学べる・買える・出会える。SB C&Sのマーケティングツール総合サイト。

  • 契約パートナー数 
  • 掲載ツール数 製品

知る・学ぶ

今更聞けない、デジタルマーケティングの基礎知識から、最新のアドテクまで、あなたに役立つ情報をご紹介します。

広告ツール

もう一度Twitterに挑戦!Twitter広告再入門

  • 2016年06月10日
  • 広告統合管理

268_catch.jpg Twitter広告は、顧客と企業との信頼関係を築く広告手法の一つです。短文で発信する手軽さ、リアルタイムでの投稿による拡散性の高さから、短い時間で広い範囲に影響を与えることができます。Twitter広告のメリットは、ユーザーの特徴や、キーワードでのターゲット絞り込みができること、低料金で始めることができるところです。しかしながら、Twitter広告を既に行ったことはあるけど、うまく集客できないという方は非常に多いようです。そこで今回は、Twitter広告を再入門したいという方のために、製品のファンを増やしたり、顧客満足度を向上させたりするためのTwitter広告の始め方を見ていきましょう。

Twitter広告利用のポイント

まず、Twitter広告を利用するとターゲットとする顧客層を絞ることができます。顧客層はキーワード、地域、デバイス、フォロワー、性別などのカテゴリから絞り込むことができるのです。

次に、Twitterユーザーがリツイートを行うことによって、共感が波及していくと同時にクチコミも拡げることができます。

3つ目に、広告を投稿すると即座にタイムライン上に表示させることができるので、タイミングよく広告を出すことによって、共感してもらえる可能性を高めることが可能です。クチコミとの相乗効果でさらに広告を拡散させることもできます。

以上のポイントを総合すると、ターゲットとなるユーザーの抱いている興味や関心に合ったツイートをタイミングよく発信し、ユーザーと接点を持つことで、効果的にファンを得ることができるといえます。

Twitter広告の活用例

Twitter広告を利用するのは、商品のプロモーションに限りません。例えば、フォロワーを集めたい方や、WEB広告のみならず、新しいプロモーション方法を探されている方、大会やイベントといった催し事を盛り上げたい、その情報を拡げたいという方にもおすすめの広告手段です。

Twitter広告の種類

Twitter広告には、「プロモツイート」と「プロモアカウント」という2種類の広告があります。

まず、プロモアカウントについてご紹介しましょう。プロモアカウントとは、おすすめユーザー機能の一部のことです。おすすめユーザーとは、現在フォローをしていないアカウントで、その人が興味を持ちそうなものをおすすめするもののことをいいます。この方法なら、幅広い人々に紹介させることが可能です。課金は、Twitterユーザーにフォローされた際にのみ発生します。表示回数によっての課金はされません。1フォローにつき40円からの価格で入札設定を行うことができます。

次に、プロモツイートについてご紹介しましょう。プロモツイートとは、幅広いユーザーにアプローチできる通常のツイートのことをいいます。プロモツイートは「Promoted」「プロモーション」というラベルが明示的につけられることになるだけでなく、通常のツイートと同様にリツイートしたり、返信を行ったり、お気に入りに登録することができるのです。すべてのプロモツイートは対象のアカウントをフォローしている人の通常のタイムラインの上部に表示されます。

ツイートに対して「返信する」「リツイートする」「お気に入りに登録」「開く」といったアクションが行われた際に課金が発生するシステムです。

広告出稿の入札タイプ

Twitterの入札タイプには、CPEとCPFの2つの広告料金の種類があります。

CPEとは、ユーザーが広告をクリックした回数に応じて課金されるものです。つまり、ユーザーの1クリックごとに、課金が発生します。これに対し、CPFはユーザーが実際にフォローした際に課金される形態です。課金は、獲得したフォロー数またはクリック数に応じて行われ、支払い金額は1日の予算または通算予算内で収まるように調整されます。通常、追加加料金が発生することはありませんので、安心して予算計画を立てることができるのです。

セグメントの種類

Twitter広告のセグメントは、2種類提供しています。

映画&TV、スポーツなどといったカテゴリから選択し、各上位インタレストカテゴリーには、より細分化された多くのサブカテゴリーから選ぶことが可能です。

また、広告主が宣伝しようとしていることと関係性のあるTwitterユーザー名を特定することができます。さらに、カスタマーセグメントにより、あるフォロワーと同じ興味を持つユーザーにリーチすることができるのです。

Twitter広告出稿手順

実際に広告を出すには、以下の3つの手順を知っておきましょう。難しい手続きではありません。完了までにかかる期間は、およそ2~3週間程度です。

準備としてTwitterアカウントを開設し、デザインや仕様などを作成します。

次に、審査を受けましょう。具体的には、Twitter広告代理店への手続きを行い、実施期間・予算を確定させます。

最後に、実際に広告を出し、完了です。

以上の簡単な3ステップで、より効果的で影響力のある広告を出すことができます。

まとめ

Twitterの拡散性の高さをうまく活用しながらターゲットとしたいユーザー層に対して商品やアカウントの認知を拡大させ、より最適なプロモーションを行いましょう。

ツール利用料が無料!?Shirofune登録するなら、お得なキャンペーンの今!

ShirofuneとはWeb広告運用を行うクラウドサービス。 まだあまりなじみがないという方もいるかもしれませんが、実はその前身となった広告運用自動化ツール「ADFUNE」は、国内導入数No1を誇る名ツールです。 そのアルゴリズムをベースに新たに開発されたのが、このShirofuneなのです。その特徴は、大きく次の二つ。

(1)専門知識不要で誰でも簡単に使える

(2)受け身で高い広告効果が実現できる

つまり、限られたプロフェッショナルしか知らなかった運用技術・ノウハウを、広告運用初心者にお手頃価格で提供するのが、Shirofuneということになります。

これだけ高度な機能を搭載したShirofuneですが、既存の広告アカウントに導入できるProプランの場合、定額の月額利用料はなく、「月額広告費×5%」が費用となります。そのため「少額の広告運用から始めてみたい」という企業にとっても非常に導入しやすい料金設定となっています。

「いくらコストが低いといっても、使えるかどうかわからないツールにお金を出すのはちょっと......」という慎重派の方も、ご心配なく。Shirofuneはプランにかかわらず2ヵ月間無料でお試しできます。さらにキャンペーン中の今なら、招待コードを入力すれば追加でもう1ヵ月、最大で3ヵ月間無料でShirofuneを使えます。少しでも気になる方は、これを機に試してみてはいかがでしょうか。

新規登録はこちら
紹介コード:9ade9cda-5bd1-4f9c-a9dd-124f2a476eff

Shirofuneの紹介記事はこちら→「未経験者でもリスティング広告運用を劇的に効率化&効果拡大!クラウド広告運用ツール「Shirofune」とは?」

Marketing Bankの最新情報を受け取る方法

Marketing Bankは毎日の売り上げにきっと繋がるマーケティング情報を発信中です。
会員登録してメールマガジンを受け取るか、RSS・Facebookとお好みの方法をお選びください。

MarketingBankで丸ごと解決!

メルマガ会員登録(無料)をして、
デジタルマーケティングを学ぼう!

メルマガ会員登録

Marketing Bankをフォロー



お問い合わせ・ご相談

SB C&Sがあなたのビジネスをサポートします。
どんなことでもご相談ください。

お客様から多く寄せられるご質問はこちら
メールでのお問い合わせはこちら

TO PAGE TOP