学べる・買える・出会える。SB C&Sのマーケティングツール総合サイト。

  • 契約パートナー数 
  • 掲載ツール数 製品

知る・学ぶ

今更聞けない、デジタルマーケティングの基礎知識から、最新のアドテクまで、あなたに役立つ情報をご紹介します。

構築ツール

ECサイトを運営するなら必須のECマーケティングってなに?

  • 2019年01月29日
  • EC関連

ec_catch.jpg

マーケティングの現場では、Webマーケティング・ECマーケティング・デジタルマーケティングなど、「マーケティング」という文字を含む用語がたくさん使われています。

今回は数あるマーケティングの中でも、ECサイトに関する「ECマーケティング」について初心者でも理解しやすいようにまとめました。

ECマーケティングとは?

EC(E-Commerce)とは、電子商取引の略称を指します。

ECマーケティングとは、ECサイトにおける集客から購買、再訪に至るまでを含めて、ユーザに購入し続けてもらうための仕組みを指します。

ECマーケティングにおける4つのプロセスと手法

ECマーケティングの対象となるユーザの行動プロセスは「集客・流入・回遊・成約・再訪」という一連の流れで表わされます。

それぞれの行動プロセスごとに、ECマーケティングの施策を紹介します。

1. 集客~流入

広告

まずはユーザにECサイト自体を認知してもらう必要があります。そのための手段の一つが広告です。 主に、リスティング広告・バナー広告・アフィリエイト広告などが挙げられる。それらの広告によって、ECサイトへの流入を促します。

SEO(検査エンジン最適化)

SEOとは、GoogleやYahoo!JAPANなど検索エンジン経由からの集客・流入を増やすために行う一連の施策を指します。

チェックする指標(PV数・UU数)

PV数はサイト内のページが表示された回数を集計した指標です。UU数はサイトを訪れたユーザ数を図る指標です。PV数・UU数を測定し、分析を行うことで、より有効な集客~流入の改善施策を立てることに役立てます。

2. 回遊

サイト内検索

ECサイト特有の「商品検索」機能を充実させることによって、ユーザが求めている商品に辿り着きやすくなります。それによってECサイトに流入したユーザの回遊率を高めることにつながります。

商品検索の例としては、全文検索・カテゴリー検索・サジェスト検索・絞り込み検索などが挙げられます。

レコメンド

レコメンドとは、ECサイトに流入したユーザに最適化された情報を提供するECサイトの機能を指します。

検索履歴・閲覧履歴・購買履歴などの行動履歴を分析することによって、各ユーザに応じたオススメコンテンツをサイト画面に表示します。

それによってユーザの興味を換気することにつながり、サイト内の回遊を促します。

レビュー

レビューとは、ECサイトにユーザがレビュー・クチコミを投稿できる機能を設置することを指します。

それによって商品の魅力が伝わりやすくなり、ユーザの回遊意欲を高めることにつながります。

チェックする指標(直帰率・離脱率)

直帰率とは、検索や広告経由で流入したユーザが、流入したページのみを見ただけで離脱し、他のサイトに移ってしまう割合を表す指標です。

離脱率とは、「そのページの離脱数÷そのページのPV数」で算出される割合で、そのページが開かれた回数のうち、どれくらいの割合でユーザが離脱したか、を示す値です。

直帰率・離脱率を測定し、分析を行うことで、より有効な回遊の改善施策を立てることに役立てます。

3. 購入

EFO(エントリーフォーム最適化)

ECサイトにおけるEFOは、商品注文の入力フォーム・カートの改善を行うための一連の施策を指します。

入力フォームの項目やデザインを改善することでユーザのストレスを解消することにつながります。それにより、入力途中で離脱が減るため、購入まで完了するユーザを増やすことにつながります。

チェックする指標(CVR・CPA・ROASなど)

CVR(成約率)、CPA(顧客獲得単価)、ROAS(広告費用対効果)など、流入~購買にかかった費用対効果を測定し、分析を行うことで、より有効な回遊の改善施策を立てることに役立てます。

4. 再訪

メールマーケティング

ECサイトにおいて再訪を促すメールマーケティングとは、商品購入完了後も継続的にユーザと接点を作る一連の施策をさします。

それにより、顧客との関係を築くことで再訪を増やすことにつながります。

リターゲティング広告

リターゲティング広告とは、ECサイトに訪問後、購入に至らず離脱したユーザを対象に、した広告を指します。

離脱後、そのユーザを追跡して広告表示を継続することで、ECサイトへの再訪を促すことにつながります。

まとめ

今回は、ECマーケティングについての基礎的な部分を紹介しました。

ECマーケティングの仕組みに加え、各プロセスに応じた手法まで理解することで、ECサイトの適切な改善につなげていきましょう。

Marketing Bankの最新情報を受け取る方法

Marketing Bankは毎日の売り上げにきっと繋がるマーケティング情報を発信中です。
会員登録してメールマガジンを受け取るか、RSS・Facebookとお好みの方法をお選びください。

MarketingBankで丸ごと解決!

メルマガ会員登録(無料)をして、
デジタルマーケティングを学ぼう!

メルマガ会員登録

Marketing Bankをフォロー



お問い合わせ・ご相談

SB C&Sがあなたのビジネスをサポートします。
どんなことでもご相談ください。

お客様から多く寄せられるご質問はこちら
メールでのお問い合わせはこちら

TO PAGE TOP