LINE WORKSとは、企業向けに作られたコミュニケーションツールのひとつです。
大手企業でも社内教育することなく使えると評判で、今や大手だけでなく多くの企業が導入しているビジネスチャットツールです。

「なんでLINE WORKSなの?」「LINEとの違いは?」

と思われる方もいらっしゃると思うので、この記事ではLINEとの違いをご紹介していきます。

  • LINE WORKSの基本的な使い方はこちら

LINE WORKSとLINEの違い

LINE WORKSLINE
ユーザー管理管理者が登録したメンバー誰とでも自由につながる
ユーザー登録方法専用のIDとパスワード個人の電話番号
データの保存禁止×
管理者向け機能監査ログ・セキュリティ設定可×
パソコンでの利用
複数デバイスでの同時ログイン
機種変更時のアプリデータ移行作業不要不要
既読確認既読数と既読済メンバーの確認既読数のみ

LINEは個人で自由に誰とでもつながることができるのに対し、LINE WORKSでは会社(管理者)がメンバーを選択・招待し、はじめて利用可能となります。

こうして比較してみると、LINEでグループを作るよりもLINE WORKSの方がセキュリティ面や複数人の管理において使いやすい機能が整っていることがわかります。

LINE WORKSでは、LINE同様にチャット機能や通話機能、スタンプ機能に加えて、掲示板、カレンダー、タスク、アンケート、アドレス帳などが使えます。

そして上位プランでは、メールやファイルの保管・共有に便利なドライブ機能も使えます。

LINE WORKSの最大の特長

LINEとの連携

LINE WORKSの最大の特長は、LINEとつながる唯一のチャットサービスだということです。

例えば、取引先の担当者やお客様がLINEでやり取りをしたい時に、お客様先はLINEで、企業側はLINE WORKSを使ってやり取りをすることができます。

また、取引先がLINE WORKSを使っている場合、もちろんLINE WORKS同士もつながることができます。

ビジネス用の優れた管理機能

LINEよりも管理機能が優れていることで、情報漏洩の防止や社内のセキュリティ管理もしっかり行えます。

例えば退職者が出た場合、仮にその退職者のデバイス内にLINE WORKSのアプリがダウンロードされた状態であっても、二度とログインすることができません。

また、誰が誰にどんなメッセージを送っているのかも確認することができるため、監査目的としての活用やトラブルの防止にもつながります。

 LINE WORKS自体のセキュリティ強度は?

LINE WORKSによって社内情報のセキュリティ強化を徹底的に行えることはおわかりいただけたかと思います。

では、LINE WORKS自体のセキュリティ強度はどうなのでしょうか?お客様や取引先企業とのやり取りをする際には、大事なデータのやり取りが発生してきます。顧客情報を守るために、LINE WORKSでは下記のようなセキュリティ対策がなされています。

最新の物理セキュリティを備えたデータセンター

想定できる様々な災害などの状況にも耐えられる堅固な建物とシステム構成で、多重構造によるデータ保護により安全にバックアップを行っています。

信頼度の高いシステム運用体制

LINE WORKSのすべての通信が暗号化されており、システム/セキュリティ専門エンジニアチームが24時間365日システムをモニタリングし、顧客データを安全に保護しています。

LINE WORKS自体も、アプリケーション内で優れたセキュリティ対策が行われているため、安心してお客様とのやり取りを行うことができます。

まとめ

LINE WORKSには、企業利用に最適な機能やセキュリティ対策がなされていることをまとめました。

  • LINE WORKSでは、LINEとの連携が可能
  • 退職者の管理やメッセージの監査機能により、情報漏洩の防止や社員同士のトラブル防止につながる
  • 優れたセキュリティ機能で安全にデータを保管することができる

LINEの利用者が年々増え続ける日本では、LINE WORKSを使う企業が増えれば増えるほど、企業間でのやり取りがしやすくなると言えるでしょう。

1か月のトライアルプランもご用意しております。まずはお試ししてみてはいかがでしょうか。