アクセス解析ツールとして、最も多く利用されているGoogleアナリティクスですが、アナリティクスの用語についてよくわかっていないという方も少なくないでしょう。

セッションは、アナリティクスを利用していく上で、とても重要なものです。

この記事では、セッションとは何なのかを、詳しく解説していきます。

セッションとは?

セッションとは、「ユーザーがサイトに来訪してから離脱するまでの一連の行動」を言います。

例えば、Aというサイトを開き、その中のページBを見て、その後サイトから離脱しました。この、A→B→離脱までの流れがセッションです。

「ユーザー」との違い

ユーザーは、サイトに来訪した閲覧者のことを指します。

セッションは、一度サイトを訪れて終了してから再訪問すると、セッション数は2という形で数えられますが、ユーザーの場合、同じ訪問者であれば何回訪れても、数は1として数えられるます。

「ページビュー」との違い

ページビューは、閲覧者のパソコンやスマートフォンなどのブラウザにWebサイトが表示された数を表しています。

先ほどの例えの、Aというサイトを開き、Bのページを見てサイトから離脱をすると、セッションは1と数えられますが、ページビューでは、2という数え方になります。

セッションが終了するタイミング

セッションが終了するタイミングは、サイトから離脱した時以外にも3つあります。

1つずつ順番に見ていきましょう。

サイトを訪れてから30分間操作が行われなかった場合

サイトの閲覧をしていても、閲覧している間に、訪問者が30分間何も操作しなかった時には、セッションが終了と判断されます。

訪問者が30分経過後に操作を開始した場合は、新規のセッションとしてカウントされるので、この場合はセッションの数は2になります。

ただ、この30分という時間単位は、Googleアナリティクスの元々の設定となっていて、セッション持続時間は変更が可能です。

後ほど変更方法の解説をしますので、そちらを参考にしてみてください。

日にちをまたいだ時

日付が変更されたタイミングで、セッションも新しくカウントされます。

例えば、23時50分~0時10分までサイトを閲覧していたとしても、0時をまわったタイミングで、新規のセッションがカウントされます。

キャンペーンのソースが変わった時

最初にサイトに入った参照元とは別の参照元で同じサイトに入った場合も、セッションが終了されます。

例えば、最初に参照元の「○○.com」からサイトAの閲覧を始めると、「○○.com」を流入元としたセッションが開始されます。その後一度離脱して、離脱後30分以内に、別の「××.com」から先ほどと同じサイトAの閲覧を始めます。この場合、同じサイトを閲覧しても、参照元が別になっているため、「××.com」を流入元とした、新規のセッションがカウントされるということです。

セッション時間の変更

ここからは、先ほどお話しした、セッション持続時間の変更方法についてです。

通常の記事を読むだけのサイト運営であれば、持続時間は基本的にデフォルト設定の30分で問題はありません。

しかし、記事の中で動画再生などが必要なサイトの場合は、長時間操作をしないという可能性があり、その間にセッションが終了してしまうことがあります。

そのため、動画再生など閲覧に時間がかかるサイト運営をする際は、その時間も考慮してセッション持続時間の変更をする必要があります。

持続時間は、最短1分~最長4時間まで変更が可能です。

セッション時間の変更方法

セッション持続時間の変更方法は以下の通りです。

まずはGoogleアナリティクスの公式サイトにログインしましょう。

①セッション時間設定の左側にあるメニューから、「管理(歯車のアイコン)」をクリック

②「プロパティ設定」の中にある、「トラッキング情報」をクリック

③「セッション設定」をクリック

④「セッションのタイムアウト」で時間を設定して、「適用」をクリック

変更方法はとてもシンプルで、難しい操作もないので、簡単に設定できるかと思います。

自身のサイト運営に合わせて、必要であれば持続時間の変更設定をしてみましょう。

セッション数の確認方法

セッションの数を確認したいとき、Googleアナリティクスのセッション数は、「ユーザー」「集客」「行動」の3つに分けられていますので、それぞれのセッション数を確認していきましょう。

ユーザー

メニュー画面から、「ユーザー」→「概要」をクリックすると、サイト全体のセッション数を確認することができます。

集客

メニュー画面から、「集客」→「すべてのトラフィック」→「チャンネル」をクリックすると、流入元ごとのセッション数を確認することができます。

行動

メニュー画面から、「行動」→「サイトコンテンツ」→「すべてのページ」をクリックすると、各ページのセッション数を確認することができます。

まとめ

ここまで、Googleアナリティクスのセッションについて、定義や確認方法などを解説させていただきました。冒頭でもお伝えしたように、アナリティクスの利用において、セッションはとても重要なものとなっているので、セッション数は毎日確認することをおすすめします。

安定したサイト運営をしていくためにも、セッションについて理解を深めていきましょう。