこれからも成長が見込める分野!

インバウンドという言葉はかなり広まってきましたが、インバウンド業界自体はこれからもまだまだ大きな成長が見込める分野です。冒頭に触れた通り、2020年へ向けての目標も大きく引き上げられましたし、法整備や情報共有も進んでいます。まずは基本的なところからしっかり押さえていきましょう、

※制作協力:訪日ラボ(https://honichi.com/news/2016/12/22/anatawaikutsushixtsut/

ソフトバンクのインバウンド「集客」ツールはこちら inbound_banner.png

バックナンバー

中国のITサービス BIG4「BATS」に迫る

DSPで狙い撃ち!訪日中国人向けの広告配信

【中国向けリスティング広告】百度(バイドゥ)だけでOK?中国国内の検索事情

インバウンドマーケティングにおける3つのキーワード

インバウンド業界のプロモーション戦略における「旅マエ」とは

インバウンド業界のプロモーション戦略における「旅ナカ」とは

インバウンド業界のプロモーション戦略における「旅アト」とは

爆買いを呼び起す?!ソーシャルバイヤー(代購、海淘)が中国市場で使われまくる理由とは?

【国別に解説】ターゲットの訪日外国人が増える時期とは?アジア編

爆買いはもう終わった?!「爆買い」という言葉を聞かなくなった理由と消費行動の変化

意外と知らない、インバウンド(訪日旅行者)に関わる税金の種類とは

今さら聞けないTax Free ShopとDuty Free Shopの違い

「インバウンドは夜間を攻めろ!」と言われる理由とは?知っておきたい訪日客の意外な事実

中国人は日本のことを実際どう思ってるの?日中関係とインバウンドマーケティング

訪日外国人観光客を呼び込む日本の伝統とは? 春編

インバウンド×地方の分野でホットなトレンド、「ファムトリップ」とは

法改正でインバウンドにさらなる追い風は吹く?2016年の振り返りと2017年の展望

意外?!日本人とは違った視点で人気の東京中心部の観光スポットとは

訪日外国人観光客に人気の東京都内観光スポット4選!各所のインバウンド対応にも注目!

庭園から科学館まで!訪日外国人観光客に人気のシーサイド観光名所5選

気になるインバウンド市場の動向と、注目すべき2つの国策とは!?

2020年に4,000万人突破しない?!シンクタンク各社のインバウンド市場予測の調査手法を徹底解説!

行動から施策を考える、インバウンドにおける行動分析とは

あなたは理解できている?インバウンド対策で最重要な「ビジット・ジャパンキャンペーン」の3つのコト

あなたは知っている?今もっとも注目されているKOLマーケティングとは

日本の伝統文化や風景の投稿がフォロワーに大人気! インバウンドマーケティングに活用できそうな人気の外国人インスタグラマー10選!

インバウンド向けのプロモーションにInstagramを活用している企業・団体事例10選!訪日プロモーションの参考に!

600万人の暇な時間を活用しよう!空港-都市部間の移動に効果的なインバウンドプロモーションの手法

ランドセルが世界のセレブの間で大流行!?世界でヒット商品を生み出すヒミツ

低迷する美容業界でも市場規模を拡大!「インバウンド」×「ネイルサロン」が盛り上がっているワケ

インドネシア人観光客を呼び込みカギは「宗教観」と「国民性」!?

5つの事例に学ぶ!インバウンドプロモーションには動画を活用せよ!

知らないとマズイ!インバウンドプロモーションに必須の中国3大SNSとは?

あなたはいくつ知ってる?台湾・香港・韓国で人気のアプリ

中国ではもう現金が必要ない?! 知らないと損する中国3大決済方法「銀聯カード」「Alipay」「WeChat Payment」

日本は出遅れている!?中国で主流となっている2大スマホ電子決済とキャッシュレス化の日中比較

EC担当者は知らないと恥ずかしい?!世界最大規模を誇る中国国内EC市場とは

徹底比較!越境ECにおいて重要な3大郵送サービスとは?

国内観光の足とるか?!注目の国内シェアサイクリングサービス5選!

解決できれば差別化要因に?訪日外国人観光客が日本で困っていることベスト5!

広告出稿はメディア選びが最重要!主要インバウンド向けWEBメディアを一挙紹介

まずはこれだけ押さえるべし!インバウンド戦略のカギとなる5つの注目トピック

Marketing Bankの最新情報を受け取る方法

Marketing Bankは毎日の売り上げにきっと繋がるマーケティング情報を発信中です。
会員登録してメールマガジンを受け取るか、RSS・Facebookとお好みの方法をお選びください。

MarketingBankで丸ごと解決!

メルマガ会員登録(無料)をして、
デジタルマーケティングを学ぼう!

メルマガ会員登録

Marketing Bankをフォロー

お問い合わせ・ご相談

ソフトバンクC&Sがあなたのビジネスをサポートします。
どんなことでもご相談ください。

お客様から多く寄せられるご質問はこちら
メールでのお問い合わせはこちら

TO PAGE TOP