社有車を持つすべての企業をサポートするドライブレコーダーソリューション

くるまi-2

テレマティクス クラウドサービス

くるまi-2は、クラウド型のドライブレコーダーソリューションです。
交通事故削減はもちろんコスト削減と営業効率化をお手伝いいたします。

こんな方におすすめ

  • こんな方におすすめこんな方におすすめ

    事故や違反を減らしたい

  • こんな方におすすめこんな方におすすめ

    車両の適正配置・台数削減を行いたい

  • こんな方におすすめこんな方におすすめ

    効率的に営業業務をできているか知りたい

  • こんな方におすすめこんな方におすすめ

    車内のコンプライアンスを強化したい

くるまi-2の特徴

  • 01イベント通知などを携帯通信網を介してリアルタイムに自動取得

    最新の通信型ドライブレコーダーを車両に搭載することで、走行軌跡だけでなく急ブレーキ・急発進・速度超過の情報、ヒヤリハット発生情報などをリアルタイムに自動取得いたします。

  • 02アウトカメラ&インカメラ標準搭載

    アウトカメラだけでなくインカメラを標準搭載し、車内の状況を常時記録いたします。よそ見運転、居眠り運転などを防ぎ、コンプライアンス意識を高めます。※本機能はクラウド側から遠隔制御(ON/OFF)が可能です。

  • 03豊富な導入実績/安心の端末保証

    提供ベンダーがテレマテイクス・クラウド・サービスを初めて10年、導入車両は15,000台。日々の運行業務をネットワーク監視しクラウドでデータ管理しています。IT会社として実績と信頼を誇る運用体制をしいており、安心してご導入いただけます。

くるまi-2の便利な機能

  • 01事故を未然予防「動画メール送信」機能

    運転中のヒヤリハット(急挙動)動画を、瞬時にアップロード。同時に各担当者には動画リンク(URL)が記載されたメールが届きます。クラウドにアクセスして情報を確認することができます。

  • 02「日報」は自動でクラウド保存

    ドライブレコーダー起動時に運転者ID(6ケタ)を入力。これにより「どの車両を誰が運転したか」が明確になります。日々の運行記録はドライバーごと、車両ごとにデータ化され、各種帳票が自動作成されます。

  • 03AI画像解析機能を活用し追突危険を感知

    先進運転支援システムを標準搭載したドライブレコーダーが運転を見守ります。 前方衝突検知であおり運転未遂を特定することが可能、効果的な安全運転指導が行えます。

ご利用の流れ

  • STEP01

    くるまi-2のお申込み

    お申し込みは「導入検討・見積相談」よりご連絡ください。追って弊社の営業担当より連絡させていただきます。

  • STEP02

    ドライブレコーダーの納品

    お客さまのご指定住所にドライブレコーダーが納品されます。本体はお客様にて取り付けを実施いただけます。

  • STEP03

    ご利用開始

    ASPサービスの初期設定はメーカーにて実施いたします。ご納品当日よりご利用を開始いただけます。

資料一覧

関連セミナー

関連サービス