学べる・買える・出会える。SB C&Sのマーケティングツール総合サイト。

  • 契約パートナー数 
  • 掲載ツール数 製品

知る・学ぶ

今更聞けない、デジタルマーケティングの基礎知識から、最新のアドテクまで、あなたに役立つ情報をご紹介します。

インバウンド

意外?!日本人とは違った視点で人気の東京中心部の観光スポットとは

  • 2017年03月13日
  • その他

442_catch.jpg インバウンドマーケティングを行う企業にとって、訪日外国人客が日本のどのスポットに魅力を感じているのかを理解することはとても大切です。 しかし、日本に住んでいる人たちにとって、訪日外国人客の感覚はなかなかわからないものです。

インバウンド施策に役立つ観光スポット紹介第1弾の今回は、東京中心部にある訪日外国人観光客に人気のスポットをご紹介します。

メイドカフェだけじゃない秋葉原

訪日外国人観光客が集まる有名な観光スポットの走りとして今もなお注目されている秋葉原。定番のメイドカフェや家電量販店、オーディオ部品の宝庫として認識されています。

しかし近頃これらのスポットではないところが注目を集めています。その名も「2k540 AKI-OKA ARTISAN」(ニーケーゴーヨンマル アキオカ アルチザン)。 ここはJR秋葉原駅と御徒町駅の高架下にある、ものづくりを生業とするクリエイターが集結しているスポットです。この変わった名前の由来を説明すると、2k450は東京駅から2k450m離れていることを表し、AKI-OKAは秋葉原-御徒町間、ARTISANはフランス語で「職人」を表しています。

このスポットの魅力はクリエイターの工房と工芸の販売ショップが一緒になっているので、職人と直接会話を楽しめるところにあります。商品に関するこだわりを聞いたり、職人の人となりを知ってから工芸品を購入したりすることで、訪日外国人客にも濃密な体験を提供できているようです。

アートが溢れる街、六本木。

六本木は夜の街という印象が強いですが、国立新美術館や森美術館、サントリー美術館などをはじめとする美術館の集まる街でもあります。

中でも注目されているのが21_21 DESIGN SIGHTという施設です。 六本木にあるにも関わらず、「ここは本当に六本木なのか?」と思わせるような自然に囲まれたアーティスティックな建物の設計を手がけたのは世界的に有名な安藤忠雄氏。コンセプトは「訪れる人々がデザインの楽しさに触れ、新鮮な驚きに満ちた体験ができる場」です。

このコンセプトに沿って、展覧会の企画をしたりするのがISSEY MIYAKEのブランドで有名な三宅一生氏や明治おいしい牛乳のパッケージデザインなどを手がけた佐藤卓氏などの世界的に有名なデザイナー達です。

展示の内容も「雑貨展」や「アスリート展」など生活の中にあふれるデザインとは何かを考えさせるようなものとなっています。そのため訪日外国人も言語に関わらず、視覚だけで楽しむことができ、充実した時間を過ごすことができます。

皇居周辺半径1キロメートルの人気スポット2選!

北の丸公園、靖国神社、これが皇居周辺の人気スポットです。これらのスポットがなぜ人気なのか紹介していきます。

北の丸公園が人気な理由は何と言っても梅や桜、ヒカリゴケなどの風景でしょう。 千鳥ヶ淵に沿って約700m続く桜並木は日本でも有数の絶景です。夜間もライトアップされたり、模擬店が出店されたりと賑やかになります。 この季節は訪日外国人観光客がフランクフルト片手に桜を眺める姿を多く見かけます。

敷地内には東京国立近代美術館もあります。展示物は明治時代後半から現代までの彫刻や水彩画など、近現代の美術作品が主となっています。

大きな鳥居がシンボルの靖国神社。 境内にある美術館の遊就館では訪日外国人客向けに、英語で太平洋戦争の紹介をしている展示があります。零戦や人間魚雷に関する展示は皆足を止めてじっくり見ています。

夏には毎年30万人が訪れる御霊(みたま)祭りが開催されます。3万以上の提灯が境内を包み込み、その中心で神輿(みこし)や青森ねぶたなどの奉納行事が行われます。

まとめ

今回は日本人にとっては少し意外に感じられるようなディープな東京都中心部の観光スポットを紹介しました。 訪日外国人は日本人とは違う感覚を持っていることを改めて理解し、適切なインバウンドプロモーションを推進していきましょう。

制作協力:訪日ラボ

ソフトバンクのインバウンド「集客」ツールはこちら inbound_banner.png

バックナンバー

中国のITサービス BIG4「BATS」に迫る

DSPで狙い撃ち!訪日中国人向けの広告配信

【中国向けリスティング広告】百度(バイドゥ)だけでOK?中国国内の検索事情

インバウンドマーケティングにおける3つのキーワード

インバウンド業界のプロモーション戦略における「旅マエ」とは

インバウンド業界のプロモーション戦略における「旅ナカ」とは

インバウンド業界のプロモーション戦略における「旅アト」とは

爆買いを呼び起す?!ソーシャルバイヤー(代購、海淘)が中国市場で使われまくる理由とは?

【国別に解説】ターゲットの訪日外国人が増える時期とは?アジア編

爆買いはもう終わった?!「爆買い」という言葉を聞かなくなった理由と消費行動の変化

意外と知らない、インバウンド(訪日旅行者)に関わる税金の種類とは

今さら聞けないTax Free ShopとDuty Free Shopの違い

「インバウンドは夜間を攻めろ!」と言われる理由とは?知っておきたい訪日客の意外な事実

中国人は日本のことを実際どう思ってるの?日中関係とインバウンドマーケティング

訪日外国人観光客を呼び込む日本の伝統とは? 春編

インバウンド×地方の分野でホットなトレンド、「ファムトリップ」とは

法改正でインバウンドにさらなる追い風は吹く?2016年の振り返りと2017年の展望

意外?!日本人とは違った視点で人気の東京中心部の観光スポットとは

訪日外国人観光客に人気の東京都内観光スポット4選!各所のインバウンド対応にも注目!

庭園から科学館まで!訪日外国人観光客に人気のシーサイド観光名所5選

気になるインバウンド市場の動向と、注目すべき2つの国策とは!?

2020年に4,000万人突破しない?!シンクタンク各社のインバウンド市場予測の調査手法を徹底解説!

行動から施策を考える、インバウンドにおける行動分析とは

あなたは理解できている?インバウンド対策で最重要な「ビジット・ジャパンキャンペーン」の3つのコト

あなたは知っている?今もっとも注目されているKOLマーケティングとは

日本の伝統文化や風景の投稿がフォロワーに大人気! インバウンドマーケティングに活用できそうな人気の外国人インスタグラマー10選!

インバウンド向けのプロモーションにInstagramを活用している企業・団体事例10選!訪日プロモーションの参考に!

600万人の暇な時間を活用しよう!空港-都市部間の移動に効果的なインバウンドプロモーションの手法

ランドセルが世界のセレブの間で大流行!?世界でヒット商品を生み出すヒミツ

低迷する美容業界でも市場規模を拡大!「インバウンド」×「ネイルサロン」が盛り上がっているワケ

インドネシア人観光客を呼び込みカギは「宗教観」と「国民性」!?

5つの事例に学ぶ!インバウンドプロモーションには動画を活用せよ!

Marketing Bankの最新情報を受け取る方法

Marketing Bankは毎日の売り上げにきっと繋がるマーケティング情報を発信中です。
会員登録してメールマガジンを受け取るか、RSS・Facebookとお好みの方法をお選びください。

MarketingBankで丸ごと解決!

メルマガ会員登録(無料)をして、
デジタルマーケティングを学ぼう!

メルマガ会員登録

Marketing Bankをフォロー



お問い合わせ・ご相談

SB C&Sがあなたのビジネスをサポートします。
どんなことでもご相談ください。

お客様から多く寄せられるご質問はこちら
メールでのお問い合わせはこちら

TO PAGE TOP