「SNSマーケティングって一体何なんだろう?」

「SNSマーケティングってどんな仕事内容なんだろう?」

上記のようにお考えのSNS運用担当者の方もいらっしゃるでしょう。

そこで、今回の記事ではSNSマーケティングについて徹底解説いたします。SNSマーケティングの概要、戦略、成功事例などSNSマーケティングを学ぶ際に必要なことをご紹介します。

これからSNSマーケティングを学ぶ際の参考にしてください。

SNSマーケティングとは?

SNSマーケティングとは

SNSマーケティングはTwitter、InstagramなどのSNSを利用したマーケティングや活動のことを指します。自社の商材やサービスの効果的な宣伝に繋がるため、様々な業種で用いられています。

コスパが良く、ユーザーとのコミュニケーションを図ることができるなど、メリットが多い、マーケティング手法です。

また、インプレッションやエンゲージメントなどのユーザーの反応も細かく効果測定を行うことができるため、運用の改善もしやすくなっています。

さらに、SNSは登録ユーザーも多いので、SNSマーケティングを行うことで新たな顧客層を発掘できるのことも魅力のひとつです。

さらに企業のマーケティングの幅を押し広げてくれることもあり、利用する価値が高くなっています。

上記のようにSNSマーケティングは企業にとって大きな恩恵をもたらしてくれるマーケティング手法です。

SNSマーケティングはどのような仕事内容なのか?

SNSマーケティングをするためには多くの作業工程が発生します。ただ単純にSNSアカウントを動かして投稿していくだけではありません。多くの手順から成り立っており、じっくりとした運用が大切です。

そのため、ここからはSNSマーケティングの仕事内容を具体的に解説していきます。実際にどのような仕事内容があるのか確認していき、SNSマーケティングを行う際のイメージを組み立てていきましょう。

SNSマーケティングの企画立案

SNSマーケティングはまずに企画を立案することから始まります。どのような意図や目的でSNSマーケティングを行うのかしっかりとイメージすることがポイントです。

具体的には下記のようなことを考えて企画を立案することが多くなっています。

  • どのようなターゲットに向けたマーケティングを行うのか
  • 自社の商材やサービスの販促に繋げるのか、それとも自社のブランディングを目的とするのか
  • どのSNSでどのようなキャンペーンを行うのか

上記のような目的や手段を十分に話し合い、決めていくことでより効果のある企画を立案していきます。

SNSアカウントの設定

どのような目的や目標でSNSマーケティングを行い、どのSNS媒体を使うか決まった後はSNSアカウントの設定を行っていきます。具体的には下記のようなことを設定していくのがポイントです。

  • SNSアカウントのアイコンやバナー
  • SNSアカウントの普段の言葉遣い
  • SNSアカウントのキャラ設定
  • 積極的にユーザーとコミュニケーションを図っていくのか

上記のようにブレが無いようにSNSアカウントの設定を細かく行っていきます。

SNSアカウントの設定を細かく行っておくことでしっかりとSNSアカウントのキャラクターが定まるので、大事な工程です。

SNSアカウントでの投稿内容の検討

SNSアカウントの設定がきちんと終わった後は投稿内容を細かく検討していきます。普段どのような発信をしていき、ユーザーに届けていくのかしっかりと内容を練っていくことが大切です。

一般的な企業のSNSアカウントの投稿内容としては、下記のようなパターンが多くなっています。

  • 自社の商材やサービスの紹介
  • 自社の業界やユーザーにとって役立つお役立ち情報
  • クーポンやキャンペーンなどの告知
  • 自社の活動の取り組みやコラムの紹介

上記の投稿内容のパターンを確認し、自社でどのような投稿をしていくのかじっくりと決めていきましょう。

SNSに投稿するコンテンツの作成

SNSに投稿するコンテンツを作成することも、仕事内容の上で非常に大切なポイントとなります。魅力的なコンテンツを作らないことにはユーザーの関心を得ることが難しくなってしまうからです。

特に、TwitterやInstagramなどでSNS広告を配信することまで視野に入れている場合は尚更です。

広告は特にコンテンツのビジュアル面を磨かないとユーザーに素通りされてしまうことが多くなります。そのため、SNSに投稿するコンテンツの質を上げていくことも非常に大切な仕事内容です。

ユーザーとのコミュニケーション

SNSマーケティングを行う場合は、ユーザーとのコミュニケーションを積極的に図っていきましょう。

ユーザーとのコミュニケーションを上手く図ることで、自社に対するユーザーの意識を高めることができます

上手くユーザーとコミュニケーションを図ることで、そのユーザーを自社のファンにすることも可能です。自社の商材やサービスの購入に繋がることもあるので、コミュニケーションは疎かにできません。

また、ユーザーの意見を聞くことで、自社のマーケティングの改善に繋がるヒントが得られることもあります。したがって、ユーザーとのコミュニケーションはSNSマーケティングに欠かせない仕事内容です。

効果測定と運用改善

SNSマーケティングを行う上で非常に大切なのが効果測定と運用改善です。

SNSマーケティングはただなんとなく行っていても上手くいくことはあり得ません。そのため、効果測定を細かく繰り返していくことで、運用改善に必要なヒントが得る必要があります。

なお、SNSマーケティングの効果測定を行っていく際には具体的には下記のような数値が大切となります。

  • 獲得したフォロワー数
  • インプレッションやエンゲージメント数
  • 自社のサイト
  • リンクのクリック数

上記のSNSマーケティングの成果を表す指標を確認して、細かく運用改善していくことで、さらに高い成果を目指せます。

SNSマーケティングでの効果を出していきたい場合は特に力を入れたいポイントです。

SNSマーケティングにおけるメリットとは?

SNSマーケティングにおけるメリット

SNSマーケティングには運用することで多くのメリットがあることが事実です。商品やサービスの認知度が高まったり、ブランディングに繋げられたりとマーケティングに適した効果が得られるようになっています。

ここからはSNSマーケティングにおけるメリットを順番に解説します。SNSマーケティングを行うことを検討している場合は、メリットをしっかりと理解してSNSマーケティングへのイメージを明確なものにしましょう。

商品やサービスの認知度が高まる

SNSマーケティングの大きなメリットとして挙げられるのが、商品やサービスの認知度が高まることが挙げられます。

SNSでの発信を繰り返していくことで、ユーザーに自社の商品やサービスを知ってもらうことができます。そのため、そのまま顧客からの購買に繋げたり、関心を得たりすることが可能です。

このような販促効果があるため、より自社の商品やサービスの認知度を少しでも高めたい場合はSNSマーケティングを積極的に活用することが大切です。

顧客のロイヤリティの向上

SNSマーケティングを活用すると、顧客となるユーザーのロイヤリティを向上させることが出来るメリットもあります。

顧客となるユーザーと細かくコミュニケーションを行うことで、自社に対する興味や関心を高めることに繋がるからです。

SNSマーケティングを取り入れてユーザーのロイヤリティが向上すれば、顧客単価やリピート率の向上に繋がり、将来的な自社の収益の向上にも繋がるでしょう。

SNSマーケティングで顧客のロイヤリティを高めることは非常に大きなメリットとなります。

コミュニティを作りやすい

SNSマーケティングではマーケティングを通して企業とユーザーが繋がることが可能になります。そこで、従来のマーケティング活動などで得られないユーザーと企業のコミュニティの形成が可能になるのです。

ユーザーと企業がコミュニティで深い関係性で結ばれると、ユーザーからのアクションや意見に対して企業がさらに動きやすくなります。

そのまま、マーケティング活動の改善につながる場合もあるので、さらに質の高いサービスやキャンペーンの展開に繋がるでしょう。

上記のようにコミュニティで深い関係性を作り出せれば、ユーザーも企業も大きなメリットを得られるのが大きな魅力です。

ブランディングに繋がる

SNSマーケティングを企業が行うことで、企業のブランディングに繋がるという大きなメリットがあります。

SNSマーケティングで魅力的なコンテンツを提供していくことで、よりレベルの高い企業であることをアピールできるでしょう。

そして、ユーザーの満足度を向上させることができれば自ずとユーザーからの評価が高まり、企業の持つブランド性が高まります。

ブランディングが上手くいくと、さらに自社のファンの増加に繋がるので非常に意義が大きいです。そのため、SNSマーケティングを行い上手くブランディングを図っていくことを意識していきましょう。

情報の拡散性が高まる

SNSマーケティングの魅力的なメリットとして情報の拡散性が高まるというポイントがあります。

SNSは手早く情報にアクセスできる上に、シェア機能なども豊富な場合が多いので拡散性の高いことが特徴的です。

特にTwitterだと、リツイート機能があるので魅力的なコンテンツやアカウントはどんどん拡散されていきます。

ユーザーが勝手に拡散してくれるのでどんどん話題性が広まり、自社の認知度やブランディングに繋がるという大きなメリットに繋がるのです。

ユーザー同士の口コミで購買行動にも繋がっていくことが多いので、SNSマーケティングで話題の拡散性を狙う価値は非常に高くなっています。

問い合わせの増加につながる

SNSマーケティングでユーザーからの認知度がさらに高まると、そこから自社に対する問い合わせが高まります。

一般ユーザーだけではなく、企業からの問い合わせに繋がることもあるのでさらなるビジネスチャンスが期待できるでしょう。

ビジネスチャンスを掴んでいくことで自社の次なる活動や発展に繋げることも可能です。

思わぬ所から問い合わせが増えることもあり、今まで気付けなかったビジネスチャンスに繋がることもあります。

したがって、より企業としての活動範囲やチャンスを増やしていきたいという場合にはSNSマーケティングを行う意義が高くなります。

SNSマーケティングにおけるデメリットとは? 

SNSマーケティングにおけるデメリット

SNSマーケティングでは多くのメリットが存在しますが、それと同時にデメリットも存在します。SNSマーケティングを行う際にはあらかじめ把握しておく必要があります。

ここからはSNSマーケティングにおけるデメリットをそれぞれ見ていきます。意外と気付きにくいデメリットもあるので、是非参考にしてください。

集客効果に即効性がない場合がある

SNSマーケティングは、運用すればすぐの効果が出ると思われがちですが、なかには集客効果に即効性がない場合もあります。

コンテンツを出せばすぐに拡散されたり、バズったりするわけではないので目に見える効果が出てくるのには時間がかかってしまいます。

集客効果に即効性を持たせたい場合は、リスティング広告なども併用してマーケティング活動を行うことがおすすめです。

リスティング広告は検索したキーワードに対して広告を出稿できるので、ニーズの濃いターゲットにリーチすることができます。

マーケティングに即効性を持たせたい場合、SNSマーケティングだけを行うのか、広告を併用するのかどうかは十分に社内で検討する必要があります。

継続して運用する必要がある

SNSマーケティングは継続して運用する必要がある点もデメリットのひとつと捉えられることもあります。

自社の公式SNSアカウントで毎日適切な内容を発信し、細かくユーザーとコミュニケーションを取っていく必要があるからです。

顧客のロイヤリティを高めたり、コミュニティを形成したりすることまで視野に入れていく場合は特に短期間では難しくなります。

したがって、きちんと計画的なスケジュールを作って継続してSNSアカウントを運用していくことが必要となるのです。

企業の目標や目的にもよりますが、基本的にSNSマーケティングを行う場合は長期間の運用が必要になるので、あらかじめリソースの確認、確保が必要になることを頭に入れておきましょう。

ある程度のマンパワーが必要

SNSマーケティングを行う場合は、ある程度のマンパワーやスキルが必要になる点もデメリットとして挙げられます。

というのも、効果のあるSNSマーケティングを行う際には下記のような作業が必要になるからです。

  • SNSアカウントの毎日の更新
  • ユーザーとのコミュニケーション
  • キャンペーンや告知の企画
  • キャッチコピー、画像、動画、コンテンツの作成

いずれも効果のあるSNSマーケティングを行う際にひとつも欠かすことのできない工程になっています。また、場合によっては複数人で動かしていく必要もあるでしょう。

特に「キャッチコピー、画像、動画、コンテンツの作成」は専門的な知識やスキルが必要になる場合があります。

より質の良いSNSマーケティングを行う際にはこれらのマンパワーを確保しておくことを意識しましょう。

炎上する危険性もある

SNSマーケティングで特に気を付けたいポイントとしては、炎上する危険性があるというデメリットがあることです。

SNSは拡散性が高いため、ユーザーの反感を買ってしまうと瞬く間に悪い評価が広まってしまうこともあり得ます。

具体的には下記のような発信をしてしまうと炎上することに繋がります。

  • ユーザーを刺激し過ぎるようなあまりに挑発的な内容の発信
  • 人種差別につながるような内容の発信
  • 間違った情報の発信

上記のような内容を普段の投稿で発信してしまうと炎上するきっかけとなります。

そのため、くれぐれも上記のような要素が含まれた内容の投稿は慎むようにしましょう。

細かい効果測定が必要

効果のあるSNSマーケティングを行う際には、細かい効果測定を行う必要があるのもデメリットとなります。

細かく効果測定を行っていかなければSNSマーケティングの改善を行うことが難しくなるからです。

そのため、企業のSNS運用担当者は日々、細かく効果測定をして改善を図っていく必要があります。

また、企業で複数のSNS媒体でアカウントを運用している場合は、さらにその分、それぞれのアカウントの効果測定を行うので作業量の増加することがあります。

SNS運用担当者に負担がかかってしまうこともあるため注意が必要です。

SNSマーケティングにおいて必要な戦略とは?

SNSマーケティングでは綿密に練った戦略があってこそ、効果のある施策となります。

その企業にしかない戦略を練ることによって、他社と差別化したクオリティの高いSNSマーケティングが展開できるからです。

そのため、SNSマーケティングを行う際には明確な戦略の上で実施しましょう。

ここからは、SNSマーケティングを行う際に必要な効果的な戦略を細かくご紹介していきます。

明確な目標や設定を定める

SNSマーケティングの戦略を考える際にはまず、明確な目標や設定を定めるように心がけましょう。

明確な目標や設定を定めておかければ、中途半端な施策となり、最悪の場合はSNSマーケティング自体が失敗することもあり得ます。

そこで、自社でSNSマーケティングの明確な目標や設定を定める際には下記の例のように意識しましょう。

  • コンバージョン率を2%増加させる
  • 問い合わせ数を30件獲得

上記のようにSNSマーケティングを行う場合には明確な目標を立てましょう。

客観性を持たせるためにも、数字が絡んだ目標にできるとさらに理想的です。

ペルソナの策定を行う

SNSマーケティングを行う際に大切な戦略としてペルソナの策定が大切です。

もし、ペルソナの策定が甘いと適切なターゲット層に情報が行き渡らなくなり、効果的なSNSマーケティングが行えなくなるでしょう。

そこで、具体的には下記のようにペルソナを策定することがおすすめです。

<例>「チャイルドロックのついたウォーターサーバー」→「小さい子供がいる20後半~30代前半の主婦」

上記のように、自社の商材やサービスがどのようなターゲットに届くものなのか想定してSNSマーケティングを行う必要があります。

商材やサービスに合ったターゲット層にSNSマーケティングができればさらに訴求力が上がることが期待できるでしょう。

したがって、SNSマーケティングを行う前に戦略として、しっかりとペルソナの策定を行うようにしましょう。

競合のSNSアカウントの分析をする

SNSマーケティングを行う場合には競合企業のSNSアカウントの分析をすることが大切となります。

競合企業のSNSアカウントを徹底的に分析することで、今まで自社だけでは気づけなかった潜在層の発掘にも繋がるでしょう。

具体的には下記の項目をしっかりと分析しましょう。

  • どの媒体のSNSでマーケティングを展開しているのか 
  • どんなキャッチコピーやコンテンツを使ってSNSマーケティングを行っているのか
  • 主にどのターゲット層を狙っているのか

上記の項目をしっかりと分析することで、自社でSNSマーケティングを行う際のヒントにすることが可能です。

より効率よくSNSマーケティングを行う際に必要となるので、競合企業のSNSアカウントの分析は怠らないようにしましょう。

KPIを考える

失敗しないSNSマーケティングを行うためにも、KPIを明確に定めましょう。

KPIとはKey Performance Indicatorの略となっており、最終目標に到達するために必要な指標をあらわすものとなっています。

KPIがあることで最終目標への道筋が合っているのか、そのまま計画を進めてもいいのか明らかになるので必ず設定しましょう。具体的には下記のような例でKPIを定めることがおすすめです。

  • コンバージョン率を2%増加させる

→KPI:インプレッション数を100,000回増加させる

  • 問い合わせ数を30件獲得

→KPI:エンゲージメント数を50,000回増加させる

上記のように最終目標を到達するための数値を明確に設定することにより、企画段階から最後までブレることなくSNSマーケティングが可能になります。

成果の高いSNSマーケティングを行うためにも戦略として必ず意識しましょう。

どのSNSを使うか決める

どのSNSを使うかどうかでもSNSマーケティングの効果は変わってきます。SNSごとにメインの年齢層も変わるので適切なSNSを選ぶことが重要です。

そのため、自社の商材やサービスにあった年齢層が多いSNSを使うことがおすすめとなります。

例えば、若い年齢層向けのサービスを紹介する場合は、10代~20代が多いLINEやTwitterを使うことが効果的です。

SNSごとにメインの年齢層も変わる
引用元:総務省|平成29年版 情報通信白書|SNSがスマホ利用の中心に

一方で30代~40代の年齢層を狙う場合であればFacebookを使うことを視野に入れるなど、メインとなる年齢層によって使うSNSを変える必要があります。

細かいポイントとなりますが、SNSマーケティングの効果を最大限に高めるためにも戦略として意識しましょう。

投稿スケジュールを作る

SNSマーケティングを効率よく行う上で投稿スケジュールを定めることが大切なので意識して行いましょう。

企業の公式SNSアカウントの投稿が途中で止まってしまったり、遅れてしまったりするとユーザーの関心が離れる原因となります。

そのため、あらかじめ投稿スケジュールを決めておくことが非常に大切です。

カレンダー式の投稿スケジュールを作成して、投稿の中断や遅れがないように心がけましょう。

Googleスプレッドシートなど情報が共有しやすいツールを使って投稿スケジュールを決めていくと効率的です。

投稿スケジュールも戦略の一環ということを意識して取り組んでいきましょう。

アナリティクスをもとに改善していく

アナリティクスをもとに改善していく

SNSマーケティングを運用していく中で、アナリティクスを見て改善していくことも戦略として重要です。

アナリティクスを見てその都度改善していかない限り、自社のSNSマーケティングのどの部分に問題があるか分からないからです。

具体的にはアナリティクスを見て下記のような項目を改善していく必要があります。

  • インプレッション数
  • エンゲージメント数
  • エンゲージメント率
  • リンクへのクリック率

各項目を見て改善するべき項目は優先的に改善していきましょう。

改善を積み重ねていくことでSNSマーケティングでの効果をさらに確実なものにしていくことができます。

SNSマーケティングに使われるSNSの種類や成功事例とは?

SNSマーケティングに使われることの多いSNSはユーザー人口が多く、どれも使いやすいものばかりです。

ターゲティングしやすかったり、拡散性が高かったりとSNSごとに特徴があるのがポイントとなっています。

また、企業ごとにどのSNSも成功事例があるので、あらかじめ見ておくとSNSマーケティングを行うの際のイメージがしやすいです。

そこで、ここからはSNSマーケティングに使われるSNSの種類や成功事例についてご紹介します。

Facebook

Facebookの大きな特徴としては実名で登録することが求められるということです。

多くの場合は友人のみならず、会社の同僚や取引先とも繋がることが多くなっています。そのため、ビジネスにも使われることの多いSNSであることがポイントです。

また、Facebookは写真や文章の自由度が高いこともあり、SNSマーケティングに活用する際に重宝します。

文章に関しては文字数制限の制限がなく、写真や動画と合わせて投稿することができるので自由度の高い発信ができるのがメリットです。

シェアされることで情報が拡散されることも合わせて、企業のSNSマーケティングと非常に相性が良くなっています。

Facebookでの成功事例

Facebookでの成功事例

Facebookでの成功事例として刺繍の個人専門店Amanda Sewsのケースをご紹介します。Amanda Sewsは、商品の宣伝をFacebookのみで行っているのが特徴的です。注文の9割をFacebookに内蔵されているメッセージ機能であるMessengerで獲得しています。

Amanda Sewsはウェブサイトの構築にコストをかけず、無料のFacebookページを活用してビジネスでの成果を高めました。

実際に問い合わせなどをFacebookページ一本でまとめることで、Facebookを使う以前よりも週15時間作業効率を高めることができたそうです。

さらに、ページマネージャ機能なども使って投稿スケジュールの管理を行いさらに普段の業務の効率化を促進できました。

したがって、コスパを重視するSNSマーケティングを行いたい場合はFacebookが非常におすすめです。

Facebookマーケティングについて詳細を見る>>

Twitter

Twitterの最大の特徴として挙げられるのが、拡散性の高さでしょう。

リツイート機能やいいね機能があるので、魅力的なコンテンツはどんどんと拡散されていき、人気を獲得することができます。

また、若年層のユーザーも多いので、若い世代向けの商材やサービスの販促をする際に非常に向いています。

普段の投稿に加えて、Twitter広告などと組み合わることで、より効果的な宣伝が可能となるでしょう。

さらに、分析ツールやマーケティングツールも非常に豊富なので効果測定もしやすく、SNSマーケティングを初めて行う際でも安心できます。

Twitterでの成功事例

Twitterでの成功事例として丸亀製麺を運営する株式会社トリドールホールディングスの事例をご紹介します。

トリドールホールディングスはカンバセーショナルカードなどを使ってユーザーと一緒にキャンペーンを盛り上げていきました。

Twitterでの成功事例

クーポン配布のキャンペーンもTwitterで行い、さらにユーザーに対してお得になるものを提供することに努め、ユーザーからの好印象を獲得しました。

その結果、キャンペーン後では想定していた目標に対して150%の成果を上げることに成功します。

まさに、ユーザーの好感度を上手く高めて、ビジネスでの成功に繋げたSNSマーケティングの成功事例といえるでしょう。

Twitterマーケティングについて詳細を見る>>

Instagram

Instagramは20代を中心に人気を集めているSNSであり、写真や動画でのビジュアルをメインとしたSNSマーケティングが可能になっています。

そのため、自社の商材やサービスの販促にピッタリです。

さらに、広告などを用いる場合はストーリーズなどの画面で自然に情報を配信できるため、ユーザーに広告といった印象を与えずに宣伝できます。

そのため、より効果の高い実績が期待できるのがメリットです。

ただ、魅力的なコンテンツを配信していかないとユーザーに素通りされてしまうことも多いので十分に注意しましょう。

あくまでも、コンテンツを作りこんだ上で配信することが大事です。

Instagramでの成功事例

Instagramマーケティングでの成功事例として、Yoga Internationalの例が挙げられるでしょう。

初心者からベテランまで様々な層に対して、オンラインでヨガクラスを開講している企業となっています。

Yoga Internationalでは下記の画像のように「30日間利用できる無料のヨガストリーミングを試しませんか?」というキャンペーンカードを配信しました。

登録できるサイトに誘導出来るようにしたのも大きなポイントです。

Instagramでの成功事例

さらに、ターゲティングとして下記のような方に広告を表示したのも大きなポイントです。

  • ヨガに興味のある方、その類似オーディエンス
  • Yoga Internationalのウェブサイトを閲覧した方
  • 登録作業を途中でやめた方

上記のように無駄のないターゲティングも相まって3,510人の新規トライアル会員数を獲得することに成功しました。

そのため、非常に効果の高かったInstagramマーケティングといえるでしょう。

Instagramマーケティングについて詳細を見る>>

LINE

LINEは利用率が非常に高く、年齢層が幅広いためターゲティングがしやすいのがポイントとなっています。

新たな潜在層を発掘することにも繋がりやすいので、自社のマーケティングへのヒントを新たに得たい際にもおすすめです。

また、年齢層としては50代以上のユーザーも多いため、年齢層が高めの商材やサービスの販促を行う際にも使いやすいです。

そのため、もし年齢層が高めの商材やサービスの販促を行いたい場合はLINEでSNSマーケティングを展開しましょう。

LINEでの成功事例

LINEでのSNSマーケティングの成功事例としてオルビス株式会社の事例をご紹介します。

オルビス株式会社は美容品などを販売しているブランドとなっており、メッセージやLINEチャットでユーザーのファン化を加速させました。

新規のファンを増やしつつ、カルーセル形式のメッセージや商品に合わせたセグメント配信を行うことで販促につなげているのがポイントです。

LINEでのSNSマーケティングでファンの獲得と販促を一挙に行うことに成功しています。

LINEでの成功事例

そして、そうした地道なSNSマーケティングの効果もあり、現在ではオルビス株式会社のLINE友だち数は3,300万人と大きく増加しています。

まさに、多くのファンを獲得した企業の成功事例といえるでしょう。

LINEマーケティングについて詳細を見る>>

Tiktok

TiktokはUGCを形成しやすいことが非常に大きな魅力となっています。

UGCとは「一般ユーザーによって作られるコンテンツ」のことを指し、高い拡散力を持っていることから、マーケティングにおいて非常に魅力的な要素です。

Tiktokでは「ハッシュタグチャレンジ」などで、ユーザー自身が企業のチャレンジに挑み、自分で動画をTiktokで発信します。

他のユーザーもどんどん真似をしていくため、UGCに繋がっていくのが特徴的です。

企業のキャンペーンを勝手にユーザーが促進してくれるので新たなファンの獲得や、自社ブランドの認知に繋がるため効果的です。

Tiktokでの成功事例

Tiktokの成功事例としてモバイルRPGである「宮廷女官」の事例をご紹介します。

『宮廷女官』は、古代の宮廷を舞台とした女性向けRPGとなっており、日本の無料モバイルゲームランキングでトップ100に入るといった高い人気を博しているのが特徴的です。

Tiktokでの成功事例

そこで、『宮廷女官』は戦略として実際にある程度のプレイが可能なプレイアブル広告を制作しました。

実際に広告上でユーザーに体験してもらうことで、簡単な操作とゲームの特徴、世界観を提示することに成功したのです。

そして、Tiktokでの成果としてプレイアブル広告がユーザーの興味を引き付けて、広告導入前のキャンペーンと比較するとCTRが150%増加しました。

そのため、Tiktokを上手く活用した成功事例となっていると言えるでしょう。

成功事例をもとに最適なSNSマーケティングを 

今回の記事ではSNSマーケティングについて詳しくご紹介いたしました。

SNSマーケティングの運用の際に必要な戦略や考え方を細かくご紹介しました。

今回の記事を簡単にまとめます。

  • SNSマーケティングを行う際は企画段階からしっかりと考え抜かないと、成果を出すことは難しい
  • 効果測定などを細かく行い、改善を行うことでさらに成果の高いSNSマーケティングが可能となる
  • SNSマーケティングでは自社に合ったSNSを選ぶことが大切となっている

SNSマーケティングは考え抜いた戦略で的確な施策を行うことで、より理想に近い成果を獲得することができます。

仕事内容や戦略、そして成功事例をしっかりと頭に入れてさらに完璧なSNSマーケティングを行いましょう。