Googleを使って検索したとき、その検索ワードに関連する商品広告が表示されているのを観たことがある方も多いのではないでしょうか。テキストだけでなく、商品画像や価格、商品名などが、検索結果の上部に表示されていると思います。これが、Googleショッピング広告と呼ばれる広告です。

商品を販売している小売店やECサイトの運用者は、Googleショッピング広告を活用して高い効果を上げたいものです。

この記事では、Googleショッピング広告の概要やメリットとデメリット、効果的な運用の仕方についても解説します。また、Googleショッピング広告がどのような商品の宣伝に向いているのかも解説するので、ぜひ参考にしてください。

Googleショッピング広告とは

Googleショッピング広告とは、検索結果の画面に写真と価格とともに表示される広告です。例えば「ハードディスク」と検索すれば、検索結果のページに色々な通販サイトのハードディスクの広告が表示されます。「レディース 靴」と入力すると、女性用のシューズの広告が表示されます。

広告をクリックすると、商品の購入ページに移動します。このように、ユーザーが検索したキーワードに連動して表示されるので、コンバージョン率が高いのが特徴です。

すでに何かを探している、購入したいものが決まっているユーザーにアプローチできるのが、メリットです。

Google検索の商品ページ

Google検索の画面には「ショッピング」という項目がありますが、ここに表示されるものは全てショッピング広告です。そのため、ユーザーの中には大手の通販サイトを使わずにここから買う人も多いでしょう。価格が安い順に表示することもできるなど、一見広告には見えません。

このGoogleショッピング広告を活用すれば、大手の通販サイトを使わず、自社のサイトから直接購入してもらう事を促すことができます。つまり、大手の通販サイトに手数料を払わなくても、Googleの検索画面を通販サイトのように使うことができるのです。

商品ショッピング広告

Googleショッピング広告には、商品ショッピング広告とショーケース広告という2種類の広告があります。

商品ショッピング広告は、単品の商品のための広告です。例えば通常のGoogle広告の場合、検索キーワードを「時計」とすると、検索結果の上部に表示させられるサイトは1つのみとなります。

しかし、時計を専門に扱っている店でおすすめできる時計は数多くあるでしょう。そのような時に便利になのが商品ショッピング広告なのです。ショッピング広告ならば、同じキーワードで複数の商品を登録することができるからです。

自社の商品を複数ショッピング広告として登録することで、ユーザーは自社の通販サイトの検索画面を経由せずに直接購入ページに飛ぶことができるのです。

ショーケース広告

Googleショーケース広告とは、商品をグループで表示できる広告です。ただ、日本では使えませんし、Googleとしても廃止の方向で進んでいます。今後廃止された後は、似たような制度ができるかもしれません。

Googleショッピング広告のメリット

Googleショッピング広告は検索結果で上部に表示させる広告ですが、同じく検索結果で上位に表示されるタイプの広告として、リスティング広告があります。

Googleショッピング広告とリスティング広告を比較してみると、Googleショッピング広告の方がクリック単価が安くできる可能性が高いという特徴があります。

Google検索で上位に表示される条件のひとつに「品質スコア」というものがあるのですが、Googleショッピング広告は他の広告と比べて品質スコアが上がりやすいのです。

また、Googleショッピング広告は写真と値段も表示されるため、買おうと思っている人がクリックしてくれる可能性が高いので、費用対効果は高いものとなります。

また、クリックされることで広告費が発生するので、純粋に商品のアピールのためだけに使うこともできます。

Googleショッピング広告のデメリット

Googleショッピング広告のデメリットは、価格の安い商品には不向きだということです。クリック単価はキーワードによって変わるため、商品の値段は関係ありません。仮に10万円の商品でも100円の商品でも、クリック単価は変らないのです。

つまり、クリック単価が100円で商品が1000円の場合、10回クリックされても買われなければ赤字になります。

Googleショッピング広告を始めるには

では、Googleショッピング広告を始めてみましょう。まずは他のGoogle広告と同じように、Googleアカウントを取得してGoogle広告へログインしましょう。

Google Merchant Centerへ登録する

Googleショッピング広告は、Google Merchant Centerへの登録が必要です。Google Merchant Centerは商品情報を管理するためのツールです。登録する際には、案内にしたがって、会社名やURLなどの基本事項を入力していきます。

商品情報を登録する

続いて、「フィード」と呼ばれる商品情報を登録します。フィードの項目は、商品固有ID、商品名、 URL、商品説明文、在庫状況、価格、カテゴリ、メイン画像などです。

ここでのポイントは商品名と説明文です。商品名はタイトルのようなもので、商品名をそのまま入力する必要はありません。目に止まりやすい名前にすることもできます。「テレビで話題の」とか「便秘に効果のある〇〇(商品名)!」などが定番です。

そのあとが説明文です。説明文では、タイトルに関連する文章を入れていきましょう。例えば「便秘に効果がある」とタイトルに書いた場合、どうして便秘に効果があるのかを論理的に説明したりします。

Google広告アカウントと紐づける

Google Merchant Centerに登録した後は、Googleアカウントと紐づける必要があります。やり方は非常に簡単で「リンクアカウント」というボタンをクリックしてGoogle広告アカウントのIDを入力するだけです。

ショッピングキャンペーンを作成する

Google広告アカウントと紐づけたら、あとは他のGoogle広告と同じです。

「キャンペーンの新規作成」から広告を作成していきます。ここでは何が目標なのかを聞かれるので、最適なものを選び、その後Googleショッピング広告を選択します。

次の画面では、Google Merchant CenterのIDを入力します。その下にキャンペーンのサブタイプを入力する箇所があり、スマートショッピングキャンペーンと通常のショッピングキャンペーンがあります。

両者の違いをシンプルに説明すると、自動か手動かということになります。最初はスマートショッピングキャンペーンで自動にしておき、だんだんポイントが分かってきたら、通常のショッピングキャンペーンにするとよいでしょう。

Googleショッピング広告を運用するポイント

Googleショッピング広告を運用するポイントは、管理をしっかりすることです。例えば、閲覧されている(インプレッション)割にはクリックされないという場合には、広告に問題がある場合があります。

キーワードが合っていないのかもしれませんし、画像が悪いのかもしれません。もしくは、価格が高すぎるのかもしれません。どの点に問題があるか、分析する必要があります。

また、クリックの割には購入されていないという場合には、商品名や値段に対して商品の内容がいまいちという可能性も考えられます。

広告の目的にもよりますが、よくクリックされる商品をショップの看板商品として表示しておき、他の商品の詳細も見てもらえるように促すのもよいかもしれません。

また、費用対効果を上げたい場合は、あまりハードルが上がるような商品名にしない方がよいかもしれません。

Googleショッピング広告を通販サイトに

Googleショッピング広告は検索画面で常に表示されている「ショッピング」のページに記載され、キーワードに対して関連する商品の中に並べられます。これは、安い順などに並び替えることもできます。

例えば、自社特製のチーズを売りたい時に「〇〇(会社名)のチーズ」というような、他には誰も使わないようなキーワードにしておくのです。そうすると、非常に安いクリック単価で「ショッピング」ページに記載することができます。

Googleショッピング広告の使い分け

Googleショッピング広告に「〇〇(会社名)のチーズ」と登録して、ユーザーがそのキーワードで検索すると、直接Googleの検索画面から行けるようになります。

さらに、少し内容を変えて「チーズ」というキーワードで登録するということもできます。

このように使い分けることで、会社のチーズをすでに知っており、その商品を検索している人には安いクリック単価で購入してもらい、一方でその商品は知らないけどチーズは好き、という人に対してアピールすることもできるのです。

まとめ

今回は、Googleショッピング広告についてご紹介しました。

Googleショッピング広告は、検索結果画面に表示される広告である一方で、専用のページに表示されるため、Googleが運営するショッピングサイトに出品するようなイメージで広告を出すことができます。

自社で持っているショッピングサイトの売り上げがあまり伸びない場合は、Googleショッピング広告の導入を検討してみるのもよいでしょう。ぜひ、今回の記事を参考に、自社の広告運用を成功させてください。