学べる・買える・出会える。SB C&Sのマーケティングツール総合サイト。

  • 契約パートナー数 
  • 掲載ツール数 製品

知る・学ぶ

今更聞けない、デジタルマーケティングの基礎知識から、最新のアドテクまで、あなたに役立つ情報をご紹介します。

  • トップ
  • >
  • 知る・学ぶ
  • >
  • その他ツール
  • >
  • 「フォローメール」は「タイミング」も大事!顧客の「消費サイクル」に合わせて引上げ・リピート率アップ【引上率やリピート率を大幅改善できる「最強の売れるノウハウ」】

その他ツール

「フォローメール」は「タイミング」も大事!顧客の「消費サイクル」に合わせて引上げ・リピート率アップ【引上率やリピート率を大幅改善できる「最強の売れるノウハウ」】

  • 2017年04月26日
  • EC関連

474_catch.pngデジタルのダイレクトマーケティングシーンのトップを牽引する「株式会社売れるネット広告社」。本連載では、同社の代表取締役である加藤公一レオ氏に、「新規顧客をリピーターへ、リピーターを優良顧客にする」ノウハウを全4回に分けてご解説いただきます。今回は第2回です。

第1回:売上最大化のために、今すぐに「メルマガ」から「フォローメール」へ切り替えろ!【引上率やリピート率を大幅改善できる"最強の売れるノウハウ"】

通販サイトのみならず、多くの企業にとって参考となる内容ですので、ぜひご一読ください。

"一斉送信"のメルマガはダメすぎる!ネット広告のCRM施策の肝「フォローメール」の最適な配信タイミング

前回は、「フォローメールは引上もしくはリピート専用のランディングページにリンクするべき」だというところまで解説した。
しかし、これだけではまだ駄目だ。多くのメルマガのダメなところは、初回申込日と関係なく、全てのお客様に週1回とか月1回とかでメールを"一斉配信"をしているところだ。お客様はそれぞれ申込むタイミングは違う。月曜日に申込む人もいれば、金曜日に申込む人もいる。月の初めに申込む人もいれば、月末に申込む人もいる。

それでは、どうすればさらに引き上げ率・リピート率をあげることができるのだろうか。

「フォローメール」の「配信タイミング」は、お客様の商品の"消費サイクル"に合わせよう。そうすると、引上・リピート率が上がるのだ。

例えば、"7日分"のモニターを申込したお客様には、商品を使い切る商品到着"6日後"くらいに「本商品はいかがですか?」という引上専用フォローメールを送るのである!

そして例えば、"30日分"の本商品を申込したお客様には、商品が残り少なくなった商品到着"25日後"くらいに「定期で継続しませんか?」というリピート専用フォローメールを送るのである! 474_catch.png お客様は「フォローメール」によって商品を継続するタイミングであることに気づくため、引上率、リピート率は劇的に上がる。

「フォローメール」の配信タイミングを"初回申込時間"に合わせると引上率・リピート率が上がる!

さらに多くのメルマガのダメなところは、初回申込時間と関係なく、全てのお客様に午後15:00など決まった時間でメールを"一斉配信"しているところだ。

当たり前だがお客様はそれぞれ申込む時間も違うのである。夜の20:00ぐらいに申込む人もいれば、朝の10:00ぐらいに申込む人もいる。お客様それぞれ、ネットにアクセスする時間帯も違うし、物欲が出る時間帯も違う。

なので、さらに「フォローメール」の効果を上げるには、「配信タイミング」をお客様の"初回申込時間"に合わせて送ることである。

例えば、夜の"20:00"ぐらいに初回のお申込をしたお客様には、それ以降の「フォローメール」を夜の"20:00台"に送るのである!

例えば、朝の"10:00"ぐらいに初回のお申込をしたお客様には、それ以降の「フォローメール」を夜の"10:00台"に送るのである!

その時間がその特定のお客様がネットにアクセスしている時間帯である可能性が高いし、消費意欲がある時間帯である可能性が高いのだ。そのタイミングでお客様にタイムリーに「フォローメール」が来れば、引上率、リピート率は劇的に上がるのだ。

474_image2.png

ちょうどメールをチェックしたときに、ちょうど消費し終わろうとしていた商品の継続のメールが届き、ベストなタイミングだなあと思いながらあれよあれよという間にリピートするのだ。

このように「フォローメール」を捨てられないように工夫すると引上率・リピート率が上がる!

宣伝臭が強いメールはゴミ箱に直行!メールを開封してもらうために......

また、一般的に現在の日本人が1日に受信するメールは平均30通を超えると言われ、しかも流通しているメールのなんと8割以上が迷惑メールだという調査報告がある。

そのため、今のお客様は、メールを受信した際、一瞬、なんと8秒以内にそのメールを開封するか開封しないかを判断し、そのメールを読むか読まないかを判断する。

私個人のメールボックスもそうだが、1日ほっておくと、あっという間に「ゴミ箱行き」になるメールで溢れかえる。あなたも同じ状況だと思うのでわかると思うが、どのメールをゴミ箱行きにして、どのメールを読み進めるかを瞬時に決めていくクセがつく。繰り返すが、自ら登録した「メルマガ」やパーミッションした「フォローメール」でさえなぜかゴミ箱行きにしてしまう。

なのに多くの通販会社は"下心見え見え"の広告臭のするメルマガばかりを配信してゴミ箱に入れられている。迷惑臭・広告臭がするから誰も開封してくれない。誰も読んでくれない。誰もクリックしてサイトへ行ってくれない。結果、誰も引き上がらない、リピート購入をしてくれない状態になってしまう。本当に無意味な、まさにお客様と会社双方に迷惑なメールになってしまっている。 474_image3.png そんな中、通販会社側としてはゴミ箱行きをなるべく低くし、メールの生存率をガツンと上げるための工夫が必要になり、生存率を上げるためには実は「フォローメール」の「見た目」や「性格」が重要になってくる。ここを工夫することにより、「フォローメール」のレスポンス率は劇的に上がるのである。

では具体的にどうするべきか?それを次の記事で解説する。

【10社限定】売れるネット広告社の無料コンサルティングを受けたい方はこちら

連載バックナンバー

【売れるネット広告社の組織論】
第1回:私が体現してきた"電通鬼十則"
第2回:クライアントの目標達成に執着し「命がけで行動」する
第3回:理念浸透のためにキレイ事は不要!同じベクトルで働くための制度設計
第4回:企業理念浸透のために、あえて全社員に「強制」する

【売れるネット広告社の育成論】
第1回:大企業の悪習は徹底排除!大手経験者だからこその「成長する体制作り」
第2回:一流ネット広告マンを育てる「意思決定・命がけのコミット・組織改編」とは?
第3回:チャレンジによる「失敗」には一切お咎めなし!熱意のある若手を引き上げる評価基準
第4回:能力だけで選んだら100%失敗する。会社の夢を実現するための組織作りと育成

【『売れるネット広告つくーる』に込められたクライアントへの想いと"最強の売れるノウハウ"】
第1回:培ってきたノウハウを惜しみなくクライアントに提供するために...
第2回:ツールに搭載された「最強の売れるノウハウ」とは?ランディングページの正解はコレだ!
第3回:そのランディングページNGすぎ!ちっともコンバージョンしないLPの特徴とは?
第4回:加藤公一レオが一番オススメする最高のテクニックはコレだ!

【加藤公一レオにマネジメントされた部下が語る『売れるネット広告社の組織論』】
第1回:人情味あふれるトップが社員に対して口酸っぱく発する言葉とは?
第2回:会社の方針はどの程度浸透・実践されている?
第3回:費用対効果280%改善の最強の売れるノウハウとは?
第4回:申込確認画面のアップセルで費用対効果が2倍以上に?!

【引上率やリピート率を大幅改善できる「最強の売れるノウハウ」】
第1回:売上最大化のために、今すぐに「メルマガ」から「フォローメール」へ切り替えろ!

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
★売れるネット広告社のHP 
 https://www.ureru.co.jp/

★ネット広告の費用対効果にお悩みの方へ
『無料』セミナー開催中 
 https://lp.ureru.co.jp/mini

★売れるネット広告社のASPサービスを導入したい方へ
 『売れる ネット広告つくーる』
 https://www.ureruad.jp

★TVCMの効果を100%確実に上げたい方へ
 『売れる TVCM クリエイティブテスター』
 https://www.cmtester.jp

★新聞広告やチラシの効果を100%確実に上げたい方へ
 『売れる 新聞・チラシ クリエイティブテスター』
 https://www.adtester.jp

★店舗の再来店率と売上を100%確実に上げたい方へ
 『売れる 店舗CRMつくーる』
 https://www.urerutenpo.jp

Marketing Bankの最新情報を受け取る方法

Marketing Bankは毎日の売り上げにきっと繋がるマーケティング情報を発信中です。
会員登録してメールマガジンを受け取るか、RSS・Facebookとお好みの方法をお選びください。

MarketingBankで丸ごと解決!

メルマガ会員登録(無料)をして、
デジタルマーケティングを学ぼう!

メルマガ会員登録

Marketing Bankをフォロー



お問い合わせ・ご相談

SB C&Sがあなたのビジネスをサポートします。
どんなことでもご相談ください。

お客様から多く寄せられるご質問はこちら
メールでのお問い合わせはこちら

TO PAGE TOP