「LINEマーケティングっていったいどうやるんだろう?」

「LINEマーケティングを任されることになったが、どんな戦略を立てればいいのか分からない」

上記のようにお考えのSNS担当者の方もいらっしゃるでしょう。そこで、今回の記事ではLINEマーケティングについて詳しくご紹介いたします。

LINEマーケティングで有効な戦略や実際の成功事例についても記載しているので、実践的な知識が身に付くでしょう。これから始めようと考えている場合はご参考ください。

LINEマーケティングとは?

現在日本において8,600万人の方が使用しており、日本の人口の68%以上をカバーしているSNSであるLINEを活用したマーケティングがLINEマーケティングです

公式アカウントやLINE広告を活用して幅広いマーケティング戦略を展開できます。

LINEマーケティング
引用元:https://www.linebiz.com/sites/default/files/media/jp/download/LINE%20Business%20Guide_202101-06_0.pdf

また、企業とユーザー同士でコミュニケーションも図っていくことが可能なので、ユーザーの意見をダイレクトに反映したマーケティングが行うことができます。

ファンを増やしていくことも容易なので非常に効果のあるSNSマーケティングが展開可能です。

LINEマーケティングで見込める効果とは?

LINEマーケティングで見込める効果は多く存在します。国内でも非常に人気の高いSNSとなっていることもあり、様々なメリットを受けた上で戦略を展開できることが強みとなっているのです。

ターゲティングもしやすく、リアル店舗と連動することも可能なため、幅広い戦略を立てることができるでしょう。

ここからは、それぞれのLINEマーケティング効果について詳しく解説していきますので、是非ご参考にしてください。

ユーザー数が多いのでアピールや集客に繋がる

LINEはユーザー数が多く、マーケティングを行うことでアピールや集客に繋げやすいということが挙げられるでしょう。

ユーザー数が多い分、公式アカウントや広告を見てもらえることが増えるため、より高い宣伝効果が見込めます。

また、ユーザーに気に入ってもらいユーザーの知り合いや友人に広がることで、さらに自社のコンテンツを見てもらえる可能性が高まります。

知り合いや友人からの口コミから自社のコンテンツが広がると、さらに多くの人の目に留まることになるでしょう。

上記のように多くのユーザーに効果的に宣伝ができるため、LINEマーケティングは人気が高まっています。

幅広い年齢層が使っているのでターゲティングがしやすい

LINEは幅広い年齢層が使っているのでターゲティングがしやすいということも挙げられます。そのため、ターゲティングにこだわってSNSマーケティングを行いたいという企業にとっては特におすすめです。

幅広い年齢層が使っている
引用元:https://www.linebiz.com/sites/default/files/media/jp/download/LINE%20Business%20Guide_202101-06_0.pdf

ターゲティングを細かく行えるため、自社の狙った層に対してしっかりと情報を配信することが可能です。より無駄なく情報を伝えられるため、高いマーケティング効果が期待できます。

また、LINEマーケティングでは今まで知り得なかった潜在層の掘り出しも可能です。自社のマーケティングに役立つデータも十分に得られることもメリットとなるでしょう。

リアル店舗と連動することも可能

LINEマーケティングではリアル店舗と連動した戦略が展開できます。

LINEの公式アカウントでは下記のような手法があります。

  • LINEメッセージでの店舗予約
  • テイクアウトの予約
  • リアルタイムでの顧客とのコミュニケーション

上記のようにリアル店舗と連携したような戦略が展開できることが魅力的です。

新規顧客やリピーターとなってくれる方と繋がれることもあるので、リアル店舗にとって利益に繋がるようになっています。したがって、店舗経営でさらなる集客を目指す企業は積極的にLINEマーケティングを行ってみましょう。

LINEマーケティングで取るべき戦略について

LINEマーケティングでは効果的な戦略を行うことでさらなる成果を得ることができます。より高い成果を得るためにも、目標を設定するところから効果測定による改善まで細かく考えて行うことが大切です。

LINEマーケティングをただ何となく行っても、満足した成果を得ることは難しくなっています。

したがって、LINEマーケティングを少しでも充実したものにしたいのであれば、綿密に戦略を練ることを意識しましょう。

フレームワークを使って明確な目標や目的を定める

LINEマーケティングでは明確な目標や目的を定めることが大切です。明確な目標や目的がないとどこかでブレてしまったり、中途半端な施策になってしまったりするからです。

そこで、フレームワークを使って、下記のようにLINEマーケティングでの明確な目標や目的を設定していくと良いでしょう。

  • 目的:何のためにLINEマーケティングを活用するのか
  • 方向性:自社のLINEアカウントをユーザーにとってどのようなものにしたいのか
  • 集客:どのようにターゲティングして集客するのか決める
  • 宣伝手法:LINE公式アカウントのみで宣伝するのか、それともLINE広告などは併用するのか
  • 配信手法:どの配信機能を使って自社の情報を配信するのか

上記のようにフレームワークを活用して、上から順にLINEマーケティングの運用方法を考えていくと良いでしょう。

ターゲット層を明確にする

LINEマーケティングを本格的に行う前にメインとなるターゲット層を明確にしましょう。

メインとなるターゲット層を想定することで、どのように戦略を立てていけばいいか分かりやすくなります。

まずは大雑把でも構わないので、下記のようにターゲット像をイメージしてみましょう。

  • 血糖値を抑えられる健康食品の販促を行いたい→30~50代くらいの中高年をターゲットと考える
  • 可愛いキャラクターのLINEスタンプの宣伝を行いたい→10~20代の若い男女をターゲットと考える

大まかにターゲット像を想定することで、どの層に自社の情報を届けるべきなのかがハッキリします。マーケティング戦略を展開する上で非常に大切なので必ず意識しましょう。

ターゲット層を元にペルソナを策定する

ターゲット層を想定することができたのであれば、次はペルソナを細かく策定しましょう。

ペルソナとは「自社の商材やサービスの購入する、あるいはファンになってくれるかもしれない架空のユーザー像」のことを指します。

上記のペルソナを策定することで、投稿内容、広告の打ち出し方などがより明確にイメージできます。そこで、具体的には下記のような形でペルソナを策定すると良いでしょう。

<例>血糖値を抑えられる健康食品の販促を行いたい

年齢:30代
性格:健康を気にし始めている慎重な性格
年収:500万円程度
家庭の状況:結婚しており、子供が1人いる
趣味:ギターなどインドアな趣味が多いが、最近ジムに通い始めた

上記のように細かくペルソナ像を策定することで、どのようにLINEマーケティングを行えばいいか分かりやすくなります。LINEマーケティングをさらに充実させるためにも、必ず細かくペルソナの策定しましょう。

LINE広告を導入する

LINEマーケティング

より充実したLINEマーケティングを行うのであれば、LINE広告を導入することを検討しましょう。

費用は掛かりますが下記のようなメリットを得ることができます。

  • 高いリーチ力があるため、顧客に効率的に情報を配信できる
  • 高い精度のターゲティングで無駄のない広告配信が可能になる
  • 広告の種類が多いため、幅広い戦略を展開できる
  • オンラインからすぐに申し込みできる上に、小額から広告を出稿できる

上記のようにLINEマーケティングを充実させることのできるメリットを受けた上で、LINEマーケティングが可能になります。

自社の予算も考慮して、ぜひ導入してみましょう。

マーケティングツールを活用して効果測定を行う

LINEマーケティングをより充実したものにするためには効果測定を行い改善することが大切となります。細かく改善していかない限りマーケティングの効果を高めることが難しいからです。

そこで、マーケティングツールを導入すると、より効率よく効果測定を行うことが可能です。視覚的にも分かりやすくなる上に、アドバイスを行ってくれるマーケティングツールもあるため非常に便利です。

また、分析だけではなく、投稿管理なども行ってくれるマーケティングツールも存在します。

したがって、よりLINEマーケティングの効率を高めたい場合は、マーケティングツールの導入を検討しましょう。

配信や分析に使いやすいLINEマーケティングツールとは?

LINEマーケティングでは配信や分析に使いやすいマーケティングツールが多く存在します。

マーケティングツールの中には顧客に自動でメッセージを送れたり、顧客管理を行えたりするツールもあるので便利です。

自社のLINEマーケティングをさらに推し進めてくれるようなマーケティングツールばかりとなっているので、積極的に導入する価値があるといえるでしょう。

そこで、ここからは特におすすめなLINEマーケティングツールを厳選してご紹介します。

Liny

Liny

Linyは3,500社以上が導入しているLINEマーケティングツールです。

LINE公式アカウントの配信・運用・管理を手厚くサポートしてくれるので、より快適な形でのLINEマーケティングを可能にしてくれます。

Linyは徹底した顧客管理や顧客に対して最適なアプローチを提案してくれるため、より自社のLINEマーケティングが有利になります。

チャットボット機能やスコアリング機能もあるため、さらに幅広い戦略を図ることも可能です。したがって、自社のLINEマーケティングの質を高めたいという場合はLinyが非常におすすめです。

AURA

AURA

AURAは、月2万円から運用が開始できる非常にコスパの良いLINEマーケティングツールです。顧客や予約の管理まで行ってくれるので、非常に使い勝手のいいマーケティングツールです。

さらに具体的な機能としては、自動でセグメントごとに情報を配信してくれる機能やbot機能の活用があります。どれも自社のLINEマーケティングをさらに効率よくしてくれる機能ばかりです。

また、AURAは外部の各種マーケティングツールや自社システムとも連携しやすい仕組みになっているため、ストレスなく導入することが可能です。

したがって、コスパが良く手軽に導入できるマーケティングツールを使いたいという場合は是非導入してみましょう。

Lステップ

Lステップ

Lステップは顧客からの反応や成約率を高めてくれる機能が充実したマーケティングツールです。

情報配信からデータ分析まで行ってくれるため、自社のLINEマーケティングがさらに便利になります。

Lステップはグルーピング機能や顧客の行動のスコアリング化も行ってくれるため、さらに自社のLINEマーケティングの効率が良くなります。さらに、データをCSV化してくれるため、データ管理も非常に手軽です。

Lステップのスタートプランでは月額2,980円からスタートできるということもあり、非常に良心的な価格となっていることも魅力的です。

まずは試験的にマーケティングツールを導入したいという場合でも安心できます。

TSUNAGARU

TSUNAGARU

TSUNAGARUは自社が持っている顧客データをAPIを通じて、より効率の良い情報を配信してくれるマーケティングツールです。

新たな潜在層へリーチできる可能性も高まるため、さらに自社のLINEマーケティングの戦略の幅を広げてくれます。

また、下記のような豊富な機能を持っていることも大きな特徴となっています。

  • セグメント配信機能
  • メッセージテンプレート作成機能
  • botチャット機能
  • セグメント抽出機能
  • キャンペーン、クリック管理機能

上記のようにLINEマーケティングに欠かせない機能が多く存在しているのが大きなポイントです。LINEマーケティングをさらに効率化させたいという場合には是非導入を検討してみましょう。

LINEマーケティングにおける成功事例とは?

多くの企業がLINEマーケティングを活用して、多くの成功事例を生み出しています。どの企業も十分に練られた自社だけの戦略を展開して成功を掴んでいることが特徴的です。

そこで、本格的に自社でLINEマーケティングを行う前に他社の成功事例を読んでおくことで、よりLINEマーケティングのイメージがしやすくなるでしょう。

ぜひ、参考例として学んでみましょう。

SUZU CAFE

株式会社コンプリートサークルが運営しているカフェチェーンの「SUZU CAFE」では2019年11月にLINE公式アカウントを開設しました。

その上で、自社のLINE公式アカウントを最大限活用したマーケティング戦略が特徴的です。

積極的にユーザーとコミュニケーションを図ることで、自社とユーザーの関係性をさらに強固なものに成功しました。

自社の新メニューやキャンペーンの情報を発信して、ユーザーに多くの有益な情報を与えることで着実にファンを増やしたのです。

他にもショップカードでポイント制を導入するなど、ユーザーのメリットに繋がる戦略を展開して、ユーザーの関心を獲得していきました。

まさに、顧客第一で考えた戦略で成功した事例といえるでしょう。

有限会社あいおい保険事務所

損害保険の代理店業務を行っている有限会社あいおい保険事務所では、2020年5月にLINE公式アカウントを設立しました。

そこで、ユーザーへの情報発信やコミュニケーションを行う戦略を展開したのです。

具体的に有限会社あいおい保険事務所は、LINEにて保険金関係の手続きを進めるようにしたことで、保険金支払いまでの期間を半分に短縮することを成功しました。

有限会社あいおい保険事務所
引用元:https://www.linebiz.com/jp/case-study/aioihoken/

実際にユーザーが被害を受けた際の写真もLINEで送れるためスピーディに保険金の相談を受けることができ、より手続きを高速化することが可能となりました。

まさに、ユーザーとのコミュニケーションを上手く活かしたLINEマーケティングの事例です。

株式会社小学館

様々な雑誌や書籍を観光している株式会社小学館では自社の主力雑誌のクリエイティブをLINE広告で配信して多くのユーザーを友だち追加することに成功しました。

巧みな戦略を展開することで自社の雑誌『Precious』のファンを獲得しています。

株式会社小学館
引用元:https://precious.jp/articles/-/25312

また、LINE公式アカウントのクリックデータを元に友だち追加を実施し、さらに広告の配信を効率化し、類似ユーザーにリーチすることで潜在顧客を掘り出しました。

その結果、LINE公式アカウントのメッセージの開封率は平均70%、クリック率は平均40%を超えるという非常に高い成果を挙げています。

上手くデータやマーケティング戦略を使いこなした成功事例となっているのが特徴的です。

東急株式会社

東急沿線を中心に展開しているスーパーマーケット「東急ストア」は顧客分析やユーザーとの関係性の向上のため、LINE公式アカウントを導入しています。

その上で、具体的なマーケティング戦略としてLINE Payを導入することで、集客から決済まで行えるようにしているのも特徴的です。

さらに、クーポンなども積極的に配信することでさらに顧客の関心度を高めることに成功しています。

上記のような巧みなマーケティング戦略により、東急ストアは下記のような成果を挙げることに成功します。

  • メールで配信していた時と比べた際に開封率が16.0%から76.4%にアップ
  • LINEのID連携を行ったユーザーの月間平均来店数が約130%に増加

まさに東急ストアのLINEマーケティングの戦略は上手く顧客の関心度を高めて、成果に繋げた成功事例といえるでしょう。

LINEマーケティングの勉強に使える本について

LINEマーケティングを学ぶ際には本で学ぶことがベストといえるでしょう。基礎からじっくりと学べる上に、実際に成果を挙げるための戦略を多く学べるからです。

実際にLINEマーケティングが初めての場合でも学べる本が多く存在するので、安心して学ぶことができるでしょう。

したがって、ここからは特に分かりやすく知識が身に付けることができるLINEマーケティングの本を厳選してご紹介します。

いちばんやさしいLINE ビジネスコネクトの教本

いちばんやさしいLINE ビジネスコネクトの教本

こちらの本では、LINEビジネスコネクトというOne to Oneマーケティングが可能なLINEマーケティングサービスを学べるようになっています。顧客に対して個別に効率的な情報配信ができることが大きなメリットです。

さらに、LINEビジネスコネクトを導入している企業の成功事例も多く載っており、実際に役立つ戦略が多く学べるのもポイントです。

より、実践的な知識やスキルを磨きたいという場合は特に必見です。

LINEビジネスコネクトを活用したい、より成果の高いLINEマーケティングを行いたいという場合は是非購入してみましょう。

LINEマーケティング

LINEマーケティング

こちらの本では、LINE公式アカウントやLINE広告を詳しく学ぶためのテクニックを多く記載しています。

基礎からじっくりとLINEマーケティングを学べるようになっているので、初めてLINEマーケティングに触れる場合でも安心です。

具体的には下記のような要素を活かす戦略を学べることが特徴的です。

  • LINEスタンプ
  • LINE NEWS
  • LINE PAY
  • Messaging API

いずれもLINEマーケティングと関わりの深い要素となっているため、読んでいくことでさらにLINEマーケティングの戦略の幅を広げることができます。

世界一わかりやすい LINE公式アカウントマスター養成講座

世界一わかりやすい LINE公式アカウントマスター養成講座

こちらの本は、LINEマーケティングで役立つ集客のコツを中心に教えてくれる内容になっています。

LINE公式アカウントの作成方法なども学べるため、初めてLINEマーケティングを学ぶ方でも安心です。

さらに、集客に効果的なメッセージの配信方法やクーポンを使った戦略も学べるため、よりLINEマーケティングを集客に活かせるようになります。

効果測定や分析の知識も磨けるため、マーケティング戦略の改善にも役立つでしょう。

上記のように集客を中心にLINEマーケティングをまんべんなく学べる本となっているので、総合的な知識を身に付けたい場合は、こちらの本を購入することをおすすめします。

LINEマーケティングは幅広い戦略設計が可能 

今回の記事ではLINEマーケティングに関する概要を詳しくご紹介いたしました。戦略の立て方や、便利なマーケティングツールについても多く記載しています。

最後に本記事の内容を簡単にまとめます。

  • LINEマーケティングは登録者数が多く、年齢層も幅広いため、マーケティングに使いやすい
  • LINEマーケティングにおける効果、戦略、成功事例をあらかじめ頭に入れておくと、運用する際のイメージがしやすい
  • LINEマーケティングを学べる本は多く存在するので、自分に合った本を選ぶ

LINEマーケティングはLINE広告なども使えるため、非常に戦略の幅が広いことが特徴的です。自社のマーケティングをさらに充実させたい場合はLINEマーケティングを検討してみましょう。