新聞やテレビに代わり、今やネット上の広告が主流になりつつあります。その中でも存在感を出しているのがGoogle広告です。最大手の検索エンジンであるGoogleに広告を出稿すれば、世界中のユーザーにアプローチができるでしょう。

これから広告出稿を考えている方の中には、Google広告に出稿することを検討している方も多いのではないでしょうか。

この記事では、企業のデジタル広告担当者の方に向けて、Google広告の概要や他の広告との違い、Google広告で効果を上げるポイントなどについて解説します。自社の施策にぜひお役立てください。

Google広告とは

Google広告とは、Googleがユーザーの検索結果などをもとに集めたビッグデータを活用して、Web上のさまざまな場所に出す広告のことです。

例えば、関連するWebサイトに広告を出したり、指定したWebサイトをGoogleの検索結果の上位に表示させたり、YouTubeに動画広告を出稿することも可能です。

Google広告は低コストから始めることができるので、規模が小さな会社やフリーランスでも導入を検討できます。紙媒体とは異なり、ネット上の広告なので改善しやすく、トライアンドエラーが比較的容易なことも特徴です。

また、Google広告はGoogleアナリティクスやGoogleキーワードプランナーといった、ほかのGoogleのツールとの相性もよいです。これらを使いながら出稿から運用、効果検証や改善までを実施できるのがGoogle広告の強みです。

Google広告のメリット・デメリット

Google広告のメリットやデメリットについて、色々な広告媒体と比較しつつご紹介します。

新聞・テレビ・ラジオの広告との比較

Google広告が新聞などのインターネット以外の広告と比べて優れているのは、費用対効果です。Google広告では、検索結果や閲覧履歴でユーザーの好みを分析し、宣伝をしようとしている商品やサービスに興味を持ちそうな人にピンポイントで宣伝することができます。

しかしその一方で、興味のない人に興味を持ってもらうことにはあまり向いていません。例えばテレビであれば、不特定多数の人にある程度の期間に渡ってCMを見せることができます。何度もCMを見た視聴者は、最初は興味がなかったとしても、徐々に購買意欲が高まっていきます。

Google広告はある特定のジャンルやブランドにすでに興味を持っている人に宣伝ができる一方で、新たに興味を持ってもらうことは難しいのです。

Facebook広告との比較

Google広告の他にFacebook広告もよく使われる広告です。Google広告は、Facebook広告よりも多くの人にアプローチできるというメリットがありますが、Facebook広告ほどターゲットを絞ることができません。

Facebook広告はFacebookにログインしているユーザーに広告を表示するため、Facebookが多種多様な個人情報を取得しています。一方、Google広告の場合はユーザーの個人情報までは取得できないのです。

特にパソコンを家族で共用で使っていた場合などには、個人情報がうまく反映できません。そのためGoogle広告は、的外れな広告を出してしまうこともあるようです。

Amazon広告との比較

Amazon広告は、基本的にはAmazon内部でしか見られない広告です。一方、Google広告は連携している色々なWebサイトで見られるので、幅広く色々な人に向けて宣伝が可能です。

その他、Amazon広告と比べるとGoogle広告は費用対効果が低いという特徴があります。Amazon広告は通販サイトと直結しているため、これから何かを買おうとしている人にアプローチすることができ、費用対効果が非常に高いのです。

しかし、Google広告はAmazon広告よりも幅広く色々な人にアプローチすることができます。

Google広告の広告種別

一言でGoogle広告と言っても、色々な種類があります。それぞれ特徴があるので、用途に応じて使い分けましょう。

リスティング広告

リスティング広告は、ある特定のキーワードで検索されたときに検索結果の上位に表示される広告です。リスティング広告を打つ前には、Webサイトを用意しておく必要があります。

クリックされれば広告費として計上されるので、クリックされなくても広告として成立するような工夫ができれば、広告費を抑えつつ効果を狙うことができます。

例えば「〇〇(キーワード)の事でお困りなら〇〇(宣伝したいブランドやサービス)」という広告文を検索結果に表示しておけば、クリックされなくても宣伝にはなります。

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告は、Googleのユーザーデータをもとにして、ターゲットを絞りながら表示させる画像広告です。ディスプレイ広告も特定のWebサイトの宣伝をするものなので、Webサイトを用意しなければなりません。

クリックされることで課金されるタイプと、インプレッション課金といって閲覧されただけで課金されるケースがあります。クリック課金の方がよいように思えますが、インプレッション課金の方が、表示されやすく、単価も安いという特徴があります。

ただ、インプレッション課金の方が計上される回数は多いので、この点は注意が必要です。

ショッピング広告

ショッピング広告は、ショッピングページを持っている広告主が対象となる広告です。例えば「カバン」と検索すれば、検索結果のページに色々な通販サイトからカバンを買えるリンクが表示されますが、この画面に表示させるための広告がショッピング広告です。

ショッピング広告を活用すれば、大手の通販サイトを使わずに自社のサイトから直接購入してもらうことができます。大手の通販サイトに手数料を払わなくてもよくなるのです。

もちろん、大手の通販サイトのページをGoogleショッピング広告として表示することも可能です。

動画広告

Google広告の動画広告は、YouTubeで流れる広告のことです。

動画広告を出すためには、まず動画を制作するのはもちろんのこと、動画を発信するYouTubeチャンネルも開設しておかなければなりません。

手間かもしれませんが、直接ユーザーがそのYouTubeチャンネルに行って動画を見てもらえれば、宣伝費はかかりません。それに、人気チャンネルになれば収益も上げることができるようになります。

YouTubeの動画コンテンツの制作に力を入れておけば、お金をかけずに効果的に宣伝ができる体制を作ることも可能なのです。

YouTube広告にも色々な種類があり、スキップ可能なものやスキップ不可なもの、おすすめ動画になりやすくなるものなどがありますので、目的に応じて使い分けましょう。

Google広告の使い方

ここからは、Google広告の使い方について解説します。

アカウントの作成

Google広告を出稿するには、まずGoogleアカウントの取得が必要です。自社でカウントを持っていない場合は、最初にGoogleアカウントを用意しましょう。

そののち、Google広告のページにアクセスして広告アカウントを作成します。メールアドレスやWebサイトのURLを入力しますが、ここでは指定されている通りに入力していきましょう。

キャンペーンの設定

次にキャンペーンの設定です。ここでは、予算やキーワード、テキスト広告などを入力します。

まだ定まっていない場合は、仮で入力しておいて後で変更することも可能です。ただ、「支払い方法」の項目にある「請求先住所の国とタイムゾーン」は、後から変更できません。

Google広告の効果がよく分からない場合は、まず低い予算から始めてもよいでしょう。

キーワードの選定も広告単価に影響するので、慎重に決めなければなりません。このあたりは、社内で慎重に検討してから決めるようにしましょう。

広告グループの設定

広告グループとは、「キーワード」「広告文」「表示URL」「リンクURL」をまとめる単位のことです。まずアピールしたい商品のWebサイトを用意し、次に広告文とキーワードを設定します。

アピールしたい商品が複数ある場合は、この広告グループを複数設定していきます。

広告の作成

ここまで用意できたら、「キャンペーンの新規作成」から広告を作成していきます。まず目標を聞かれますので、最適なものを選び、Google広告の種類を決めます。

その後、どんな人をターゲットにするのか、予算はどのくらいにするのかを決めたら、設定は完了です。その後、指定のWebサイトが広告としてWeb上の色々な場所に表示されます。

Google広告の効果を上げるには

Google広告の成果を上げるためには、自社の商品はどんな人が好んでいて、どんなキーワードで検索する人が興味を持ってくれるのかについて知ることが大切です。

初めはデータがないため予測するしかありませんが、Google広告を続けるうちにデータが蓄積され、ターゲットの属性などが分かってくることでしょう。Google広告を活かすためには、情報収集と分析が重要なのです。

まとめ

Google広告についてご紹介しました。Google広告は広告費も比較的低めから始めることができ、改善や分析もしやすいため、活用次第では大きな効果を期待できます。

Google広告にはさまざまな種類があります。出稿する前には、それぞれの特徴を理解し、どのような商品に向いているのかを考えましょう。

Google広告はデータの蓄積と分析によって精度が高くなっていきます。最初のうちは大変かもしれませんが、使いこなせるようになれば大きな効果を発揮してくれることでしょう。