会社のホームページやブログのアクセス解析をしたい場合に便利なツールと言えば、Googleアナリティクスです。Googleアナリティクスは、無料でたくさんの機能を使用でき、誰でも分析しやすいことから重宝されています。

この記事では、Googleアナリティクスの利用経験がないWebマーケティング担当者向けに、Googleアナリティクスの概要と導入方法について解説します。

Googleアナリティクスとは?

Googleアナリティクスとは

Googleアナリティクスとは、Google社が無料で提供をしているアクセス解析ツールのことです。


閲覧データや購買データなどのあらゆる機能が充実しているため、ビジネスシーンで集客分析をしたい場合に役立ちます。ユーザーがどのような検索ワードから会社のホームページやブログに辿り着き、どのページを閲覧していくら分が売上につながったのかなどを、事細かく分析することが可能です。


無料でたくさんの機能を使えることがGoogleアナリティクスの最大の特徴ですが、データの計測ができる「データ数」は無料版では限られていますので、必要に応じて有料版に切り替えると良いでしょう。

また、Googleアナリティクスの使用者が非常に多いことから、インターネットや書籍にて最新の情報を入手しやすく、困った時に問題が解決しやすいです。

Googleアナリティクスの初期設定はとても簡単

Googleアナリティクスの初期設定はとても簡単です。

まずはGoogleアカウントを取得します。既にGoogleアカウントを持っている方なら、既存のアカウントでも使用可能です。アカウントを取得できたら、今度はアナリティクスのアカウントも作成しておきます。

その後、アカウント設定や測定の対象選択、プロパティの設定などを行い、トラッキングコードを設定すれば導入は完了です。トラッキングコードが設定できたら、きちんと計測できているか確認すると良いです。

なおGoogleアナリティクスの登録方法や設定方法については、別の記事でさらに詳しくご紹介していますので、ぜひそちらも参考にしながら設定してください。

Googleアナリティクスの登録方法>>

Googleアナリティクスの設定方法>>

Googleアナリティクスで何ができるの?

Googleアナリティクスで何ができる

Googleアナリティクスで会社のホームページやショッピングサイト、ブログのアクセス解析をすることで、様々なデータを取得して集客分析ができるようになります。Googleアナリティクスでは、どのようなデータを収集しているのかを詳しく解説していきましょう。

サイト閲覧数の把握

Googleアナリティクスでは、ホームページやブログの閲覧数を

  • PV(ページビュー)数
  • セッション数
  • ユニークユーザー数

の3つの項目で収集しています。

PV数

PV数を調べることで、1日にどれくらいの人が自社のホームページ・ブログに訪れているかを知ることができます。同一ブラウザからの2回目以降のアクセスもPV数にカウントされますので、人気のある記事を探す時に役立つデータです。

セッション数

ホームページまたはブログに訪れてから、そのページを離れるまでの流れを1セッションとしてカウントするのがセッション数です。セッション数は、分析指標で重要な項目の1つとされています。

ユニークユーザー数

ユニークユーザーとは、同一ブラウザからのアクセスでその日に何度訪れても1人として扱う指標です。1日に同じブラウザまたは端末から3回ホームページにアクセスした場合、PV数は3としてカウントされますが、ユニークユーザー数は1としてカウントされます。

ユーザー属性の分析

ユーザーレポートでは、

  • セッション
  • ユーザー
  • PV数
  • ページ/セッション
  • 平均セッション時間
  • 直帰率
  • 新規セッション率

の7項目からユーザー属性の分析が可能です。

ユーザーレポート

セッション

ユーザーがホームページに訪れてからホームページを閉じるまでの流れを1セッションとして数えます。
ユーザーが何回ホームページに訪れているか知りたい時に見ましょう。

ページ/セッション

1セッションあたりに何ページが閲覧されたかを見る項目です。

PV数

ホームページ内の記事がどのくらい表示されたのかを知りたい時に見る項目です。

ユーザー

ホームページに訪れたユーザー数です。何人がホームページに訪れているのか知りたい時に見ましょう。ユニークユーザー数は、同一ブラウザからのアクセスは1カウントとして扱うので、詳しいユーザー数を知りたい時にはユニークユーザー数をチェックしてください。

セッション/ユーザー

1ユーザーあたりどのくらいのセッションがあるかを分析できます。

新規ユーザー

ホームページを訪れた新規ユーザー率を知ることができます。新規ユーザーの推移を確認したい時に見ましょう。

直帰率

ホームページを訪れたユーザーが、トップページだけを見て離脱してしまう行動のことを直帰と言い、その割合を表す指標です。

平均セッション時間

1セッションの平均時間を知ることができます。

流入元の分析

流入元の分析

集客レポートでは、ホームページに訪れたユーザーが検索・リンク・広告などどこから来たのかを細かく分析できます。SNSやメール、URLからの直接訪問など項目別に何人が訪れたのかをチェックしたい時に便利です。

流入元の分析をすることで、集客施策に役立てられます。SNS(Social)からの流入が多い場合には、SNSでの集客をより強化するなど対策ができますので、流入元の分析結果に応じて施策を行いましょう。

新規とリピーターの分析

ホームページに訪れたユーザーのうち、新規とリピーターの割合を見ることができます。その数値が高いほど新規ユーザー数が多く、新規ユーザーの割合が少ない場合にはリピーターが多いとなります。新規とリピーターの分析がしたい場合には、新規顧客とリピーターの項目をチェックしてください。

新規とリピーターの分析
新規ユーザーが93.58%/リピーターが6.42%

ユーザーの行動の確認

行動レポートでは、ユーザーがどのような行動をしているのかを確認できます。そのページにどのくらいの時間滞在していたのか、直帰率や離脱率・ページの価値率などをこの項目で知ることができます。

ユーザー行動確認

ライティングページごとに、ユーザーがどのような行動をしているのかを分析できますので、ユーザーがどのページを最初に見ているのかなどをチェックすることができます。

直帰率が高い場合には、他のページを見ずにユーザーがホームページから離れていってしまっていますので、「見やすいホームページのデザインやレイアウトに改善・文章の変更などが必要かもしれない」と分析することが可能です。

コンバージョン数やコンバージョン経路の確認

コンバージョンレポート

コンバージョンレポートでは、コンバージョン数やコンバージョン経路を確認できます。例えば、期間別に目標を達成できた完了数やセッション数の動きのチェックが可能です。

どのくらい商品が売れているのか、申込人数や資料の請求人数が増えているのかなどの目的達成の分析に役立ててください。アクセス解析では、コンバージョン数を意識して分析することが重要とされていますので、特に注目して分析することをおすすめします。

Googleアナリティクスは進化を続け、大企業向けの有料版も存在

Googleアナリティクスは、ユーザーが使いやすいように常に進化を続けているツールです。2020年10月にリリースされたGoogleアナリティクス4と、有料版のGoogleアナリティクス360にはどのような機能が搭載されているのか紹介しましょう。

新機能のGoogleアナリティクス4プロパティ

Googleアナリティクス4プロパティ


2020年10月にGoogleアナリティクス4プロパティがリリースされました。Googleアナリティクス4プロパティは、最新の分析ツールとなっており、このプロパティを導入することで4つの機能を使うことができます。

  • 高度なAI学習による行動の予測
  • 顧客の生活スタイルに合わせたデータの測定
  • プライバシーに沿うデータの制御
  • リスティング広告と統合

従来のGoogleアナリティクスではデバイスIDに基づいたデータ解析がされていますが、4プロパティではデバイスIDやGoogleシグナルを紐づけることで、より詳しくユーザー分析ができるようになりました。

そのため将来を見据えた顧客の行動パターンや需要がある商品の分析など、無駄かつ余計な広告費をかけずに戦略的に立ち回ることができます。

有料版のGoogleアナリティクス360は大企業向けツール

Googleアナリティクス360

Googleアナリティクスには、有料版のGoogleアナリティクス360という大企業向けのツールも存在します。

無料のGoogleアナリティクスにはできるデータの計測数に限りがあるため、大規模なホームページのデータ分析をする際に、不便が生じることがあります。

たくさんのデータを計測したいのであれば、有料版のGoogle アナリティクス360を使うことで、より多くのデータを詳細に分析が可能です。

1億セッションを超えてからサンプリングされますで、Googleアナリティクス360は無料版のアクセス解析よりも実数値に近いデーでそれぞれの指標の分析が可能です。

無料版のGoogleアナリティクスでは、1ヶ月で1,000万ヒットを超える場合にアクセス解析の処理が保証されていません。

大企業がGoogleアナリティクスでアクセス解析したい場合には、有料版のGoogleアナリティクス360を使うと良いでしょう。

Googleアナリティクスは常に進化している

Googleアナリティクスは、Googleが提供している無料でアクセス解析ができるビジネスシーンで集客施策に便利なツールです。

ユーザーレポートを見ることで、そのユーザーがどこからホームページに訪れてどのくらいの時間サイトに滞在し、何をしたのかを分析できます。新規セッション率や直帰率、流入元の分析をすることで、より集客効果を高めるのに役立てることができるでしょう。

またGoogleアナリティクスは常に進化を続けており、大企業向けの有料版も存在します。Googleアナリティクス360では、無料版よりも実数値に近いデータで分析ができ、1ヶ月で1,000万ヒットを超えるサイトでの解析を行うことが可能です。

大企業がGoogleアナリティクスでアクセス解析したい時には、無料版よりも有料版のGoogleアナリティクス360を使うことをおすすめします。