学べる・買える・出会える。ソフトバンクC&Sのマーケティングツール総合サイト。

  • 契約パートナー数 
  • 掲載ツール数 製品

知る・学ぶ

今更聞けない、デジタルマーケティングの基礎知識から、最新のアドテクまで、あなたに役立つ情報をご紹介します。

メーカーインタビュー

【クライアントの工数を最小限にカットしたサポート体制】レピュテーショングロースツール「Qnary」の魅力(2)

  • 2017年05月16日
  • ソーシャルメディア管理

484_catch.jpg MarketingBankをご覧の皆さま、こんにちは!女子大生ライターの馬場杏奈です。このシリーズでは、ユニークなマーケティング・ツールを提供する企業にインタビューしています。今回は、企業のエグゼクティブのソーシャルメディア活用を支援して、企業ブランディングを向上させるサービス「Qnary」を運営するQNARY JAPAN 株式会社の朝火様にお話を伺いました。
第2回では、レピュテーショングロースツール「Qnary」のサービス概要と今後の開発予定までをお聞きします。

政治家にも使われているQnary

馬場:前回はレピュテーションマーケティングの概要からその重要性までをお聞きしました。今回はそのレピュテーションマーケティングを推し進めるQnaryというサービスについてお伺いできればと思います。まず、Qnaryを一言で表すと、どのようなサービスなのでしょうか?

朝火:おもにトップ・エグゼクティブのレピュテーション(ブランド・評判)を強化するためのデジタルメディア戦略提案からコンテンツ作成代行までを実施するサービスです。

馬場:Qnaryはどのような企業に導入されているのでしょうか?

朝火:弊社は本社が米国のニューヨークにあるため、本社ではグローバルブランドの企業様を中心に導入いただいています。珍しい導入事例として、政治家や士業の方々に導入いただいている例もあります。

政治家は有権者とのコミュニケーションのひとつの手段としてソーシャルメディアを有効活用される方が多くなってきています。

馬場:政治家の方にも活用いただいてるんですね!確かに自分の選挙区の国会議員の発言に不適切なものがあると、残念な気持ちになりますし、逆に含蓄のある発言をしていたら信頼に直結しますね!

信頼できるクリエイターのみを集めた制作チームがコンテンツを作成

馬場:レピュテーションをグロースさせるために、実際どのようなサポートをしていくのか教えていただけますか?

朝火: 弊社では3ステップのサポートで、レピュテーショングロースに貢献しています。

ステップ1はお客様の戦略立案です。どのようなコンテンツを発信していきたいか、その企業様のアピールポイントは何なのかをお客様とのディスカッションを通して明らかにしていきます。従来利用されていた効果測定ツールの測定結果も参考にさせていただきます。ここでのヒアリングやインタビューの内容が今後のコンテンツ施策の方向性を決める上での肝になっていきますので、最も重要なステップと言えます。

ステップ2はヒアリングの内容を元にしたコンテンツ作成です。ここではお客様ごとのコンテンツ作成チームが活躍します。作成チームはソーシャルメディア活用の目的や方向性に合わせて、臨機応変にクリエイティブを作成できます。

馬場:企業イメージに影響を与えるようなコンテンツを作成するのは、あらゆる面でかなり高いクオリティが求められると思うのですが、制作メンバーはどのように集められているのでしょうか?

朝火:弊社ではコンテンツ作成チームに加わっていただくメンバー全員と面接を実施し、スキルがあり、コンテンツの質が担保されていると判断された人のみを採用しています。当然採用の工数はかかりますが、一つ一つのコンテンツの質が保たれるので結果的にはメリットの方が大きいと感じています。

馬場:常に質の高いコンテンツを提供できれば、Qnaryの信頼度UPにも繋がりますしね。最後のステップ3も教えてください。

朝火:ステップ3はソーシャルメディアの投稿管理です。弊社で制作したコンテンツを投稿するか否か、お客様はアプリ上で確認可能です。そのためお客様側にかかる工数は、コンテンツを投稿したいかしたくないかの確認だけになります。また、必要に応じて投稿の効果測定をおこないレポート作成をします。

このように、お客様の工数を最小限にしてレピュテーショングロースに向けたサポートをしています。

今後は話題のAI(FAQシステム)にも対応

馬場:今後追加される機能などの開発予定を差し支えない範囲で教えていただけますか?

朝火:今後はAI(FAQシステム)を提供していく予定です。先日(4月下旬)に広報発表させていただきました。 

馬場:AIですか!どうしてこの分野に挑戦していくのでしょうか?

朝火:お客様の課題を解決するために「コミュニケーションをデザインする」ことが我々Qnary Japanのビジョンです。そのために必要だと考えられるものはこの先も挑戦していきます。

まとめ

クライアントの工数を最小限にしてレピュテーショングロースに貢献し、今後はAI(FAQシステム)によるサービス提供にも挑戦していく「Qnary」。第3回では実際の投稿代行の方法やソーシャルメディアのプロフィールの鉄則等をご紹介します。

※このインタビュー記事はライブチャットコンテンツ作成/配信ツール「ChatCast」を使って作成されています。

バックナンバー

第1回:【米国で話題沸騰中の「レピュテーションマーケティング」とは?】レピュテーショングロースツール「Qnary」の魅力(1)

たった2年で売上1億円以上を達成!
WEBマーケティング知識0から始めた事業の秘密を大公開!

Marketing Bankの最新情報を受け取る方法

Marketing Bankは毎日の売り上げにきっと繋がるマーケティング情報を発信中です。
会員登録してメールマガジンを受け取るか、RSS・Facebookとお好みの方法をお選びください。

たった2年で売上1億円!WEBマーケティング事業の秘密を大公開! 詳しくはこちら

メルマガ会員登録(無料)をして、
デジタルマーケティングを学ぼう!

メルマガ会員登録

Marketing Bankをフォロー

お問い合わせ・ご相談

ソフトバンクC&Sがあなたのビジネスをサポートします。
どんなことでもご相談ください。

お客様から多く寄せられるご質問はこちら
メールでのお問い合わせはこちら

TO PAGE TOP