Webマーケティングにおいて活用されることの多い「インプレッション」という言葉を知っているかどうかで,Web広告の成果が大きく変化します。まずはインプレッションの正しい意味を理解しましょう。インプレッションを増やす方法や評価方法を知らなければいけません。

この記事ではインプレッション数の増やし方や評価方法まで解説してきますので、Web広告活用の参考にしてください。

Webマーケティングにおけるインプレッションとは?

Webマーケティングで必ずおさえておきたい用語のひとつになるのがインプレッションです。しっかりと意味を理解しておきましょう。

インプレッションの意味

インプレッション(imp)とは、Web広告が画面上に表示された回数を示します。ユーザーが何回その広告を目にしたかという指標です。

インプレッション数が増えたことは、それだけ数多くのユーザーにWeb広告が認知されたことになりますので、自社商品やサービスに対する認知度も高まっていると判断することも可能です。

インプレッションとPVの違い

インプレッションとよく似たマーケティング用語に「PV(ページビュー)」があります。

PVとは、特定のWebページがディスプレイに表示された回数です。広告はWebページに設置するため、インプレッションとPVはどちらも同じような意味に見えてくるでしょう。

しかしインプレッションとPVには明確な違いがあります。

PVはユーザーがみた回数を示します。

1つのWebページ1種類の広告を掲載すると、そのユーザーが見たのは1PV・1インプレッションです。

一方、1つのWebページ3種類の広告を掲載すると、1PV・3インプレッションになります。

PV数が同じでも広告の掲載数によってインプレッションが変わることについて理解しておきましょう。

近年は1ページに掲載する広告の数が増加傾向にあります。

1ページに対して1つの広告を掲載することが当たり前だった以前と比べ、現在は1ページに複数の広告を載せることが多いですので、1PVあたりのインプレッション数は多くなります。

インプレッションとリーチの違い

リーチとは、掲載した広告を実際に見たユーザー数を表す言葉です。1種類の広告が掲載されているWebサイトに、あるユーザーが3回訪問し、3回その広告を目にしたと仮定しましょう。

このとき広告が表示された回数は3回なので3インプレッションになりますが、同じユーザーが同じ広告を目にしているのでリーチ数は1回です。

インプレッション数広告が表示された回数
PV(ページビュー)数閲覧されたページ数
リーチ数広告を見たユーザー数

このようにリーチはユーザーを重複しないように数えます。

広告を実際に見た正確なユーザー数を把握するための指標になるため、この違いについてしっかり理解を深めてください。

インプレッションリーチPV

なぜWebマーケティングでインプレッションが重要なのか?

Webマーケティングにおいてインプレッションは重要な要素になります。インプレッションが重要な理由は、CVRやCTRの計算に欠かせない基準値になるからです。

CVR(コンバージョン率)広告の表示回数に対する成約(コンバージョン)数の割合を示す指標。
コンバージョン数÷インプレッション数×100
数値が高いほど成約率が高くなる
CTR(クリック率)広告の表示回数に対するクリック数の割合を示す指標。
クリック数÷インプレッション数×100
数値が高いほど広告がたくさんクリックされたことを示す

CTRは成果に結び付けるための一つの目標にもなるため、どちらの指標も欠かせません。必要不可欠な指標を計算するためには、その基準値であるインプレッション数が重要になることがわかるでしょう。

インプレッションの計算式と具体的な事例

インプレッションの意味が理解できた後は、その計算方法と具体的な数値の理解を深めていきましょう。

インプレッションの計算方法

インプレッション数は次のように計算します。

インプレッションの計算方法

上記の計算式の通り、1ページに掲載する広告数が増えるほどインプレッション数は高まります。インプレッション数を増やそうと広告の量を膨大に増やし、コンテンツの視認性を低下させてはいけまえん。

コンテンツ(記事や画像など)の内容がWebページの価値を決める要素になりますので、多数の広告でコンテンツを阻害しないように注意が必要です。

インプレッションを計算する具体例

上記の計算式を使って具体的な数値を算出してみましょう。

たとえばAさんが1種類の広告を掲載してあるWebページを1日に5回見たとします。

計算式にあてはめると、「PV5回×広告掲載数1個」になるため、インプレッション数は5回です。

今度は上記と同じ条件で広告の種類のみを変更し、1日に3回広告内容が切り替わるように設定しました。

すると「PV5回×広告掲載数3個」となり、インプレッション数は15回と計測できます。

Web広告のインプレッション数を増やすコツ

基本的にインプレッションが増えるほどユーザーが広告を目にする機会が増えるため、コンバージョンやクリックに至る可能性を高められます。 ここではWeb広告のインプレッション数を増やすコツを解説します。

広告予算を増やす

リスティング広告やディスプレイ広告では、設定した広告予算に広告掲載費がおさまるよう自動的に広告の表示・非表示がコントロールされています。広告予算が少ないほど機会ロスのリスクが高まる設定です。

よって広告予算を増額することで本来非表示になる予定だった枠に広告が表示され、インプレッション数を増やすことができます。

ただし不用意に広告予算を増やしても、成約の可能性が低いユーザーに広告表示が集中すると期待した成果は得られません。

適切なターゲットにインプレッションを集中させることを考える必要があります。

入札単価を上げる

広告の掲載順位や表示場所は入札単価によって決まります。より高額な入札単価を提示するほど上位や目立つ位置に広告が表示されるため、インプレッション数を増やすことができます。

入札単価を増やす場合も、広告予算を増額するときと同様に検索キーワードを絞り込んでから行ってください。

スモールキーワードに絞り込むことで入札単価の平均値を引き下げられることができます。

検索キーワードを絞る

Webマーケティングでは、「質の高い」インプレッションを増やすことが大切です。

質の高いインプレッションとは、適切なターゲットに広告が表示され、成約に結び付きやすいインプレッションを意味します。

仮にビッグキーワードばかりを設定している場合は、ライバルが多いためより高額な入札単価を提示する人が広告掲載の権利を得ることが可能です。

またビッグキーワードから想定できるニーズは複数あり、特定のターゲットやペルソナに訴求できないこともあります。

そこでスモールワードに目を向けることをおすすめします。

「東京 ラーメン 豚骨」といったようにキーワードを絞り込むことで、ユーザーのニーズが明確になり、自社が求める特定のターゲットにアプローチが可能です。

広告の質を高める

広告の掲載順位や表示位置は入札単価によって決まるとお伝えしましたが、もう一つ重要な要素があります。

それが広告の品質です。

たとえ高額な入札単価を提示しても、広告の品質が低いとみなされると広告は有利な位置に表示されません。

広告の品質は推定クリック率やCTRの実績などによって評価されます。

クリック率が品質に大きく影響するため、ターゲットを明確に絞り、そのニーズに応じたキャッチコピーや概要文を考案することが大切です。

ターゲット設定を見直す

リスティング広告やディスプレイ広告では、広告を配信する地域やタイミングなどを細かく設定できます。

設定が細かいほど特定のユーザーに刺さりやすくなりますが、広告表示のタイミングが限定される点には注意が必要です。

あまりにも限定的な設定を行うとインプレッション数が減少する恐れがあります。

ターゲット設定の影響でインプレッション数が下落していると感じたときは、少し緩めの設定に見直しましょう。

インプレッションを適切に評価するために

ここまでインプレッション数を増やす方法を解説しましたが、インプレッション数が多いからといって高いCVRやCTRに結び付くわけではありません。

インプレッション数が多くても、広告を掲載する媒体のメインユーザーと広告のターゲットがずれていると効果は期待できないので注意してください。

CVRやCTRに結び付く、質の高いインプレッションだと適切に評価させる方法を説明します。

インプレッション数の目安となる平均値

インプレッションを評価するには目安となる平均数があると便利ですが、インプレッションにはそれがありません。

インプレッション数は入札単価や1ページあたりの広告掲載数などで大きく数値が変化するからです。

そこで利用できるのが、CVRやCTRを基にインプレッションの評価を行う方法です。

どちらもインプレッションあたりの成約率・クリック率を表すため、CVRやCTRが高い水準であるほどインプレッションを評価できます。

CVRやCTRを基準にインプレッションを評価

CVRやCTRが高いことは、広告が有効に表示されていることを示します。

インプレッション数10万回でクリック数が5,000回(CTR5%)のケースよりも、10万インプレッションで1万回クリック(CTR10%)された広告のほうが1インプレッションあたりの価値が高い計算です。

それぞれの目安としてはCVRが1~2%、CTRは1%が平均的な基準値です。

広告を掲載する媒体によって異なりますので一概には言えませんが、CVRやCTRを意識することでインプレッションを評価することができます。

フリークエンシーを基にインプレッションを評価

フリークエンシーとは、ユーザー1人に対して同じ広告が表示される頻度です。同じ広告を何度も目にすることでユーザーの印象に残りやすくなります。

Google広告やYahoo!広告では「フリークエンシーキャップ」を調整することで同ユーザーへの表示回数を制限することが可能です。

このフリークエンシーもインプレッションを評価する指標のひとつになりますが、適度な調整が難しいという性質を持っています。

フリークエンシーの目安は現在でも定まっていません。

広告の表示回数が多くても、フリークエンシーの数値が高く、かえってユーザーに飽きられては質の高いインプレッションと評価することは難しいです。

CVRやCTRといった確かな目安を基準に、継続的にインプレッションとフリークエンシーのバランスを整えるようにしましょう。

ビュースルーCVを基にインプレッションを評価

インプレッションのより質の高い評価を行うには、ビュースルーCVを参考にするのも方法です。

ビュースルーCVとは、初回に表示された広告をスルーしたユーザーが、次回以降のインプレッションによってコンバージョンに至った回数を表します。

一度表示された広告でクリックや成約に至らないケースは多々あるため、その時点ではインプレッションを正しく評価できません。

一方、広告を複数回表示してようやく成約に至る、すなわちビュースルーCVが計上されたとき、そのインプレッションは価値があるものだと判断できます。

正確にインプレッションを評価するには、CVRやCTRと共にビュースルーCVも計測することが大切です。

Web広告でインプレッション数を確認する方法

Google広告やYahoo!広告でインプレッション数を確認する方法を紹介します。

Google広告(旧アドワーズ)の場合

Google広告の場合、次の手順でインプレッション数を確認することができます。

  1. 管理画面右上の「レポート」アイコンをクリック
  2. 「レポート」アイコンの中にある「レポート」を選択
  3. 「事前定義レポート」にある「すべて表示」を選択
  4. 「検索キーワード」カードを選択
  5. レポートが表示されるので「表示回数」の欄を参照

管理画面右上にある「レポート」アイコンをクリックしてください。

「レポート」アイコンをクリック

その中にある「レポート」を選択します。

「レポート」を選択

事前定義レポートを選択できる画面に移動しますので、画面右の「すべて表示」を選択します。

「すべて表示」を選択

一覧で表示されたカードの中から、「検索キーワード」を選びます。

「検索キーワード」を選ぶ

するとレポート画面が表示されます。

「表示回数」という項目があるのでインプレッション数を確認しましょう。

「表示回数」という項目がある

Yahoo!広告(旧プロモーション広告)の場合

Yahoo!広告の場合、次の手順でインプレッション数を確認することができます。

  1. 管理画面の「キャンペーン管理」をクリック
  2. 確認したいキャンペーンを選択
  3. 画面下部のレポートから「インプレッション」の欄を参照

管理画面から「キャンペーン管理」をクリックしてください。

「キャンペーン管理」をクリック

次に指標を確認したいキャンペーンを選びます。

確認したいキャンペーンを選ぶ

画面右下にレポートが表示されるので、「インプレッション数」の項目から数値を確認しましょう。

「インプレッション数」の項目から数値を確認

それぞれの広告でインプレッションの数を確認することができます。毎日細かくすることも大切ですが、定期的に数値をチェックしておくことをおすすめします。

そうすることで最適な広告表示を行うことが可能です。

インプレッションなどの指標を正しく理解しながら広告運用を

Web広告がディスプレイ上に表示された回数を意味するのがインプレッションです。Webマーケティングでは、インプレッション数でCVRやCTRを計算できるため、非常に重要な指標と言えます。

ただし広告は表示回数が多ければよいわけではなく、質の高いインプレッションを意識することが大切です。今回お伝えしたように、CVRやCTRなどの指標を基に正しくインプレッションを評価してください。

質の高いインプレッションを確保することができれば、広告の成果が高まります。インプレッションの意義や評価方法を正しく理解することで、ビジネスチャンスを掴むことができます。

Twitterのインプレッションについては「インプレッション ツイッター」を参照