学べる・買える・出会える。SB C&Sのマーケティングツール総合サイト。

  • 契約パートナー数 
  • 掲載ツール数 製品

知る・学ぶ

今更聞けない、デジタルマーケティングの基礎知識から、最新のアドテクまで、あなたに役立つ情報をご紹介します。

広告ツール

スマホ動画×ターゲティングが生み出す広告効果とは?

  • 2017年04月14日
  • 広告統合管理

467_catch.jpg 近年では、スマホサイトやSNSで多くの動画広告を見かけるようになりました。動画広告はバナー広告やテキスト広告に比べて視認性が高いため、認知度アップや広告効果アップが期待されています。
しかし、ユーザーからすると興味のない動画広告が頻繁に表示されれば、「ウザい」と思われがちなのも確かです。そのため、動画広告に好感を持ってもらうためにはターゲティングが重要になります。

今回は、動画広告とターゲティングを組み合わせて高い広告効果を出すためのポイントについてご紹介します。

注目が集まるスマホ動画広告

これまで、動画の視聴といえばテレビやパソコンが主流でしたが、スマホ動画の視聴サービスが充実してきたことによって、スマホで動画を視聴するユーザーが増えてきました。動画広告は、従来のバナー広告よりもユーザーの目を引きやすく、印象に残るため、ブランディングや購入につながりやすいといえるでしょう。

特に、SNSのタイムライン内などで自動的に再生されるタイプの動画広告は、意識しなくても目に入ってしまうため、高い認知効果があります。そのため、企業のマーケティング活動に動画広告は見逃せないものになっています。

また、動画広告が伸びている背景には、動画広告を手軽に作れるようになってきたという要因もあるでしょう。かつてはコストをかけて外注しなければ制作できなかった動画広告も、デジカメや編集ソフトを使ってコストをかけずに自社内で簡単に制作できるようになりました。
今後も動画広告市場は伸びることが予想され、その広告効果とともにますます注目されています。

ターゲティングでピンポイントにアプローチ

動画広告を効果的なものにするためには、ターゲティングが重要になります。例えば、男性に女性向け商品をアピールしても効果は期待できないでしょう。将来的に顧客になってもらえそうなユーザーに向けて、動画広告を配信することが大切です。

媒体にもよりますが、最近の動画広告はかなり細かくセグメントして広告を配信できます。登録されたユーザー情報やWEBの閲覧履歴、SNSでの行動によってセグメントすることが可能です。そのため、地域や年齢、性別、興味関心のある事などでターゲティングを行なって、自社の商品・サービスに興味がありそうな人へピンポイントにアプローチすることができるようになりました。

例えば、「今月誕生日を迎える人」「30代の独身女性」「○○に興味のある人」のように組み合わせてターゲティングすることで、より高い広告効果が期待できるようになります。

ジオターゲティングならこんな絞り込みもできる

ショッピング施設や飲食店など来店型のビジネスの場合には、広告を配信するユーザーが現在どこにいるのかという情報も重要になります。
スマホの場合、GPSや基地局、Wi-Fiなどの位置情報によって、ユーザーがどこにいるのかを把握することが可能です。この位置情報を利用してターゲティングを行なうのが「ジオターゲティング」です。

例えば、自分のお店の近くにいる人に向けて動画広告やクーポンを配信すれば、来店のための大きな動機づけになるでしょう。自店の商圏に合わせてジオターゲティングすることで、折込みチラシのように動画広告を配信できます。
また、そのエリアならではの特性に注目したジオターゲティングも可能です。例えば、大学のキャンパスにいる学生、ゴルフ場にいるゴルファー、大規模な病院にいる医療従事者など、施設やエリアによって想定されるユーザーを絞り込むこともできます。

従来のターゲティングとジオターゲティングを組み合わせることで、高い広告効果が期待できるようになるでしょう。

もう嫌われない!見た人が好感をもつ動画広告制作のポイント

動画広告が増えてきたこともあり、その他の広告と同様に「動画広告がウザい」と思われてしまう可能性もあります。そう思われる大きな理由として、全く興味のない広告が表示されることが挙げられるでしょう。
逆に、自分の興味やニーズにぴったり合った広告であれば、欲しい情報を提供してくれる広告として好感を持ってもらえます。

そのためにも、ただ自社の商品やサービスをアピールするのではなく、ターゲティングするユーザーを意識した動画広告を制作することが重要です。「ウザい」と感じさせない動画広告にするためには、最初の数秒がポイントになります。次にどんなことが起こるのか、役立つ情報がありそうなど最初の数秒で期待感を高めることが大切です。ターゲティングしたユーザーのワクワク感を高めることができれば、「ウザい」ではなく「見たい」と思ってもらえる動画広告になるでしょう。

まとめ:スマホ動画×ターゲティングで広告効果アップ

スマホで動画を視聴する人やSNSを利用する人が増えたこともあり、スマホの動画広告を配信できるターゲットも大幅に拡大しました。しかし、自社の商品やサービスの案内を一方的に押し付けるような動画広告では、効果が期待できないどころかマイナスの印象を与えてしまう可能性もあります。そのため、将来的に顧客になってもらえそうなユーザーを意識して、ターゲティングを行なうことがとても重要です。
地域や年齢、性別、興味関心のある事などで的確にターゲティングし、さらにジオターゲティングと組み合わせることでピンポイントにアプローチできます。そのうえで、ターゲティングしたユーザーを意識した動画広告を配信すれば、高い広告効果が期待できるよでしょう。

Marketing Bankの最新情報を受け取る方法

Marketing Bankは毎日の売り上げにきっと繋がるマーケティング情報を発信中です。
会員登録してメールマガジンを受け取るか、RSS・Facebookとお好みの方法をお選びください。

MarketingBankで丸ごと解決!

メルマガ会員登録(無料)をして、
デジタルマーケティングを学ぼう!

メルマガ会員登録

Marketing Bankをフォロー



お問い合わせ・ご相談

SB C&Sがあなたのビジネスをサポートします。
どんなことでもご相談ください。

お客様から多く寄せられるご質問はこちら
メールでのお問い合わせはこちら

TO PAGE TOP