デジタルマーケティングの広がりは企業だけではなく自治内などにも広がっており、インターネット環境を利用したマーケティングは、地域の活性化にもつながっています。

そんな自治体で利用されているマーケティングツールの一つに「Twitter」があります。

Twitterを通して有名になった地域もあるほど、今ではTwitterは情報発信には欠かせないツールとなっています。

Twitterとは?

Twitterは、インターネット上で「つぶやき」を投稿することが出来るツールで、少しの文字数で多くのユーザーに一気に情報を伝えることができ、個人のアカウントからは今感じたことや、思ったことなどを発信する目的で利用されていますが、企業や自治体ではマーケティング活動の一環として利用されています。

Twitterを利用したマーケティングの種類

Twitterを利用したマーケティング活動の種類を見ていきましょう。

Twitter広告

Twitterはつぶやくだけではなく、広告を出稿することが出来るようになっています。

広告を出稿することによって、Twitterを利用するユーザーに商品の紹介やサービスの紹介、キャンペーンの告知などをすることが出来ます。

Twitter公式アカウント

Twitterの公式アカウントを持ち、企業や自治体のアカウントとして情報発信をすることが出来ます。

企業であれば、企業の商品やサービスに関連するニュースや情報などを発信して、自治体では、地域の情報やニュース、イベント情報などを発信することでユーザーとの接点を持っています。

インフルエンサー起用

インフルエンサーというと、Instagramをイメージする方もいると思いますが、インフルエンサーというのは、インターネット上の特にSNSにおいて、強い影響力のある方のことを指しているため、Twitterのユーザーにもそのような人は存在しており、強い影響力を持っています。

Twitterで狙うべき層

Twitterで狙うべき層としては、10代・20代と言われています。

TikTokなどが利用されるようになってからは、TikTokが若者を中心に利用されるようになりましたが、今でもTwitterは若い世代に根強く利用されており、広告を配信する内容なども比較的若い世代へ向けた広告が効果的と言われています。

Twitterを利用したマーケティングのメリット・デメリット

Twitterを利用したマーケティングのメリットやデメリットについて見ていきましょう。

Twitterを利用したマーケティングのメリット

Twitterを利用したマーケティングのメリットとしては、以下のような点があります。

・短い時間で多くのユーザーに向けて配信できる

・イベントなどに効果的

・拡散されやすい

Twitterの良いところは、インターネット上で短い文章をすぐに配信できるため、「今」必要な情報として、受け取る側のユーザーも情報のリアルタイムさの意識が強くなっています。

そのため、「本日限定!」や「今、〇〇がいる」「あそこでイベントやっている」「あそこに芸能人が来ているらしい」といった情報はすぐに拡散され、あっという間に数千人、数万人に広まるようになっています。

また、拡散性が強いため、良い情報も悪い情報もあっという間に広がります。

Twitterを利用したマーケティングのデメリット

Twitterを利用したマーケティングのデメリットとしては、拡散性が強いため、あまり良くない情報やデマも広がりやすくなっており、震災の時などは心無いデマによる投稿が配信されるなど、混乱を招く場合もあります。

Twitterがもたらす効果

Twitterを利用したマーケティングには、良い面も悪い面もありますが、企業が商品やサービス、イベントなどを告知・周知させていきたいときには、しっかりと計画を立てて実行することで、拡散性があるため多くの人に一気に広まり、集客や認知度を高めることが出来るでしょう。

今では、米国のトランプ大統領もTwitterをやっていて良くも悪くも多くのユーザーの影響を与えています。

そのような、情報発信力や拡散性が強いため、利用するには計画を持って行うと良いでしょう。

まとめ

ここまでTwitterを利用したマーケティングについてご紹介してきました。

Twitterはどちらかというと若い世代に利用されているツールですが、40代の男性にも利用されているユーザーは多く、使い方によっては企業にプラスの影響を与えてくれることでしょう