Webサイトを訪れたユーザーが、商品の購入やサービスの申し込みなど、目標とするアクションを起こしたことをコンバージョン(CV)と呼びます。コンバージョンは自社で自由に設定できます。デジタル広告やWebマーケティングを実施したことで、どんな結果を得たいかによって、コンバージョンは変わります。

Google広告には、このコンバージョンを設定し、自社のWebサイトと連携することで、どのくらい目標を達成したか計測できます。しかし、実際にどのように設定したらよいのか、よくわからないという方もいらっしゃるでしょう。

この記事では企業のデジタル広告担当者に向けて、Google広告のコンバージョンの設定方法を解説します。コンバージョンの基本的な意味なども解説するので、ぜひ参考にしてください。

コンバージョンとは

コンバージョン(CV)とは、Webサイトを訪れたユーザーが、自社の目標とするアクションを起こしたことを指します。この目標には「商品の購入」「サービスの申し込み」「資料請求の申し込み」「ホワイトペーパーのダウンロード」などがあります。コンバージョンは自社で自由に決められます。

デジタル広告やSEOを実施する際は、目標をコンバージョンとして設定し、数値で可視化して計測します。計測した結果によって、今の施策が成功しているのか、うまくいっていない場合はどこを改善したらよいのかを検討します。

Google広告ではコンバージョンを広告の管理画面で設定できます。そうすることで、Google広告における効果を検証でき、改善ポイントの発見につなげられます。

コンバージョンの種類

コンバージョンには、「直接コンバージョン」「間接コンバージョン」「クリックスルーコンバージョン」「ビュースルーコンバージョン」「中間コンバージョン」の5種類があります。ここでは、それぞれの特徴について解説します。

直接コンバージョン

広告をクリックしたユーザーがランディングページ(LP)にアクセスし、商品を購入した場合に発生するコンバージョンです。Google広告の管理画面のコンバージョンの項目は、直接コンバージョンを指しています。

間接コンバージョン

LPに訪れたユーザーが直接のコンバージョンには結びつかなかったものの、別の日や別の方法でコンバージョンした場合を間接コンバージョンといいます。ユーザーは、価格や性能を比較検討したのちに購入や申し込みに至っている可能性が高いです。

クリックスルーコンバージョン

デジタル広告をクリックしたあとに、LPを訪問し、コンバージョンすることをクリックスルーコンバージョンと表現します。ユーザーが複数回コンバージョンしたとしても一回としかカウントされないのが特徴です。

Google広告ではクリックスルーコンバージョンの数値を最大で90日間確認できます。

ビュースルーコンバージョン

デジタル広告を閲覧したもののクリックしなかったユーザーが、別の方法でLPに訪問し、コンバージョンすることを指します。

中間コンバージョン

最終的なコンバージョンに至るためにユーザーが起こす重要な行動を、中間コンバージョンといいます。例えば通販サイトで商品を購入しようとしたユーザーが、最終的な確認画面までいったが離脱した場合に、中間コンバージョンが1とカウントされます。

成果につながっていない場合でも、中間コンバージョンの数値があれば、広告の運用方法として間違っていないと判断できます。

コンバージョンタグとは

コンバージョンを計測するために、Webサイトのソースへ設定するタグコードのことです。

一般的には「サンクスページ」と言われるページに設定します。サンクスページとは、ユーザーがWebサイト上で購入や申し込みを完了した際に表示される、「ご購入ありがとうございました」のページや、会員登録を完了した際に表示される「ご登録ありがとうございました」のページのことです。

ユーザーがサンクスページに到達したら商品が買われたため、コンバージョン1としてカウントされます。コンバージョンタグはこれらを自動で計測するタグコードです。

Google広告をはじめとしたデジタル広告の運用では、このコンバージョンタグを活用して、広告の効果測定や施策の改善を検討します。

タグコードは各デジタル広告の管理画面や、広告の解析ツールで発行します。発行したコンバージョンタグを計測したいWebサイトのソース内に設定すれば完了です。タグは正しく設定しないと、正確に計測できなくなります。基本的にはタグの発行画面に設置場所の案内が記載されているので、よく確認しながら設定しましょう。

コンバージョンを計測する目的

コンバージョンを計測することで、現在実施している施策の効果検証ができるようになります。Google広告の効果がよい数値であれば現状を維持したり、数値が低ければ改善ポイントを探します。

また、高い費用を払っているのにコンバージョンに至っていないのであれば、費用が無駄になっていることもわかります。このように、広告の運用から費用対効果まで可視化して施策に活かすのがコンバージョンを計測する目的です。

Google広告の運用を続けていても、コンバージョンが低い状態が続いているのであれば、広告を出稿停止したり、広告文を差し替えたりするといった改善案を検討します。

Google広告におけるコンバージョンタグ

Google広告には「グローバルサイトタグ」と「イベントスニペット」という2つのコンバージョンタグがあります。ここではそれぞれの特徴を解説します。

グローバルサイトタグ

Google広告に設定することで、コンバージョンをトラッキングできるタグコードです。Google広告だけでなく、Googleアナリティクスなどでも使用でき、ユーザーが広告をクリックした際のデータを保存します。

グローバルサイトタグは、Webサイトの全てのページ内にある<head></head>に設定します。Googleのサービスを利用するにあたり、1つのタグでトラッキングが可能となるので、管理も簡単になります。

イベントスニペット

グローバルサイトタグと合わせて使用して、ユーザー行動をトラッキングしてコンバージョンを計測します。設定する場所は<head></head>の間ですが、グローバルサイトタグの直後に設定するのがポイントです。イベントスニペットのみを設定したり、グローバルサイトタグの前に設定しても使用できません。

コンバージョンタグの取得と設置方法

コンバージョンタグには「Googleタグマネージャーで取得・設置する」「コンバージョンタグを直接取得・設置する」という2つの方法があります。

Googleタグマネージャーで取得・設置する

Googleタグマネージャーでコンバージョンタグを取得・設置する方法は以下のとおりです。

・Googleタグマネージャーにアクセスし、「無料で利用する」をクリックする

・Google広告を登録しているアカウントでログインする

・Googleタグマネージャーを初めて利用する場合は、新しいアカウントを設定する

・利用規約に同意すると、タグが表示されるのでコピーする

・コピーしたタグを自社のWebサイトに張り付ける

・張り付けたらGoogle広告の「ツール」へアクセスし、「測定」メニューにある「コンバージョンをクリックする

・コンバージョンアクションを新規追加する

・トラッキングするページの種類を「ウェブサイト」「アプリ」「電話件数」「インポート」から選択する

・コンバージョンアクセスのページで「カテゴリ」「コンバージョン名」などを選択する

・タグを設定する画面で「Googleタグマネージャー」を選択する

・画面に「コンバージョンID」と「コンバージョンラベル」が表示されるので保存する

・「完了」をクリックする

・Googleタグマネージャーへアクセスし、「新しいタグを追加」をクリックする

・タグの名前を入力して「タグの設定」をクリックする

・「タグタイプを選択」のメニューが表示されるので「Google広告のコンバージョントラッキング」を選択する

・保存した「コンバージョンID」と「コンバージョンラベル」を入力する

・トリガーをクリックする

・「トリガーのタイプを選択」のメニューが表示されるので「ページビュー」を選択する

・トリガーとなる自社のWebサイトのページURLを設定し「保存」ボタンをクリックして終了

コンバージョンタグを直接取得・設置する

コンバージョンタグを直接取得・設置する方法は以下のとおりです。

・Google広告にログインして、「ツール」へアクセスし、「測定」メニューにある「コンバージョンをクリックする

・コンバージョンアクションを新規追加する

・トラッキングするページの種類を「ウェブサイト」「アプリ」「電話件数」「インポート」から選択する

・コンバージョンアクセスのページで「カテゴリ」「コンバージョン名」などを選択する

・タグを設定する画面で「タグを自分で追加する」を選択する

・「グローバルサイトタグ」と「イベントスニペット」をダウンロードして、「次へ」をクリックする

・「完了」をクリックする

・自社のWebサイト内にグローバルサイトタグとイベントスニペットを設定して終了

まとめ

コンバージョンは自社の目的を表す重要な指標です。コンバージョンを計測することで、現在運用しているGoogle広告の効果が分かります。コンバージョンが高い場合は現状を維持し、低い場合は改善ポイントを探しましょう。

現状や結果を数値で表し可視化できるのが、コンバージョンのメリットです。これにより、自分だけでなく部署や会社全体で施策の状況を把握することができるようになります。コンバージョンは常に測定し、自社のGoogle広告の状況分析に役立てましょう。