数あるGoogleサービスの1種である「Googleキーワードプランナー」は、SEOの向上にも、デジタル広告の出稿にも有能です。一方で、利用に際しての注意点もあります。

この記事では、企業のデジタル広告担当者の方に向けて、Googleキーワードプランナーの機能や使い方、活用法、活用時の注意点を紹介します。

設定時の注意点についても解説しますので、これからキーワードプランナーを活用する方はぜひ参考にしてください。

Googleキーワードプランナーとは?

Googleキーワードプランナーとは、コンテンツの製作や広告配信に重要なキーワード候補や、キーワードごとの月々の検索数を示すツールです。膨大なデータを持つ検索エンジンであるGoogleの検索データを元に示されるため、データの有効性・信頼性が高いという特徴があります。

キーワードプランナーは、対策キーワードの選定や検索したキーワードの市場調査が可能です。また、Google広告を出稿する際の推奨入札単価や関連キーワード・広告配信時の競合サイト数なども把握できます。

対策キーワードがわかれば、自社のWebサイトにSEO対策を実施する際に、どの単語を混ぜてコンテンツを作ればよいか計画できます。入札単価の推奨額がわかれば、適切な金額で無駄のない広告費の予算を立てられるでしょう。

インターネット上では、どんなキーワードが多く検索されているのか、広告の入札単価はいくらくらいが適切かといったことが、データに基づいて判断できるのがGoogleキーワードプランナーです。

キーワードプランナーの料金

キーワードプランナーは、Googleアカウントを持っていれば無料で使えます。ただし、無料版は一部の機能が制限されているので注意しましょう。

キーワードプランナーはGoogle広告を運用している広告主に向けたツールとなっています。Google広告を出稿し、その広告費を支払えば有料版のキーワードプランナーが利用できるようになります。

有料版に対する料金設定やオプション料金があるのではなく、広告を運用することで機能が使えるようになるといった考え方になります。

Googleキーワードプランナーの機能

Googleキーワードプランナーには、大きく分けて5つの機能があります。

1.キーワード候補の提示

Googleキーワードプランナーでは、検索したキーワードを元にキーワード候補を示します。そのため、関連キーワードやキーワードごとの検索ボリューム、広告を配信した場合の競争の激しさも把握可能です。

2.月間平均検索ボリューム

過去の月々の平均検索ボリューム数の把握にも、キーワードプランナーは役立ちます。一定期間や対象地域の指定、ならびに検索ネットワークでの平均検索回数も取得可能です。

3.競合性

広告を配信した場合の検索キーワードに対する競合性が分かるのも特徴です。検索ネットワークと対象地域に関して指定が可能となっており、競合性は低・中・高の3段階で評価され、データ不足の際は「-」と表示されます。

4.キーワード単価

リスティング広告の配信時には、広告主側が各キーワードの1クリックごとの単価を設定します。検索エンジンで該当キーワードが検索された時に、広告が上位表示されるためのクリック単価の目安が「キーワード単価」です。

キーワードプランナーを活用することで、検索上位表示に必要な1クリックごとの広告単価が分かるようになっています。

5.予測データ

検索したキーワードに対する広告を配信した場合の月々の予測データが、キーワードプランナーに表示されます。そのため、クリック数や必要となる費用・平均クリック単価などの推定が可能です。

Googleキーワードプランナーの使い方

ここでは、Googleキーワードプランナーの使い方について紹介します。キーワードプランナーは使い方が難しいように見えますが、実際には難しくはありません。

1.キーワードプランナーに登録する

GoogleのサービスであるGoogleキーワードプランナーを利用する際には、Googleアカウントが必要です。さらに、キーワードプランナーの利用にあたり、Googleアカウントだけでなく、Google広告アカウントへの登録も求められます。

Google広告のWebサイトにてホーム右上の「今すぐ開始」をクリックして、Google広告アカウントを作成しましょう。

2.広告の設定をする

Google広告のアカウントに登録すると、広告の作成ページに進みます。実際に広告を配信する予定がなくても、キーワードプランナーを利用するためには設定を避けられません。下記の項目を設定しておきましょう。

・広告の目標

(電話の問い合わせの増加、Webサイトでの購入や申し込みの増加または店舗への来客数の増加)

・ビジネスの内容説明

(ブログ名などのビジネス名とWebサイトの登録)

ターゲットの所在地・キーワードのテーマについては、設定は任意です。

3.広告の予算

広告の予算を設定します。万が一誤って配信された場合を考慮して、最低金額で設定するとよいでしょう。予算は選択肢から選ぶだけでなく、広告主側で定めることが可能です。入力内容の確認をして、次に進みます。

4.支払い情報

アカウントの種類と個人情報・クレジットカードの情報を入力し、利用規約を確認して同意します。アカウントは「個人」と「ビジネス」から選択可能です。

以上のステップで広告の設定は終わりですが、すぐに広告を出さない場合は、広告配信を停止しておきましょう。意図せず広告が配信されているケースがあるので注意が必要です。

5.広告の配信停止

キャンペーンの設定が完了したら、画面に表示される「キャンペーンを確認」をクリックします。

進んだページの画面の中央に「保留中」または「有効」と表示されている箇所があります。クリックして「キャンペーンを一時停止する」を選ぶことで、「一時停止」とステータスが変更されます。

6.キーワードプランナーのモード

キーワードプランナーの初期設定は「スマートモード」です。スマートモードではキーワードプランナーが利用できないので、「エキスパートモード」に変える必要があります。

続いて、「新しいキーワードを見つける」もしくは「検索のボリュームと予測のデータを確認する」を選択します。

7.キーワードの検索

新たなキーワードを導き出すために、10個までの任意のキーワード、もしくはウェブサイトのURLをキーワードプランナーに入力します。URLはウェブサイト全体もしくは指定したページのみから、新しいキーワードを導くことが可能です。

検索が完了すると、下記の項目が結果として表示されます。表示したい結果項目は、任意でキーワードプランナーにて設定可能です。

・キーワード

・月々の平均検索ボリューム

・広告を出稿した場合の競合性

・広告を表示できた程度(すでにGoogle広告を配信している場合)

・かつて検索上位に表示された広告の単価

・アカウントの現状

・インデックス値から見た競合性

・オーガニック検索で広告を表示できた程度

・オーガニック検索での平均掲載順位

8.検索ボリュームと予測

任意のキーワードで広告配信をしたと仮定して、予測データをキーワードプランナーで表示します。それぞれのキーワードに対するクリック単価の上限も指定できて、設定単価に応じた広告の表示回数やクリック数・費用等の確認が可能です。

Googleキーワードプランナーの活用法

SEO施策とリスティング広告には、Googleキーワードプランナーの活用が効果的です。ここでは、それぞれの活用法を確認しましょう。

SEO効果の向上

検索ボリュームはもちろんですが、関連キーワードも把握できるとSEOには役立ちます。関連キーワードからユーザーのニーズが推測できるからです。

キーワード候補や月単位での平均検索ボリューム・競合性が瞬時に分かるキーワードプランナーの活用は、SEO施策に効果的です。検索上位に表示されるために必要となる入札単価から、ライバルサイトの強さも判断できます。

リスティング広告

リスティング広告の配信時に施策したいキーワードの検討が思い当たらない場合は、「新しいキーワードを見つける」機能の利用が助けになります。

広告の配信するWebサイトのURLを入力すると、キーワード候補が表示されるので参考にするとよいでしょう。サイト内の特定ページやライバルサイトからの調査も可能です。

また、キーワードプランナーを使うと、Google広告を配信したシナリオの結果を予測できます。そのため、予測を元に対策キーワードやクリック単価の調整が可能です。

必要に応じて、対象期間や言語・地域も変更できます。

キーワードプランナー活用の注意点

キーワードプランナーは多機能で有能ですが、機能を把握しないと使いこなすのが難しいのも事実です。事前に、キーワードプランナーの機能を確認しておきましょう。

一定額の広告費を使わない限り、キーワードプランナーでキーワード各々の具体的な検索数は得られません。1,000円程度の広告費用では詳細なデータが得られず、「1万〜10万」のように結果が表示されます。

Google広告主であれば無料で利用できるキーワードプランナーですが、Google以外で広告を出される方は他の無料のツールも検討されるとよいでしょう。

まとめ

今回は、Googleキーワードプランナーの機能や使い方について解説しました。このツールを使うことで、SEOでどの単語で対策したらよいのか、デジタル広告の入札単価はいくらが適切かといったことがわかります。

キーワードプランナーはSEO対策や広告運用にとても役立つ機能です。ぜひキーワードプランナーの基本的な使い方をマスタキーワードプランナーはSEO対策や広告運用にとても役立つ機能です。ぜひキーワードプランナーの基本的な使い方をマスターし、運用に役立ててください。