学べる・買える・出会える。SB C&Sのマーケティングツール総合サイト。

  • 契約パートナー数 
  • 掲載ツール数 製品

知る・学ぶ

今更聞けない、デジタルマーケティングの基礎知識から、最新のアドテクまで、あなたに役立つ情報をご紹介します。

評価・分析ツール

Google Analytics初心者向け!BtoBのWebサイトで見るべき4つのポイント(後編)

  • 2016年07月28日
  • ログ解析

298_catch.jpg 前回は、Google Analyticsを使って「Webサイトにはどれくらいの方が訪れているのか」を知るための方法をご紹介しました。Google Analyticsに触れるのが初めての方にとって、管理しているWebサイトに何名の方が訪れていて、月間で閲覧されているページの総数はどれくらいかという点を把握することは、重要でかつ基礎的なポイントです。 用語の理解が曖昧な方も含めて今一度ご確認ください
(詳しくはこちら Google Analytics初心者向け!BtoBのWebサイトで見るべき4つのポイント(前編)
今回は、残る3つの「BtoBのWebサイトで見るべきポイント」をご紹介します。
ここで改めて、4つのポイントをおさらいしておきましょう。

Google Analyticsで見るべき4つのポイント
1,Webサイトにはどれくらいの方が訪れているのか
2,Webサイトへの流入の経路
3,どのページがどれくらい見られているのか
4,どこからのアクセスが多いのか

以上です。

では早速2番からご紹介していきます。

2,Webサイトへの流入の経路

Google Analyticsにログインしたら左側のメニューから「集客」→「サマリー」を選択します。ここではWebサイト来訪者がどのような経路からたどり着いたか把握することができます。 298_img01.png

Organic Search

GoogleやYahooの検索エンジンの検索結果からアクセスされたもの(広告枠を除く)です。

Paid Search

GoogleやYahooなどの検索エンジンの検索結果画面のうち、広告枠の部分からアクセスされたものです。この広告枠は一般的に、リスティング広告(PPC= Pay Per Click広告)と呼ばれ、1クリック毎に費用が発生します。

Direct

直接URLが入力され、アクセスされたものです。
例えば、メルマガ内に挿入したURL、お気に入り・ブックマーク登録されたURLから来訪された場合や直接URLを入力された場合などがあります。
一般消費者向け(BtoC)のWebサイトの場合、アプリ経由のアクセスがDirectに反映されるケースが多くありますが、企業向け(BtoB)のWebサイトであれば、Directの内訳の多くは、上記記載のメルマガやお気に入りなどが多いと考えられます。

Referral

別サイトのリンクからアクセスされたものです。Webメール(GmailやYahoo!メールなど)からアクセスされた場合も、この分類として表示されることがあります。自社サイトにアクセスする前に見られていたサイトも計測できるので、特定のWebサイトが表示されることが多い場合、そこには自社サイトへのリンクが存在するかもしれません。

Social

ソーシャルメディアからの流入をさしています。BtoBのWebサイトですと流入があるとするとFacebook、Twitterが主な流入元になるでしょう。

Display

バナー広告などの画像タイプの広告経由での流入をさします。

3,どのページがどれくらい見られているのか

Google Analyticsにログインしたら左側のメニューから「行動」→「サイトコンテン」→「すべてのページ」を選択します。ここではページ別にどの程度閲覧されているのか把握することができます。 298_img02.png

ここでは、ページ別のページビュー数が多い順に並んでいます。

また、ここを見るとさらに気になるのが、そのページに「何をきっかけとして流入してきたか」という点です。そのデータの見方も併せてご紹介します。

先ほどと同じ画面上で特定のページをクリックします。すると下記のような画面となります。 298_img03.png

こちらの画面でさらに「セカンダリディメンション」→「広告」→「キーワード」をクリックします。 298_img04.png この操作だけで、各ページヘ流入してきた検索ワードを見ることができます。
ここでは、検索ワードは伏せていますが、「キーワード」の欄に縦に複数の検索ワードが並びます。ここでは(not provided)と(not set)の意味も解説しておきます。 298_img05.png

(not provided)

サイトへ流入したユーザーが、検索時に入力したキーワードが見えないことを指します。
以前は多くのキーワードが見えていましたが、Googleがユーザーのプライバシー保護のため、サービスをSSL化したため、今ではこのような表示で見えなくなっています。ちなみに、Yahooの検索エンジンもSSL化されることが発表されていますが、未だに一部のキーワードは見えています。

(not set)

Googleがキーワードを取得できなかったアクセスです。検索エンジンで表示された検索結果以外からの流入や、リダイレクトのように他のページを経由しており、元の検索キーワードの情報が引き継がれなかった場合にこのように表示されます。

4,どこからのアクセスが多いのか

いよいよ最後のポイントです。これはBtoBのWebサイトであれば知っておきたい、どの企業・団体から興味を持たれているかという情報です。あくまで「マクロ」的に無料のツール(Google Analytics)で収集できる情報なので、精度が高く、活用しやすいデータではないという点を念頭にご覧ください。 298_img06.png

まずは、「ユーザー」→「ユーザーの環境」→「ブラウザとOS」を表示させてください。次にセカンダリ ディメンションにて「ネットワークドメイン」を検索し、上記のように「ネットワークドメイン」を表示させてください。

これだけでは、アクセスされてきたものにプロバイダもたくさん混じっている状況ですので、さらに右にある「アドバンス」をクリックし、企業のドメインとして想定される「co.jp」でフィルターをかけましょう。 298_img07.png

すると下記のように企業名が推測できるドメインが表示されました。 298_img08.png

これで自社に興味を持つ企業からのアクセスが分かりますね。
どのような企業からのアクセスが多いのか、ぜひ分析してみましょう。
なお、ページ別の来訪企業をこのように確認されたい場合は、3,どのページがどれくらい見られているのかで紹介したように「行動」→「サイトコンテンツ」→「すべてのページ」を選択し、セカンダリ ディメンションで「ネットワークドメイン」を選択、さらにアドバンスで「co.jp」のフィルターをかけることで確認できます。

まとめ

Google Analytics は細かい機能が多く、見るべき箇所に悩んでしまいがちです。しかしながら。BtoBのWebサイトであれば、やみくもに多くの指標を見てもなかなかサイト改善にはつながりません。まずは最低限抑えるべきところ、役立つところを見ていきましょう。

連載バックナンバー

【第一回BtoBマーケティングコラム】BtoBでのマーケティング・オートメーション導入の5つの落とし穴

【第二回BtoBマーケティングコラム】マーケティングオートメーション導入までの5つのステップ

【第三回BtoBマーケティングコラム】Webサイト上でリードを獲得する3つの方法(前編)

【第四回BtoBマーケティングコラム】Webサイト上でリードを獲得する3つの方法(後編)

【第五回BtoBマーケティングコラム】名刺をデータ化する3つの手段

【第六回BtoBマーケティングコラム】Excelデータの名寄せの方法4つのケース

【第七回BtoBマーケティングコラム】Excelデータの名寄せの方法4つのケース(後編)

【第八回BtoBマーケティングコラム】BtoBのメールマーケティング事情(前編)

【第九回BtoBマーケティングコラム】BtoBのメールマーケティング事情(後編)

【第十回BtoBマーケティングコラム】BtoBのステップメール活用術

【BtoBマーケティングコラム】メールを送る手前で悩む2つの課題の解決方法(前編)

【BtoBマーケティングコラム】メールを送る手前で悩む2つの課題の解決方法(後編)

Google Analytics初心者向け!BtoBのWebサイトで見るべき4つのポイント(前編)

Google Analytics初心者向け!BtoBのWebサイトで見るべき4つのポイント(後編)

紙とWebのマーケティング上における「4つの違い」とは?【前編】

紙とWebのマーケティング上における「4つの違い」とは?【後編】

【BtoBマーケター必見!】競合のマーケティング活動を知る4つの方法(前編)

【BtoBマーケター必見!】競合のマーケティング活動を知る4つの方法(後編)

【BtoBマーケターに知ってほしい!】Google タグマネージャの魅力と導入方法【前編】

【BtoBマーケターに知ってほしい!】Googleタグマネージャの魅力と導入方法【後編】

BtoBではWeb接客ツールは役立つのか/注目される2つの理由と導入時の3つのデメリット(前編)

BtoBではWeb接客ツールは役立つのか/注目される2つの理由と導入時の3つのデメリット(後編)

BtoBで使えるWeb接客ツールはこれだ!活用例と7つの厳選ツールを紹介(前編)

BtoBで使えるWeb接客ツールはこれだ!活用例と7つの厳選ツールを紹介(後編)

BtoBのメルマガのクリック率を上げるための5つのポイント【第1回】

BtoBのメルマガのクリック率を上げるための5つのポイント【第2回】

BtoBのメルマガのクリック率を上げるための5つのポイント【第3回】

メルマガの開封率の目安は?メルマガ数値レポート2016年版①~産業別開封率編~

メルマガのクリック率の目安は?メルマガ数値レポート2016年版②~産業別クリック率編~

Marketing Bankの最新情報を受け取る方法

Marketing Bankは毎日の売り上げにきっと繋がるマーケティング情報を発信中です。
会員登録してメールマガジンを受け取るか、RSS・Facebookとお好みの方法をお選びください。

MarketingBankで丸ごと解決!

メルマガ会員登録(無料)をして、
デジタルマーケティングを学ぼう!

メルマガ会員登録

Marketing Bankをフォロー



お問い合わせ・ご相談

SB C&Sがあなたのビジネスをサポートします。
どんなことでもご相談ください。

お客様から多く寄せられるご質問はこちら
メールでのお問い合わせはこちら

TO PAGE TOP