テレワークは離れたところで仕事をするため、書類の確認やハンコの押印の業務がある経理担当には難しいと思われているのが現状ではないでしょうか。経理業務を電子化することで、会社全体のワークフローも改善され、コスト削減や作業効率の向上につながることをご存知でしょうか。

経理のテレワークが難しい理由

書類での経費処理

各部署からあがってくる精算書や請求書、注文書といった紙の書類の処理が必要なため。

印鑑での承認

承認などの社内手続きにも必要な「ハンコ」の押印をしなければならない。

小口現金の手渡し

交通費や文房具の購入など小額の支出に備えて社内に現金が置いてあり、対応しなければならない。

経理のテレワーク実現に導入したいこと

経費精算のデジタル化

経費精算システムを導入し経理業務のデジタル化をすることで、インターネットに接続できる環境さえあれどこでも経理業務ができるようになります。申請者、承認者、経理担当者全員がテレワークになったとしても滞りなく、経費精算周りのあらゆる作業を効率化できるなどメリットがあります。

領収書・請求書の電子化

PDFなどのデジタルデータで閲覧できるようにすることで、どこでも確認でき、承認や領収書のチェックをパソコン上で行えるようになり、出社して押印するような手間もなくなるでしょう。

小口現金の廃止

手渡しする必要があった小口現金をなくすため、会社名義のクレジットカードやプリペイドカードへの切り替えをおこなうことで管理費やコストが削減されるでしょう。

社内コミュニケーションツール

オンライン会議やチャットシステムを積極的に導入し、非対面でもコニュニケーションが円滑にできるようにすると経理の作業もスムーズに運ぶでしょう。

まとめ

経費精算システムを導入することで経理担当のテレワークが実現するだけでなく、申請者、承認者、経理担当者全員のワークフローの改善にもつながり、会社全体の業務効率と生産性の向上につながるでしょう。クラウド型の経費精算システムの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

参考『楽楽精算』国内で最も選ばれているクラウド型経費精算システム