Web広告は色々ありますが、Googleリスティング広告は特に有名な広告運用のひとつとなっており、自社の広告運用での利用を考えている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、Googleリスティング広告の費用相場や、予算の決め方などを詳しく解説していきたいと思います。運用を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

Googleリスティング広告とは

まず初めに、Googleリスティング広告とは何なのかを見ていきましょう。

ユーザーがGoogleを使用してキーワード検索した際に、検索結果画面の上に【広告】とテキスト表示されているものがGoogleリスティング広告です。「Google検索広告」とも呼ばれています。

Googleリスティング広告の種類と、広告費の決め方

Googleリスティング広告は、「クリック課金」と呼ばれる課金方が使われています。

クリック課金(CPC課金)

ユーザーが広告を1クリックしたごとに広告費用が発生するのが、クリック課金です。

広告が表示されただけでは費用は発生しないので、広告に興味のあるユーザーにのみ、費用が発生するということになります。

計算方法は、「広告がクリックされた回数×クリック単価=広告費」となり、このクリック単価は、自社や競合他社の「品質スコア」や「広告ランク」によって決まる仕組みです。

「品質ランク」は、広告を出す際に設定したキーワードと、広告の関連性などを基にGoogleが算出し、「広告ランク」は、広告を出す際に設定する入札額と品質スコアを基に出されます。

Googleリスティング広告の費用相場

ここからは、Googleリスティング広告の費用相場についてご紹介していきたいと思います。クリック課金は、1ヶ月の広告費相場は20万~50万が多い傾向にあるようです。

では、クリック課金の単価費用相場を見ていきましょう。

クリック課金の単価費用の相場

クリック単価は、1クリック数十円~数千円までと、非常に幅があり、安ければ1クリック100円以下、高いものだと1クリック9,000円以上かかる場合など様々です。

また、クリック単価はオークション形式で決まる仕組となっていて、設定したキーワードや広告の商材などによっては、競合他社が多くなるため、入札額の高い広告が優先的に表示されることになります。

相場はジャンルによっても異なる

商材や業界によって費用感が大きく異なり、保険や不動産系は比較的、広告費用が高くなりやすい傾向にあります。

Googleリスティング広告の予算の決め方

続いて、Googleリスティング広告を出す際の予算の決め方について解説していきます。

Googleでリスティング広告を出すのが初めての方は、予算の目安は絶対に必要になりますので、ぜひ参考にしてみてください。

目標の成果(CV数)を決める

一つ目は、目標のCV数を決める方法です。

1日または、1ヶ月にどの程度のCV数を取得したいのかを決めて、それを基に予算を決めていきます。

例えば、目標CV数が10件だった場合、広告をクリックしてくれた全ての人がCVになるわけではないので、1%だと計算すると10件CVを獲得するのに、クリック数は1,000回必要になります。

一回当たりのクリック単価が100円だとした場合、単純計算で「1,000×100=100,000」となります。この場合、広告の予算は100,000円という計算になります。

目標の指標(CPA)を決める

二つ目は、目標の指標を決める方法です。

CPAとは、広告によってユーザーが単価どれくらいで獲得できたのかを表すもので、CPAの目標を100円としたとき、獲得するユーザー目標が100名であれば、100×100で10,000円の広告費が必要になるということになります。

目標の売上金額を決める

三つ目は、目標の売上金額を決める方法です。

例えば、月間の売上目標を100万円、商品1点が5,000円だとした場合、目標の売上げを達成するには商品を200個販売しなければなりません。

次に、目標指標を2,000円だとした場合、計算が「200×2,000=400,000」となり、予算は400,000円必要となります。

Googleリスティング広告の支払い方法

Googleリスティング広告で広告を掲載した際の、広告費の支払い方法は、クレジットカードのみとなります。

以前は銀行振込も対応していましたが、現在は非対応となっていますので、注意しましょう。

広告代理店の利用もおすすめ

広告運用が初めてという場合や、費用対効果を最大化したいという場合は、広告代理店に依頼することもおすすめです。

広告代理店に依頼した際のメリット

広告代理店に依頼した際、大きく分けて3つのメリットがあります。

・広告運用の業務全般を代理店が担ってくれる

・広告運用のノウハウを生かして、適切な広告運用ができる

・ランディングページの最適化なども、同時に依頼することが可能

このように、自社運用では少し難しいといったことも、代理店が担ってくれるので、広告掲載までの時間も短縮できます。

広告代理店の利用も考えてみてはいかがでしょうか。

まとめ

ここまで、Googleリスティング広告を運用する際の費用相場や、予算の決め方について解説させていただきました。

Googleリスティング広告は、低予算から気軽に広告運用を始められる手法となり、キーワードと連動しているので、高い集客効果も見込めます。

自社の出したい広告に合わせた課金方法で、広告運用をしていきましょう。

この記事も、ぜひ参考にしていただけると幸いです。