テレビCMで「無料で掲載できる」と聞いて、Indeedでの広告運用を考えている企業は多いのではないでしょうか。

今回は、Indeedの広告について、詳しい掲載料や、メリット・デメリットを紹介していきたいと思います。

Indeedとは

Indeedとは、世界60か国以上で利用されている、求人検索型エンジンです。

求人サイトと勘違いしている方もいますが、求人サイトではなく、インターネット上の様々な求人情報を検索することができるWebサイトとなっています。

検索エンジンはGoogleやYahoo!などと同じですが、Indeedは求人情報に特化していて、ハローワークの求人情報などもクローリングして掲載していますので、一般的な求人サイトと比較すると、求人数が圧倒的に多いことが強みと言えるでしょう。

Indeedの求人掲載プラン

Indeedで求人を掲載する際、無料掲載(オーガニック広告)と有料掲載(スポンサー広告)の2つのプランから選ぶことができます。

無料掲載は、0円で掲載が可能となりますが、有料掲載の方が掲載順位は上になる仕組みなので、サイトを閲覧しているユーザーの目に留まりやすくなるでしょう。

無料掲載から始めても、より上位に掲載したいという場合は、有料掲載に切り替えることが可能です。

Indeed有料掲載の料金形態と掲載順位の仕組み

Indeedで有料掲載する際は、「クリック課金型」を利用します。

クリック課金とは、掲載した自社の求人を、ユーザーが1クリックするごとに掲載費用が発生する仕組みです。

掲載順位は、オークション形式で決まり、クリック単価は15円~1,000円での設定が可能となっています。

オークションの際に、自社の設定単価が他社よりも高かった場合は、掲載順位が上の掲載枠を入札することができるので、上位に求人を掲載することが可能です。

しかし、設定価格が他社よりも低かった場合は、上位の掲載枠を入札することができないため、他社の掲載よりも下位に掲載される可能性が高くなります。

ただし、Indeedでは、ユーザーが検索したキーワードに関連した求人を上位に掲載される仕組みですので、設定金額が高い求人が、必ず上位に掲載されるわけではありません。

設定金額が他社よりも高く、上位の掲載枠を入札できた場合でも、ユーザーが検索したキーワードが含まれていない求人は、上位掲載されませんので、注意が必要です。

Indeed有料掲載のクリック単価相場

クリック単価は、掲載したい求人の職種や業種、募集エリアなどによって異なりますが、おおよその相場は50円~350円と言われています。

しかし、競争が激しい業種などの場合は、その分クリック単価も上がっていくことになるでしょう。

専門職のIT企業や医療職などは、クリック単価が少し高めになりますが、基本的には300円以内で設定することが可能です。

Indeed広告を利用する際のメリット

ここからは、実際にIndeedで求人掲載する際のメリットをご紹介していきます。

無料で始められる

無料掲載であれば、広告費などの費用は一切かからず、無料で運用することができます。

アカウント開設をすれば簡単に求人を掲載することが可能ですので、まずはメールアドレスを登録してアカウントを作成し、求人情報の登録をしていきましょう。

費用対効果が高い

Indeedでは、様々な求人を検索することができるので、求職者も多く集まります。

そのため、Indeedに求人を掲載していると、求職者からの応募は増えていくでしょう。しかし、先ほども説明したように、十分な効果を得るためには無料ではなく、有料掲載する必要があります。

Indeedではクリック課金を利用しており、クリックされた時のみ費用が発生するので、無駄な広告費が発生することはなく、高い費用対効果が見込めるでしょう。

結果がすぐに可視化できる

管理画面で、広告の表示回数やクリック数を簡単に確認することができ、結果を見て改善する部分があればすぐに修正することが可能です。

予算の管理がしやすい

クリック単価の上限や、1か月の予算設定などを、キャンペーン設定画面で簡単に管理することができます。

予算を超えてしまうなどの心配もなく、安心して運用することができるでしょう。

Indeed広告を利用する際のデメリット

続いて、Indeedで求人掲載する際のデメリットをご紹介していきます。

無料掲載だと求人が埋もれていく

無料掲載で上位に掲載することができると、クリック数も集まりやすくなりますが、新しい情報の方が上位に掲載されることになりますので、時間が経つにつれて、掲載順位は下がってしまいます。

運用成果を出したい場合は、有料掲載がおすすめです。

求人広告のノウハウが必要

Indeedで求人掲載をする際、掲載方法の選択や、掲載後の運用で効果を出すことが、最も重要となります。

求人広告のノウハウがなければ、費用を無駄にかけてしまう場合や、求人掲載の設定がうまくできないなどの問題が発生してしまいますので、注意しましょう。

まとめ

ここまで、Indeedで広告掲載する際の仕組みやメリット・デメリットを解説させていただきました。

Indeedは、他の求人サイトよりも低予算で出稿することができます。

無料掲載と有料掲載のどちらが、自社の運用に適しているかなどをしっかり考えて、Indeedでの広告運用を始めてみてはいかがでしょうか。