学べる・買える・出会える。SB C&Sのマーケティングツール総合サイト。

  • 契約パートナー数 
  • 掲載ツール数 製品

知る・学ぶ

今更聞けない、デジタルマーケティングの基礎知識から、最新のアドテクまで、あなたに役立つ情報をご紹介します。

  • トップ
  • >
  • 知る・学ぶ
  • >
  • その他ツール
  • >
  • 1,000回以上の【A/Bテスト】で確実に成果を積み上げる!必見、売れるネット広告社の【A/Bテスト】に基づいた最強の売れるノウハウ(1)

その他ツール

1,000回以上の【A/Bテスト】で確実に成果を積み上げる!必見、売れるネット広告社の【A/Bテスト】に基づいた最強の売れるノウハウ(1)

  • 2017年06月27日
  • EC関連

509_catch.png 独自のノウハウ・テクニックによる広告コンサルティングだけでなく、様々な自社開発ツールをリリースするなど、活躍のフィールドを広げている株式会社売れるネット広告社
デジタルのダイレクトマーケティングシーンを牽引する同社がクライアントに貢献し続けられる秘訣は「【A/Bテスト】のおかげだ」という。本連載では、売れるネット広告社の【A/Bテスト】最強ノウハウを、同社でコンサルタントをしている進藤様、山崎様にお伺いします。
今回は、"そもそも【A/Bテスト】とは、どういうものなのか"というテーマについて概念から設計方法までについて伺います。

今さら聞けないA/Bテストの定義とは

――進藤様・山崎様、本日はよろしくお願いいたします。まずは簡単な自己紹介をお願いします。

進藤:コンサルティング部第一コンサルティング課のシニアコンサルタント、進藤と申します。現在はコンサルタントとして、クライアントのクリエイティブの総合提案を行っております。合計で40社以上のクライアントのご対応をさせていただきながら、3社のネット広告の総合コンサルを担当しています。

山崎:同じくコンサルティング部第一コンサルティング課のコンサルタントの山崎と申します。昨年まではメディア部に所属しておりまして、メディアのバイイングや運用に従事していました。現在は、新規営業を中心にクライアントへのコンサルティングを行っております。 509_image.png 左:進藤氏 株式会社売れるネット広告社 コンサルティング部第一コンサルティング課シニアコンサルタント
右:山崎氏 株式会社売れるネット広告社 コンサルティング部第一コンサルティング課コンサルタント

――ありがとうございます。おふたりとも現在はコンサルティングに従事されていますが、どういった業種・商品のクライアントがメインとなっているのでしょうか?

山崎:メインは化粧品や健康食品などの単品リピート系商品をネットで展開しているクライアントです。

進藤:ほかにも総合通販や食品メーカーのクライアントもありますが、商材ごとにキャンペーンを展開してコンサルティングを行なっております。

――単品リピート系商品に特化したコンサルティングがメインとなっているのですね。
ズバリ単品リピート系商品に特化したコンサルティングで確実に成果を出し続ける秘訣はどこにあるのでしょうか?

進藤・山崎:【A/Bテスト】がかなり重要です!

――ありがとうございます(笑)ではここで「そもそも【A/Bテスト】とは?」というテーマについて伺いたいと思います。
というのも読者の中には、マーケティング部に異動してきたばかりの方もいれば、「【A/Bテスト】を何回か実践してきてるけど、本当にこの方法で合ってるのかな?」と腑に落ちていない方もいらっしゃいます。そこで【A/Bテスト】のプロであるおふたりに【A/Bテスト】の基礎から設計方法までをお聞きしたいです。

進藤:かしこまりました。【A/Bテスト】はズバリ「同じ条件で、複数の広告クリエイティブを露出し、その反応から、もっとも効果の高いクリエイティブを測定するテスト」です!

山崎:さらに売れるネット広告社では「配信時間」「配信媒体」が完全に一致していないと【A/Bテスト】とは呼びません。
例えば、メール広告媒体を使った【A/Bテスト】の際でも、通数は同じでも配信日が異なっていれば様々な外部要因が発生するため、正確な【A/Bテスト】とは言えません。私たちは同じ条件かつ同じ媒体を用いて【A/Bテスト】を行っております。 509_catch.png ――「配信時間」「配信媒体」などの条件をそろえて、複数の広告クリエイティブを出稿し、もっとも効果の高いクリエイティブを測定するテストのことを「売れるネット広告社流の【A/Bテスト】」と呼ぶんですね!

A/Bテストの仮説検証は要素を分解して正確なデータを取るべき!

――【A/Bテスト】の基本的な設計方法について教えていただけますか?

山崎:まずお客様をコンサルティングしていく中での事実・データや、普段の生活の何気ないところから広告設計における仮説を立てます。そこからご提案を行い、先ほど申し上げた売れるネット広告社の【A/Bテスト】の定義に合わせて【A/Bテスト】を行い、配信結果から、仮説の検証を行います。

――ありがとうございます。検証していく過程で何か気をつけていることはありますか?

進藤:必ず、広告クリエイティブにおける要素をキャッチコピー・写真・デザインなどの各要素ごとに分解して検証しています。
多くの企業様は、一つのLP(ランディングページ)を制作して、効果が見られなかったら、全く新しい別のLPを作ります。そうすると、「どの部分が原因で良くなかったのか?」がわからないので、売れるネット広告社では、各要素に分解して【A/Bテスト】を実施しています。

――どこに原因があったのか、すぐ確認できるように心がけているのですね。ちなみに、売れるネット広告社では何回くらい【A/Bテスト】をしてクリエイティブを検証してきたのでしょうか?

山崎:弊社では「検証から得られた事実から再度仮説を立てて【A/Bテスト】をする」という流れを1,000回以上行っております。

――1,000回ですか!想像を超えてました。

【A/Bテスト】に近道などない

――1,000回以上も、クリエイティブのどういった部分を変えていくのでしょうか?

山崎:キャッチコピーにとどまらず、バナーに挿入しているおにぎりの具(見た目の色)の違いなど、本当に細かいところまで【A/Bテスト】を行っています。

――なるほど。でも正直そんなに仮説を思いつきますか?途中でネタが尽きてしまうことはありませんか?

進藤:ネタが尽きることはありません。毎日、IDEA(【A/Bテスト】における仮説のアイデア)を自分あてにメールで送っていますので、弊社社員はみんながたくさん【A/Bテスト】のIDEAを持っています。

――最新のテクニックとかがあるわけではなく、日々の努力による成果なのですね。

山崎:はい。【A/Bテスト】に近道など無いと思っております。本当に細かいところの【A/Bテスト】だと一つひとつの改善の見込みは低いですが、それも100回、1,000回と回数を重ねていくことで、劇的な改善となりえます。そういう泥臭いところも弊社の強みと言えますね。

まとめ

売れるネット広告社独自の【A/Bテスト】の定義を持っているものの、一つひとつの検証自体は日々の努力によって成り立っているとのこと。「【A/Bテスト】に近道はない」という実感のこもった言葉が非常に印象的でした。
次回は、売れるネット広告社の【A/Bテスト】に基づいた最強の売れるノウハウが成果に繋がった事例について伺います。

【10社限定】売れるネット広告社の無料コンサルティングを受けたい方はこちら

※このインタビュー記事はライブチャットコンテンツ作成/配信ツール「ChatCast」を使って作成されています。

連載バックナンバー

【売れるネット広告社の組織論】
第1回:私が体現してきた"電通鬼十則"
第2回:クライアントの目標達成に執着し「命がけで行動」する
第3回:理念浸透のためにキレイ事は不要!同じベクトルで働くための制度設計
第4回:企業理念浸透のために、あえて全社員に「強制」する

【売れるネット広告社の育成論】
第1回:大企業の悪習は徹底排除!大手経験者だからこその「成長する体制作り」
第2回:一流ネット広告マンを育てる「意思決定・命がけのコミット・組織改編」とは?
第3回:チャレンジによる「失敗」には一切お咎めなし!熱意のある若手を引き上げる評価基準
第4回:能力だけで選んだら100%失敗する。会社の夢を実現するための組織作りと育成

【『売れるネット広告つくーる』に込められたクライアントへの想いと"最強の売れるノウハウ"】
第1回:培ってきたノウハウを惜しみなくクライアントに提供するために...
第2回:ツールに搭載された「最強の売れるノウハウ」とは?ランディングページの正解はコレだ!
第3回:そのランディングページNGすぎ!ちっともコンバージョンしないLPの特徴とは?
第4回:加藤公一レオが一番オススメする最高のテクニックはコレだ!

【加藤公一レオにマネジメントされた部下が語る『売れるネット広告社の組織論』】
第1回:人情味あふれるトップが社員に対して口酸っぱく発する言葉とは?
第2回:会社の方針はどの程度浸透・実践されている?
第3回:費用対効果280%改善の最強の売れるノウハウとは?
第4回:申込確認画面のアップセルで費用対効果が2倍以上に?!

【引上率やリピート率を大幅改善できる「最強の売れるノウハウ」】
第1回:売上最大化のために、今すぐに「メルマガ」から「フォローメール」へ切り替えろ!
第2回:「フォローメール」は"タイミング"も大事!顧客の"消費サイクル"に合わせて引上げ・リピート率アップ
第3回:ダメなメールと「読まれる」メールはここが違う!圧倒的に開封率を上げる3つのポイント
第4回:あなたもきっと見落としている!引上率を上げる「同梱ツール」の鉄則

【売れるネット広告社の『クリエイティブ最適化』】
第1回:最強のクリエイティブ理論大公開!ネットでレスポンス効率を「100%確実」に上げ続ける方法はこれだ!!
第2回:最高にレスポンス率の高いクリエイティブは、強い"要素"の単純な組合せ

【売れるネット広告社の『ランディングページのコンバージョン率アップテクニック』】
第1回:「申込みフォーム一体型ランディングページ」テクニック
第2回:「エントリーフォーム最適化(EFO)」テクニック

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
★売れるネット広告社のHP 
 https://www.ureru.co.jp/

★ネット広告の費用対効果にお悩みの方へ
『無料』セミナー開催中 
 https://lp.ureru.co.jp/mini

★売れるネット広告社のASPサービスを導入したい方へ
 『売れる ネット広告つくーる』
 https://www.ureruad.jp

★TVCMの効果を100%確実に上げたい方へ
 『売れる TVCM クリエイティブテスター』
 https://www.cmtester.jp

★新聞広告やチラシの効果を100%確実に上げたい方へ
 『売れる 新聞・チラシ クリエイティブテスター』
 https://www.adtester.jp

★店舗の再来店率と売上を100%確実に上げたい方へ
 『売れる 店舗CRMつくーる』
 https://www.urerutenpo.jp

Marketing Bankの最新情報を受け取る方法

Marketing Bankは毎日の売り上げにきっと繋がるマーケティング情報を発信中です。
会員登録してメールマガジンを受け取るか、RSS・Facebookとお好みの方法をお選びください。

MarketingBankで丸ごと解決!

メルマガ会員登録(無料)をして、
デジタルマーケティングを学ぼう!

メルマガ会員登録

Marketing Bankをフォロー



お問い合わせ・ご相談

SB C&Sがあなたのビジネスをサポートします。
どんなことでもご相談ください。

お客様から多く寄せられるご質問はこちら
メールでのお問い合わせはこちら

TO PAGE TOP