学べる・買える・出会える。SB C&Sのマーケティングツール総合サイト。

  • 契約パートナー数 
  • 掲載ツール数 製品

知る・学ぶ

今更聞けない、デジタルマーケティングの基礎知識から、最新のアドテクまで、あなたに役立つ情報をご紹介します。

広告ツール

Web担当者が効果的なWebマーケティングを行うために考えるべきこと

  • 2016年03月14日
  • SEO
  • ログ解析
  • 広告効果分析

web_catch.jpg

Webマーケティングで成果を出すためには、基本的な方法があります。さまざまな施策がある中で、何を行えば成果が出るのかわからないというWeb担当者の人も多いのではないでしょうか。

今回は、効果的なWebマーケティングを行うために知っておきたいことを紹介します。

効果のある可能性が高い施策から実施する

Webマーケティングで成果が出ていない場合によく起きる問題として、施策の優先度を決められていないということが挙げられます。

Webマーケティングには、Web広告やSEOを含めた集客、LPOやA/Bテスト、アクセス解析を利用したサイト改善、EFOと呼ばれる入力フォームの改善などさまざまな施策があります。

問い合わせ完了までのステップ

Webサイトで問い合わせが発生するまでの流れを単純化すると次のようになります。

・広告や検索エンジンでWebサイトをクリック
・Webサイトにユーザーがアクセス
・ユーザーがWebサイトを閲覧する
・ユーザーがお問い合わせフォームに到達する
・ユーザーがお問い合わせを完了する

さらに簡略化して、次の3点のみに着目してみましょう。
・広告や検索エンジンでWebサイトをクリック
・Webサイトにユーザーがアクセス
・ユーザーがお問い合わせを完了する

まず、サイトへの集客ができていなければ、サイト内をどれだけ改善しても成果は上がりません。次に、Webサイトにユーザーがアクセスしてもすぐに離脱してしまっていては、問い合わせにつながりません。そして、問い合わせが完了しないと成果になりません。

集客、問い合わせ完了(=ゴール)どちらを起点として考えても良いですが、サイト内でユーザーがどのように動いているかよりも先に、この3点に問題がないかを確認することがWebマーケティングで成果を出すための第一歩です。

効果のある可能性が高い施策

さらに、集客にフォーカスして考えると、リスティング広告、SEO、SNSなどさまざまな集客の手段があります。

検索エンジンでの集客手段であるリスティング広告やSEOでは、ユーザーが何らかの興味をもって検索キーワードに対して露出が図れるため、自社の商材へのニーズが高いユーザーを集客することが可能です。一方で、SNSではファンが多くなければ集客手段となり得ず、広告を出稿する場合にもターゲティングはできるものの、自社の商材へのニーズが低いユーザーを集客してしまう可能性が高まります。

また、各種リターゲティング広告は、一度Webサイトに訪問したユーザーに対してリーチできる広告であり、自社の商材へのニーズがあるものの、以前の訪問では購入や問い合わせに至らなかったユーザーを集客できます。

広告でいえば、確度の高いユーザーを集客できるリスティング広告やリターゲティング広告が基本として、他の広告を検討すると良いでしょう。

新しい広告や、SNSなどは日々増えていますが、まずは各社が成果を出している基本的な集客施策を固めてから実施した方が良いでしょう。

目標を明確にする

Webマーケティングでは、従来の紙媒体やマス広告とは異なり、アクセス解析によりユーザーの行動を計測し、数値が取れることが大きなメリットです。つまり、それぞれの施策について、費用対効果が良いものが何かを計測できます。

費用対効果を計測する上では、Web上でのゴールに対して、1件当たりの獲得コスト「CPA」を明確にしておく必要があります。

CPAが明確で無ければ、行った施策で効果があったのか、費用対効果が合っているかを判断できません。また、費用対効果が合うのであれば、さらに追加で予算を獲得して広告を運用することで、成果を伸ばせます。

実施した施策に対して検証を行う

Webマーケティングで、成果が出せていない場合に、意外と多いのがそもそも検証を行っていないということです。また、検証を行おうとしてもアクセス解析ツールが導入されていなかったり、誤った設定により正しく計測できていなかったりと検証の出来る準備が整っていない場合が多くあります。

何らかの施策を行ったら検証するのはもちろん、正しく計測できるための準備をしておくことが大前提です。

どれが効果の高い広告かを検証する

例えば、リスティング広告と何らかのSNS広告を運用している場合に、どちらの方が効果の高い施策なのかを検証するには、単純に各広告のタグを設置して、それぞれの管理画面からレポートを作成することで可能です。

もちろん、それぞれの広告を最適化することで初めて比較できるため、最初はそれぞれの管理画面でのレポートで問題ありません。しかし、1度の訪問でコンバージョンせず、他の流入経路から訪問するというケースを考慮したり、さらに他の広告も運用して検証する際には、広告効果測定を入れることで効率化され、正しく検証することが可能になります。

広告効果測定についてはこちらの記事を参考にしてください。
広告効果測定のおすすめツール4選

まとめ

効果的なWebマーケティングをWeb担当者が実施するためには、要因を分解して効果の出やすい所から施策を実施、KPIを明確にし、しっかりと検証を行うこと重要です。

何をすれば効果が出るのかわからないという場合は、まずは要因を分解し、それぞれの施策の目的や成果を整理してみましょう。

ツール利用料が無料!?Shirofune登録するなら、お得なキャンペーンの今!

ShirofuneとはWeb広告運用を行うクラウドサービス。 まだあまりなじみがないという方もいるかもしれませんが、実はその前身となった広告運用自動化ツール「ADFUNE」は、国内導入数No1を誇る名ツールです。 そのアルゴリズムをベースに新たに開発されたのが、このShirofuneなのです。その特徴は、大きく次の二つ。

(1)専門知識不要で誰でも簡単に使える

(2)受け身で高い広告効果が実現できる

つまり、限られたプロフェッショナルしか知らなかった運用技術・ノウハウを、広告運用初心者にお手頃価格で提供するのが、Shirofuneということになります。

これだけ高度な機能を搭載したShirofuneですが、既存の広告アカウントに導入できるProプランの場合、定額の月額利用料はなく、「月額広告費×5%」が費用となります。そのため「少額の広告運用から始めてみたい」という企業にとっても非常に導入しやすい料金設定となっています。

「いくらコストが低いといっても、使えるかどうかわからないツールにお金を出すのはちょっと......」という慎重派の方も、ご心配なく。Shirofuneはプランにかかわらず2ヵ月間無料でお試しできます。さらにキャンペーン中の今なら、招待コードを入力すれば追加でもう1ヵ月、最大で3ヵ月間無料でShirofuneを使えます。少しでも気になる方は、これを機に試してみてはいかがでしょうか。

新規登録はこちら
紹介コード:9ade9cda-5bd1-4f9c-a9dd-124f2a476eff

Shirofuneの紹介記事はこちら→「未経験者でもリスティング広告運用を劇的に効率化&効果拡大!クラウド広告運用ツール「Shirofune」とは?」

Marketing Bankの最新情報を受け取る方法

Marketing Bankは毎日の売り上げにきっと繋がるマーケティング情報を発信中です。
会員登録してメールマガジンを受け取るか、RSS・Facebookとお好みの方法をお選びください。

MarketingBankで丸ごと解決!

メルマガ会員登録(無料)をして、
デジタルマーケティングを学ぼう!

メルマガ会員登録

Marketing Bankをフォロー



お問い合わせ・ご相談

SB C&Sがあなたのビジネスをサポートします。
どんなことでもご相談ください。

お客様から多く寄せられるご質問はこちら
メールでのお問い合わせはこちら

TO PAGE TOP