Twitterは今や単なるつぶやきではなく、集客として利用している人も多くなっています。

「インプレッション」と「エンゲージメント」は、ツイートごとに細かく分析ができますが、それらについて理解を深めると、マーケティングにおけるツイート効果を高められます。

今回は、インプレッションとエンゲージメントについて徹底解説していきます。併せて、エンゲージメントをあげる秘訣もお伝えするので戦略を立てる際に参考にしてみてくださいね。

Twiterのインプレッションやエンゲージメントとは?

インプレッションとエンゲージメントについて分かりやすく解説

結論から言えば、インプレッションはユーザーにツイートが表示された回数、エンゲージメントはユーザーがツイートを見てなんらかの行動をとった回数です。
それぞれより詳しく解説していきます。

Twitterのインプレッションについて

ツイッターのインプレッションとは、ユーザーがツイートを見た回数のことを指します。インプレッションは言わばウェブサイトのPV数と同様です。

具体的には、ツイッターのタイムライン上に表示された回数ですので、「本当に観覧されているかは分からない」といった欠点があります。

Twitterのエンゲージメントについて


エンゲージメントは、Twitter上でユーザーがツイートに対して行動をしたことを指します。「エンゲージメント総数」と表示されていて、下記の内容を把握できるようになっているのです。

メディアエンゲージメントツイートされた動画・画像のクリック回数
リンクのクリック数ツイート内に記載したURLをユーザーがクリックした回数
いいね・リツイート・返信の数各ツイートに対する「いいね」や「リツイート」「返信」の回数
プロフィールのクリック数ユーザーがプロフィールをクリックした回数
ハッシュタグのクリック数ツイート内にあるハッシュタグをクリックした回数
詳細のクリックリツイートなどのコンテンツがクリックされた回数

Twitterのエンゲージメント率について

エンゲージメント率とは、エンゲージメントの数からインプレッションの数を割ると算出されます。

エンゲージメントの数 ÷ インプレッション = エンゲージメント率

エンゲージメント率でなにが分かるのかというと、ユーザーの関心や共感度が明確になります。インプレッション(観覧される回数)は多いのに、リツイートやいいね、コメントがほとんどない状態はユーザーの心に刺さっていない可能性が高い状態です。

エンゲージメント率が高いツイートは、より多くの人が共感してくれていることが分かります。

Twiterのインプレッションやエンゲージメントの違いとは? 

インプレッションとエンゲージメントの違い

Twitterのインプレッションは、ユーザーがツイートを見た回数で、エンゲージメントはユーザーがツイートを見た上でいいねやリツイートなどの行動をした回数を指します。

インプレッションは、ユーザーのタイムラインに表示された回数を指しているので、目に留まっているのかまでは把握しきれません。

しかしエンゲージメントは動画を視聴したり、画像をクリックしたりと行動に移っているので確実にユーザーの目に留まっていることが分かります。

Twitterにおけるエンゲージメント率の調べ方について 


ここからは、Twitterにおけるエンゲージメント率の調べ方をまとめていきます。
まずは、簡単に調べられる方法をお伝えします。

エンゲージメント率の調べ方

ツイート上の右下にある三本線マークをクリックします。

ツイートアナリティクス

ここでは、下記の5つの項目を調べることができます。

  • インプレッション
  • エンゲージメント総数
  • リンクのクリック数
  • いいね
  • リツイート

次に、もっと詳しく調べる方法をまとめたので実践してみましょう。

「もっと見る」の項目をクリック

「もっと見る」の項目をクリックします。

アナリティクスの項目をクリック

アナリティクスの項目をクリックすると詳細が表示されます。

ツイートに対してさまざまな数値を把握できる

上記の画面では、ツイートに対してさまざまな数値を把握できます。

Twitterにおけるインプレッションやエンゲージメント率の平均はどのくらい?

 
インプレッションやエンゲージメント率の平均が分かれば、自分のツイートがユーザーの好感を得ているのかが明確になります。
ここでは、インプレッションとエンゲージメント率の平均をそれぞれお伝えするので参考にしてみてください。

Twitterにおけるインプレッションの平均

Twitterにおけるインプレッションの平均は、フォロワー数の2倍と言われています。たとえば、1,0000人のフォロワーがいる場合は、2,000回前後のインプレッションが平均的です。

Twitterにおけるエンゲージメント率の平均

Twitterにおけるエンゲージメント率の平均は、4%です。

フォロワー数エンゲージメント率
1000未満8%
1000~1万4%
1万~10万2.4%
10万以上1.7%

この数値は、企業とクリエイターのマッチングサービスを提供している「株式会社エキスパートスタッフ」の調査結果に基づいています。

実際に、ツイートを見てみると5%を目指している人が多いようです。

Twitterでエンゲージメント率を上げるコツとは?


エンゲージメントとインプレッションの仕組みが分かってもその2つを高められなければあまり意味がありません。ここからはコツを紹介していきます。

最低でも1日に1回は投稿する

エンゲージメント率を高めるには、ツイート回数を増やすことが重要です。ユーザーの目に入ってくる回数が増えれば、存在感も出てくるのでユーザーの心を掴める可能性が高くなります。

最低でも1日1回は投稿するように心がけましょう。

ツイートは100文字程度で読みやすさを心掛ける

よく読まれているツイートは、100字以内で簡潔にまとめられています。タイムラインで上がってくるツイートは、一言程度で文字数が極めて少ない傾向があります。

これは、長文だと読むのに疲れてしまい、関心の低い人には刺さらないどころか逆効果になってしまうケースが多いためでしょう。

そのため意識的に100文字ほどにまとめるとそれだけで目に留まる可能性が上がります。

画像や動画と共にツイートする


Twitterは、画像や動画を一緒に投稿することで、タイムラインの上位に表示されやすくなります。上位に表示されるとより多くのユーザーの目に触れるので、エンゲージメント率も高くなるはずです。

また、ユーザーにとって文字だけより、画像や動画が付いている方が目に留まりやすいのでインパクトのある画像や動画も一緒に投稿をしましょう。

反応しやすい時間帯や曜日を狙ってツイートする


投稿日や投稿時間は、エンゲージメント率を高めるために重要な要素です。

Twitter上でアクティブユーザが最も増える時間帯は、21~22時と言われています。

この時間帯に投稿することで、ユーザーの目に触れる機会が増えるはずです。ウェブ版のTwitterにアクセスすれば、「予約投稿機能」が使えるので、予めツイートをセットしておくと便利です。

来たリプに対して必ず返信する


リプライされたら100%返信をするようにしましょう。リプライとは、通称「リプ」と呼ばれており、ほかの人のツイートに上乗せしてツイートをすることを指します。

リプをすることで、多くのユーザーの目に触れるのでフォロワーを増やすために欠かせません。
反対に、自分のツイートをユーザーがリプしてくれた場合は確実に返信をして信頼関係を築きましょう。

親しみやすさを演出する


人は、「親しみやすい人」と認識すれば受け入れてくれます。たとえば、コメントに丁寧に返信をしていたり、リプ返をしたりといった人柄を見ている人も多いでしょう。

人として親しみがあり、親近感が湧くような演出をしてみてくださいね。また、ECサイト運営者であれば販売したい商品の画像を添付するかと思います。

その際に、商品の単品画像を添付するのではなく、日常的に使っている画像を投稿した方が良いでしょう。
ユーザーにとってどのようなシーンで使うべきなのかが明確にイメージできるので興味を持ってもらいやすくます。

画像を添付する場合は、縦360×横640ピクセルにするとスマホとPCどちらにも見栄えよく表示されます。

利用者の多いTwitterをマーケティングツールとして導入しよう

今回は、Twitterのインプレッションとエンゲージメントについて解説しました。最後におさらいをしましょう。

  • インプレッションはユーザーにツイートが表示された回数
  • エンゲージメントはユーザーがツイートを見て「いいね」や「リツイート」などの行動をした回数
  • エンゲージメント率は、インプレッション÷エンゲージメントで算出できる
  • エンゲージメント率を高めるには、定期的に投稿し、ユーザーとの距離を縮めることが大切

Twitterは4,500万人以上のユーザーに利用されており、企業のマーケティングにおいて早めに導入すべきツールのひとつ
本ページでご紹介したコツを実践して、エンゲージメント率アップにつなげましょう。