Webサイトを運用している方であれば「Google Analytics」というキーワードは聞いたことがあるかと思います。Webサイトのアクセス数を確認するとき、どのようなキーワードからアクセスされているか動向を見たい時など、Google Analyticsは非常に便利なツールです。

しかしBtoBのWebサイトは、ECサイトのようにアクセス数が売上に直結するような仕組みではないために、Webサイトの果たしている役割を把握することが難しいのが現状です。

では、BtoBのWebサイトにおいてGoogle Analyticsはどこを見るべきなのか、そのポイントと見方をご紹介します。

そもそもGoogle Analyticsとは?

おさらいとして解説します。Google AnalyticsとはGoogle社が提供しているアクセス解析ツールです。基本的に無料であるにもかかわらず非常に高機能で、サイトへのアクセス数やPV、コンバージョン数など、あらゆるデータを収集できます。

しかし高機能すぎるために、「どこを見たら良いのかわからない」という事態に陥りやすいという欠点もあります。そうならないために、まずはポイントを絞ってサイト全体の傾向を把握できるようにする必要があるのです。

Google Analyticsで見るべき4つのポイント

Google Analytics初心者が、BtoBのWebサイトにおいてまず見るべきポイントは、以下の4つです。

1.Webサイトにはどれくらいの方が訪れているのか

2.Webサイトへの流入の経路

3.どのページがどれくらい見られているのか

4.どこからのアクセスが多いのか

前編である本記事では、1の「どれくらいの方が訪れているのか」について解説します。

1.Webサイトにはどれくらいの方が訪れているのか

Google Analyticsにログインしたら左側のメニューから「ユーザー」→「サマリー」を選択します。ここではWebサイト来訪者の数や来訪者の方々が閲覧された総ページ数などがわかります。用語の解説をしていきましょう。

セッション

ユーザーがページ閲覧を開始し、終了するまでの一連の行為のこと。

例えば、あるユーザーがTOPページに流入し、次にサービス案内ページを閲覧し、3ページ目に問い合わせページを閲覧したような場合、これを「1セッション」と表現します。

なお、下記のような場合は、セッションが一旦切れてしまいます。一度セッションが切れたあとに再度サイトに訪問した場合、同一人物であっても、「2セッション」とカウントされます。

・日付をまたぐとき(23:59~24:05をまたいで閲覧している時、2セッションとしてカウントされます

・30分以上動きがないとき(30分以上ページを開いたままにしたあと、閲覧を再開した場合、2セッションとしてカウントされます)

ユーザー

Webサイトに訪問した人数のこと。

例えば、直近1週間でセッションが100だったとして、うち、20名はその1周間で2度訪問してくれたとしましょう。そうすると、実質は80名しか訪問していないので、「ユーザー」は80となります。つまり、「ユーザー」はセッションの中で重複を除いた数字になるのです。

ページビュー数

ユーザーが閲覧したページの合計数のこと。PV(ピーブイ)数とも表現します

例えば、下記の場合、ページビュー数は10となります。

1/1 Aさんが合計3ページ閲覧

1/2 Bさんが合計2ページ閲覧

1/2 Aさんが合計5ページ閲覧

なお、同じページを再度読み込んだ場合や、先ほど見ていたページに戻った場合も

「1PV」とカウントされます。

ここまでで、サイトにどれくらいの方が訪れていて、何ページ見られているのかがわかります。

さらにもう少し詳しく傾向が見るなら、サポートのサマリーに表示されている他の数字の意味も理解しておくといいでしょう。以下で併せて解説します。

ページ/セッション

ユーザーが1回の訪問で閲覧したページの平均のこと。

閲覧したページ数はユーザーによって、変動がありますが、平均的に何ページくらい見てもらえているのかが分かります。

平均セッション時間

ユーザーが訪問時にサイト内に滞在した時間の平均のこと

直帰率

ユーザーがサイトを訪問して、最初に表示されたページを見ただけで離脱してしまった割合のこと。

新規セッション率

Webサイト全体のセッションの中で、新規ユーザーの訪問の割合のこと。

これらの数字から、全体で何人訪れたかだけでなく、サイト内での行動などの傾向も見えます。

次回

残りの3つの「BtoBのWebサイトにおいてみるべき」ポイントをご紹介していきます。まずは、今回の内容でWebサイトのアクセス数の概要は把握いただけたと思います。次回の内容は、今回より少し掘り下げて、個別のページ別の来訪者数や、一部の来訪者(企業名)を特定する方法をご紹介したいと思います。