Instagram広告は、印象に残る画像や動画によって潜在層にリーチできるSNS広告です。広告らしさがないことが、ユーザーにわずらわしさを感じさせない特徴です。また、Instagram広告がユーザーに共感される理由は、ターゲティング精度が高いことです。

この記事は、企業のデジタル広告を担当する方に向けて、Instagram広告の特徴や広告の種類について解説します。自社のWeb集客で使える広告媒体を探している方は、ぜひ役立ててください。

Instagram広告とは

Instagramは、「インスタ」と略称され、2019年6月時点で日本国内において3,300万人のユーザーが利用しています。人気の理由は、スマートフォンから手軽に画像や動画が投稿できるからでしょう。

Instagram広告はそのInstagramに表示するための広告のことで、写真投稿を中心に配信されます。画像や動画の投稿に混ざって表示されるため、「広告らしくない広告」が特徴です。

キャプションがなければ、興味関心ある共通するユーザーの投稿と間違えることもあります。その理由は、Instagram広告が高精度なターゲティング機能を備えているからです。詳細なターゲティング機能により、ユーザーの属性に近づいた広告の配信ができるでしょう。

Instagram広告の種類

Instagram広告の種類では、どのような特徴があるのかご紹介します。

フィード広告は、Instagramでフォローしているアカウントユーザーが投稿する写真をスクロールすると出てくる広告です。Instagramの中でもアカウントユーザーへの露出度が高い広告となります。

ストーリー広告

ストーリーズ広告は、Instagramトップページに表示される、ストーリーズの再生中に表示される広告です。

写真広告

写真広告は、ユーザーの投稿と他のユーザーの投稿の間に表示される広告です。正方形や横型の写真広告で、静止画がキャプション表示されています。

動画広告

動画広告は、最長120秒の動画を横型や正方形で表示した広告です。動画は、広告が表示されるタイミングで自動的に再生されます。

カルーセル広告

カルーセル広告は、複数枚の静止画や動画が切り替わるスライドショー形式の広告です。ユーザーが画面をスワイプすることでさまざまな広告を表示させることができます。カルーセル広告は、1つの広告で画像や動画を10点まで配信でき、それぞれに異なるリンクを設定することも可能です。

コレクション広告

コレクション広告は、複数の製品やライフスタイルに焦点をあてたカタログ形式の広告です。ECサイトや通販事業が、カタログを案内するイメージで活用できます。

発見タブ広告

発見タブ広告は「虫眼鏡」のアイコンの発見タブをタップすると表示される広告で、最新の情報をリサーチするユーザーの興味関心に訴求する広告です。

アンケート広告

アンケート広告は、アンケート形式の広告です。アンケートになっていることでユーザーの興味関心が高まり、行動をうながす効果があります。

ショッピング広告

ショッピング広告は、表示されている広告タグから直接ECサイトへ誘導して購入を促せる広告です。著名人アカウントの投稿などで見たことがある方も多いかもしれません。身につけているアクセサリーや洋服などに広告タグがついており、それをクリックすると商品の購買ページに飛ぶ仕組みです。

ブランドコンテンツ広告

インフルエンサーとして影響力のある人気インスタグラマーなどが主に配信する広告です。インスタグラマーが作成した投稿などを企業が広告として利用できるもので、レストランやホテルなどを紹介し、そこに「行ってみたい」と思うファンに向けたタイアップ広告などもこれにあたります。

Instagram広告のメリット

Instagram広告のメリットは、高い精度でターゲティングが設定できることです。Instagramでは、フォローしているアカウントが「いいね!」した投稿をタイムラインに流しません。そのため、自分の好きな情報だけを表示させられる、パーソナライズ性の高さがあります。

そのため、興味関心の高いユーザーに身近に捉えてもらえ、敬遠されない広告を打つことが可能です。Instagram広告が広告らしくないのは、このような詳細なターゲティング設定によるものなのです。

Instagram広告のデメリット

Instagram広告のデメリットは、シェア機能がないことです。登録ユーザーの興味関心によって広告が表示されますが、気に入った画像投稿などをシェアできないため、拡散力が弱くなります。

また、画像や動画を挿入しなければ出稿できないルールとなっています。そのため、テキスト広告による訴求はできません。広告を出稿するには、画像や動画が必要となることを押さえておきましょう。

Instagram広告の課金方式

Instagram広告の課金方式を3つ紹介します。Instagram広告の課金方式は、ほとんどがCPM(インプレッション課金)です。

CPMは、1,000回の広告表示を段階的に課金する方式です。もう1つのCPC(クリック課金)では、目的が「トラフィック」や「アプリインストール」、「カタログ販売」の場合、インプレッション課金と並行した課金となります。

ThruPlay(動画再生課金)は、Instagram広告の動画広告に特化した課金方式です。ThruPlayは、15秒以上の動画に対して課金されます。検討段階のユーザーに対して、インプレッション課金と並行して課金される仕組みになっています。

Instagram広告を出稿する流れ

ここでは、Instagram広告の出稿を、流れにそって解説します。

広告出稿前の準備

Instagram広告を出稿するためには、次の準備が必要です。

・Facebookアカウント

・Facebookページ

・Instagram広告配信用コンテンツとなる画像や動画

・決済方法

FacebookページとInstagramアカウントの関連づけ

最初にやるべきことは、FacebookページとInstagramアカウントの関連づけです。アカウントリンクは、どちらからでも問題ありません。

次に、Facebookページの「設定」を選択します。ここでは左カラムにある「Instagram」を選びましょう。

「FacebookでInstagramを管理」内の「Instagramにリンク」項目の右側にある「アカウントをリンク」ボタンをクリックします。すると、アカウントによるログインが可能です。

次に、Instagramアカウントのプロフィールページの「設定」を選択します。その後、「アカウント」から「リンク済みのアカウント」へ移動しましょう。

「リンク済みのアカウント」から「Facebook」を選択して、Facebookページにログインすれば、アカウント同士の関連づけが完了です。

広告アカウントの作成

Facebookページから「広告アカウント」の作成を行います。

まず、Facebookページで「ビジネス設定」を表示します。左カラムから「広告アカウント」を選択して、「+追加」をクリックし、「新しいアカウントを作成」を選択しましょう。

広告アカウント名を入力することで広告アカウントの作成が完了します。ちなみに、広告アカウントを追加するときには「権限」がビジネス管理者になっていることが必要です。

目的を選んで広告の入稿

続いて、「マーケティングの目的」の選択をします。「目的」となる項目は次の通りです。

・認知:ブランド認知度アップ

・認知:リーチ

・検討:トラフィック

・検討:エンゲージメント

・検討:アプリのインストール

・検討:動画の再生数アップ

・検討:リード獲得

・検討:メッセージ

・コンバージョン:コンバージョン

・コンバージョン:カタログ販売

・コンバージョン:来店数の増加

次に「広告マネージャ」に移動して、「キャンペーン」タブの「+作成」をクリックします。

「新しいキャンペーンを作成」をクリックしてから、先ほど紹介した「マーケティングの目的」を選択します。

ターゲットの設定

目的を選択したら、次に行うのがターゲット設定です。「オーディエンス」の設定をして、「ターゲットとなる選択すべき人」を絞り込みましょう。このような属性を絞り込むことができます。

・年齢

・性別

・地域、居住地

・言語

「詳細ターゲット設定」では、ファイナンスやライフイベント、交際ステータスなども設定できます。さらに、「興味関心」や「行動」までターゲティングに反映させることが可能です。

オーディエンス設定では、オーディエンスサイズを参考にして広告配信のターゲット範囲を調整できます。ターゲット層が広いと「オーディエンスが少々広すぎます」と指摘されるため、簡単に調整と最適化が可能です。また、潜在リーチ数も自動的に表示される仕組みとなっています。

広告の配信先の設定

続いて、広告を表示する場所の選定をします。フィード広告の場合は、4つの場所で表示できます。

・Facebook

・Messenger

・Instagram

・Audience Network

予算と掲載する期間の設定について

広告を掲載する期間の設定では、「1日の予算」か「通常の予算」の2つを選択可能です。1日の予算を入力すると、自動的に1週間あたりの予算が算出されます。消化金額が設定した予算に到達することによって広告配信が停止する仕組みです。

広告クリエイティブの作成

広告クリエイティブの作成では、「アイデンティティ」を設定します。

「アイデンティティ」の設定には、アカウントの選択が必要です。広告配信に活用するアカウントをFacebookページにするか、それともInstagramアカウントにするか選びます。

広告形式の選択では、自社のビジネスに適した広告を選びます。これで出稿までの流れが完了です。

まとめ

Instagram広告の出稿方法の流れを解説してきました。Instagram広告の特徴は、ターゲティングの精度です。詳細なターゲット設定により、ユーザーは投稿に紛れた広告に共感を持つことになるでしょう。ぜひ試してみてください。