Webマーケティングを企業が行うようになり、ホームページやリスティング広告など企業が集客や告知をしていくためには検索エンジンによる販促活動が必要不可欠になってきました。

そのような中、検索エンジンによる販促活動以外にもSNSやメールを利用したデジタルマーケティングに目を向ける企業も増え、今ではSNSを利用した販促活動が注目されています。

今回は、そんなSNSにおける広告出稿について細かくご紹介していきます。

SNS広告とは?

SNS広告とは、どのようなものでしょうか。

SNSにはTwitterやfacebook、LINEやInstagramなどがありますが、これらのSNS上で、公式アカウントなどを利用した認知度アップや情報発信のみならず、SNSのそれぞれのプラットフォームを利用して投稿されている記事や画像の間に広告を出稿させるというものです。

SNSの広告出稿の方法としては、ネイティブアドという種類となり、自然と投稿されている記事や画像の一部として表現されるため、違和感なくユーザーに広告表示をすることが出来ます。

SNS広告で期待できる効果

SNS広告で期待できる効果について見ていきましょう。

コンバージョン

SNS広告で期待できる効果の一つに、コンバージョンがあります。

コンバージョンは、企業ごとの商品やサービスによって異なりますが、問い合わせや資料請求、来店や、商品購入など、企業の売上に直結するものとなるため、コンバージョンが上がることは企業の売上UPに繋がります。

認知度アップ

SNS広告では、コンバージョンという直接的な効果以外に、認知度を高めるという部分で効果的です。

SNSを利用しているユーザーは日本国内でも多くいるため、検索エンジンではないプラットフォームを利用した商品やサービス認知を広めることが出来ます。

口コミ

SNS広告で期待したい効果の一つに口コミがあります。

口コミマーケティングはインターネットが普及する前から行われてきたマーケティングですが、SNSを利用して口コミマーケティングは、現代においては欠かせない手法の一つとなっています。

SNS広告が出稿できるツール

SNS広告が出稿できるツールとしては、TwitterやInstagram、facebookやLINEなど多くのサービスで広告出稿が出来るようになっています。

その中でもターゲットに合わせて利用するサービスを選定することが重要です。

SNS広告のメリット・デメリット

次に、SNS広告を利用した場合のメリット・デメリットを見ていきましょう。

SNS広告のメリット

SNS広告を利用するメリットとしては、検索エンジンではない別のプラットフォームを利用することで、検索エンジンだけでは繋がれないユーザーとも接点を持つことがメリットとして挙げられるでしょう。

また、SNS特有の「繋がり」において、口コミマーケティングや拡散による広い認知が出来ることも利点の一つでしょう。

SNS広告のデメリット

SNS広告のデメリットとしては、SNSを利用していないユーザーには広告を届けることが出来ないという点や、サービスの内容によっては利用数が少ない世代もいるため、ターゲットをしっかりと絞り込みをしなければ、魚が泳いでいない池で釣りをするのと同じように、効果が期待できない広告を打つことになってしまうでしょう。

SNS広告出稿の方法

最後に、SNS広告の出稿方法について見ていきましょう。

それぞれサービスごとに設定方法は異なりますが、まずはそれぞれのアカウントを持ち、広告出稿の利用手続きを進めていきます。

例えば、facebookにおいては、facebookアカウントを取得したのち、広告マネージャーという管理画面から、キャンペーンの新規作成を行い、それぞれ詳細設定をしていきます。

まずは、それぞれの広告出稿をする場合には、アカウントを取得するところから始めましょう。

まとめ

ここまで、SNS広告の利用方法や、期待できる効果、メリット・デメリットなどについてご紹介してきました。

SNS広告は、検索エンジンによる広告出稿とは異なり、利用しているユーザーに向けて独自のプラットフォームにて広告配信できるため、セグメントされたターゲットにしっかりと広告表示させることが出来るでしょう。

現代においてSNSは欠かせないコミュニケーションツールです。

是非、広告出稿という形で利用してみてはいかがでしょうか。