「Facebookマーケティングに関してもう少し詳しくなりたい」

「Facebookマーケティングで有効な戦略を知りたい」

上記のようにお悩みのSNS 担当者の方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回の記事ではFacebookマーケティングについて詳しくご紹介いたします。Facebookマーケティングならではの戦略や成功事例についてご紹介するので、自社で Facebookマーケティングを行う際のご参考にしてください。

Facebookマーケティングとは?

Facebookマーケティング

Facebookの大きな特徴として挙げられるのが、実名性という点です。そのため、ビジネスて用いられることも多いSNSです。実際にFacebookマーケティングを行っている企業は多数あります。

実名制ということもあり、広告を配信する際のターゲティングの精度も非常に高く、しっかりと狙った層に情報を配信できるのもメリットです。普段の投稿と組み合わせることで販促やブランディングにも繋げられます。

さらに、動画広告等も配信できることから訴求力の高いコンテンツを配信できることもメリットです。普段の投稿も文字数も制限がないため、他のSNSよりも充実したコンテンツを配信できるのがFacebookマーケティングの強みの1つとなっています。

Facebookマーケティングパートナーとは?

Facebookマーケティングパートナー

Facebookマーケティングの効果をさらに高めたいのであれば、Facebookマーケティングパートナーを目指すと良いでしょう。他にパートナー契約を結んでいる顧客とのマッチングが可能になるのでさらにビジネスの幅が広がるからです。

さらに、Facebookマーケティングパートナーになると、実績に繋がるだけでなくFacebookマーケティングパートナーバッジが配布されます。そのため、自社のHPやSNSアカウントでアピールができ、ブランディングに繋げることが可能です。

今まで知り得なかった潜在顧客とも繋がることができるようになるので、非常にメリットが大きいです。Facebookマーケティングでさらに高い効果を得たい場合はFacebookマーケティングパートナーを目指す価値が高くなっています。

パートナーには5つの種類がある

Facebookマーケティングパートナーには5つの種類があります。それぞれパートナーになるための条件なども異なってくるので注意が必要です。

ここからは5つのFacebookマーケティングパートナーの特徴や、パートナーになるための条件を詳しく解説いたします。

アドテク

アドテク向けのFacebookマーケティングパートナーでは、アドテク企業がさらに成功できるようにサポートしてくれます。具体的には下記のようなサポートを受けられるでしょう。

  • テクニカルサポートを利用
  • 予算やスケジュールのサポート
  • 他社業界とも交流できる特別イベントへの参加
  • スキルや知識を高められるトレーニングや教育プログラム
  • レポーティングや効果測定

上記のようにアドテク企業のマーケティングを促進させてくれるようなメリットばかりです。参加条件は公表されていませんが、効果的なFacebookマーケティングに繋がるので、アドテク企業にとって目指す価値のある制度となっています。

広告会社

広告会社向けのFacebookマーケティングパートナーは、ブランドや企業の代わりに広告キャンペーンを行ったり、管理する広告会社向けのサービスです。具体的には、広告会社の成長を促進するために下記のようなやることが可能となっています。

  • 効果測定に使えるツールの提供
  • Blueprint教育チームが提供する広告会社向けの学習ツール、及びトレーニング
  • コンサルティングとの1対1のチャットサポート
  • 潜在クライアントへの露出度強化

上記のように広告会社の成長やメリットに繋がるような特典ばかりです。ただし、広告会社向けのFacebookマーケティングパートナーになるためには条件があります。

  • 180日間の広告費用が10,000ドル以上
  • サポートされている市場に本社が存在すること
  • ビジネスマネージャが10以上のFacebookページと繋がり、それぞれの過去90日間の広告費用が100ドル以上であること
  • ビジネスマネージャがFacebookの広告ポリシーに準拠していること

上記のように厳しい条件があるのであらかじめ覚えておきましょう。

コマース

コマース向けFacebookマーケティングパートナーは、ECサイトやプラットフォームを提供している企業向けの制度です。具体的には下記のようなサポートを受けることができます。

  • オペレーション、テクニカルサポートの実施
  • Facebook製品全般の最新資料
  • トレーニングコースの受講

また、コマース向けFacebookマーケティングパートナーになるためには下記の条件が必要になります。

  • Facebookでカタログを利用できるように支援するテクノロジーを持っていること
  • Facebook側が規定しているデイリーアクティブ数やカタログフィードを保有していること

他にもFacebookの利用規約とガイドラインに準拠していたり、招待制になっている必要があるという制限があるのであらかじめ注意しましょう。

コマース向けFacebookマーケティングパートナー

クリエイティブプラットフォーム

クリエイティブプラットフォームはクリエイティブやコンテンツに関わる企業向けのFacebookマーケティングパートナーとなっています。まだ、発展途中の制度となりますが、下記のようなサポートが予定されているそうです。

  • ビジネスの成長に役立つツールやリソースの提供
  • クリエイティブのスキルを高められる教育コンテンツや参考になるリソース

上記のようにクリエイティブやコンテンツに関わる企業にとって、魅力的なサポートとなります。参加条件などはまだ公表されていないので、続報を待つ形となっているようです。

テクニカルサービス

テクニカルサービスは、Facebook広告ツールの設定、トラブルシューティング専門家のBlueprint認定パートナーと、対象になる広告主と繋げてくれる制度です。具体的には下記のような支援を受けられるのがメリットとなります。

  • Facebook Blueprint認定プログラムとパートナーバッジを得ることができる。
  • 自社と関りのありそうなリードや潜在顧客とのリーチ
  • テクニカルサポート、トレーニングオンラインセミナーの支援

また、テクニカルサービスパートナーになる際には、例として下記のような条件を満たす必要があります。

  • 広告主へサービスを提供する社員すべてが、Facebook認定マーケティング開発者の認定資格を獲得していること
  • Facebookが規定するポリシーをすべて遵守していること。
  • Facebookチームとのやり取りに関して否定的な意見がないこと。

厳しい条件にはなっていますが、得られるメリットは大きいのでテクニカルサービスパートナーを目指す価値は高くなっています。

Facebookマーケティングにおいて有効な戦略とは何なのか?

Facebookは実名制ということもあり、ターゲティングしやすいのがメリットです。そのため、しっかりと練った戦略を展開して、より大きな成果を目指していく必要があります。

そこで、ここからはFacebookマーケティングにおいて有効な戦略を具体的にご紹介いたします。いずれもFacebookマーケティングにおいて必要不可欠な戦略となっているので、あらかじめ把握しておきましょう。

ターゲットを設定する

Facebookマーケティングを行う前にしっかりとターゲットを設定しましょう。ターゲットを明確に設定することで、その後の戦略が立てやすくなる上に、施策の内容がブレることなくマーケティングを展開することが可能になります。

具体的にターゲットを決める際には下記のような例を参考にすると良いでしょう。

  • 名刺交換をクラウド上でできるシステムの宣伝をしたい→サラリーマンとして働いている男性をターゲットをにする
  • いらなくなったものを取引できるフリマサイトの宣伝をしたい→普段専業主婦として暮らしている女性をターゲットにする

上記のようにFacebookマーケティングで宣伝したい商材やサービスからターゲットを割り出しましょう。

ペルソナをきちんと設定する

Facebook マーケティングで狙うべきターゲットを設定したのであればペルソナを設定しましょう。ペルソナとは「自社の商材やサービスを購入してくれるかもしれない架空のユーザー像」のことを指します。

ペルソナをしっかりと設定することで、どのように宣伝すればいいのかより具体的に戦略を練ることができます。そこで、下記のような項目を踏まえた上でペルソナを設定すると良いでしょう。

  • 年齢
  • 性別
  • 住んでいるエリア
  • 収入
  • 職業
  • ライフスタイル
  • 性格
  • 家族構成

上記のような要素を見た上で細かくペルソナ設定を行いましょう。細かくペルソナ設定することで、顧客の視点から自社のマーケティングを見ることができるので、必ず行うことがおすすめです。

KPIやKGIを定める

Facebookマーケティングで戦略を練る際には KPIやKGIという指標を必ず決めましょう。KPIとKGIは具体的には下記のような意味があります。

KGI:マーケティングや施策の最終目標を表す指標。
<例>6か月後までに自社サイトのコンバージョン率を3%にする
KPI:KGIを達成する際の各プロセスが適切かどうか定量的に評価する際の指標。
<例>自社サイトのPV数を10万PVまで上げる

KPIやKGIを決めることで、目標や行っているマーケティングの施策が正しいのか客観的に分かりやすくなります。 自社で行うFacebookマーケティングをブレの無いようにするためにも、細かく設定することがおすすめです。

コンテンツ制作に力を入れる

Facebookマーケティングに必要不可欠な戦略として、コンテンツ制作に力を入れることはとても大切といえるでしょう。魅力がないコンテンツはユーザーの目に留まらない上に、訴求力が低くなってしまうからです。

そのため、コンテンツ制作は特に力を入れる必要があります。そこで、特にFacebookで大切となるコンテンツは下記のようなものです。

  • コピーライティング、キャッチフレーズ
  • 画像や写真
  • 動画

Facebookマーケティングでは、上記のコンテンツを配信することが多くなるので特に大切です。より高いクオリティを求める場合は外注することも視野に入れましょう。

コンテンツカレンダーを準備する

コンテンツを配信するタイミングスケジュールを管理するという意味でも、コンテンツカレンダーを準備することが戦略として大切です。コンテンツの配信が途切れてしまうと、ユーザーに情報が届かなくなってしまうので注意する必要があります。

コンテンツカレンダーを準備する場合は無料で使えるGoogleスプレッドシートがおすすめです。社員の間ですぐに情報を共有できる上に、リアルタイムで編集できるので非常に使いやすくなっています。

Googleスプレッドシートがおすすめ

また、カレンダーを準備する際にはマーケティングツールを使うのもおすすめです。Facebookで使えるマーケティングツールは多く存在するので、使い勝手が良いものを選びましょう。

インフルエンサーを活用する

Facebookマーケティングの効果を高めたいのであればインフルエンサーの導入を検討してみましょう。インフルエンサーは影響力が高く、自社の情報を配信してもらうことで高い効果が期待できます。

Facebookにおいて業界で大きな影響力を持っている業界人に情報を配信してもらうと効果的です。より自社のFacebookのアカウントを成長させたり、ブランディングに繋がるキッカケを作れるので非常に効果の高い手法となっています。

したがって、Facebookマーケティングの予算に余裕がある場合は是非実践してみましょう。

効果測定を細かく行う

Facebookマーケティングを行う際には効果測定を細かく行うように心がけましょう。効果測定を細かく行うことで、どのような成果を発揮しているのか分かりやすくなり、改善に役立てることができます。

そこで、Facebookマーケティングにおいて効果測定を行う場合には下記の項目に注目してみましょう。

  • 投稿のリーチ数:投稿を見たユーザー数
  • ページに対する「いいね!」数:自社のFacebookアカウントページに「いいね!」をしたユーザー数
  • エンゲージメント数:「いいね!」やコメントなど、何らかのアクションを実行したユーザー数と、アクションタイプ別を内約した数値
  • サイト流入数:ユーザーがFacebookページや広告を見てサイトを訪れた数
  • ユーザー属性:性別、年齢などの属性を表示

上記のようにいずれもFacebookマーケティングの改善に役立つ数値です。効果的な改善を行うためにも、必ず細かくチェックすることを意識しましょう。

Facebookマーケティングにおける企業の成功事例

Facebookは企業で用いられることが多いSNSとなっているので、企業関係の成功事例は数多く存在します。企業の成功事例を確認しておくことで、自社でFacebookマーケティングを行う際の参考にできるはずです。

そのため、ひとつでも多くの成功事例を知っておくと自社のFacebookマーケティングを効率よく行うことが可能です。Facebookマーケティングを行う際のお手本として考えてみましょう。

ワールド・ファミリー株式会社

幼児向けの英語教材を販売・提供しているワールド・ファミリー株式会社はFacebookマーケティングで高い成果を上げました。実際の施策として自社のウェブサイトへリンクしている写真・動画広告で、より多くの潜在顧客を狙ったキャンペーンを展開しています。

そのキャンペーンの結果、ワールド・ファミリー株式会社はウェブサイトでのコンバージョンを2.4倍に増加させました。実際にウェブサイトへ誘導可能できる写真・動画広告を用いて潜在顧客の興味を引くことに成功しています。

ワールド・ファミリー株式会社

子供がいるとされる年齢25歳〜44歳の日本の女性を対象にキャンペーンを行い、結果として多くの新規顧客を獲得しています。まさに、国内企業におけるFacebookマーケティングの成功事例と言えるでしょう。

株式会社フジボウアパレル

アパレル企業であるフジボウアパレルはブックマーケティングにおいて動画広告を有効に活用し、新しい顧客にリーチしました。その結果として、 顧客獲得単価を57%改善することに成功しています。

フジボウアパレルは異なる4つのクリエイティブを配信することでクリエイティブの効果をテストしていきました。そこでCVRの最も低かったクリエイティブと最も高かったクリエイティブの比較を行い、2.4倍のコンバージョンの差があることを実証しています。

そのキャンペーンのテストのデータを得たこともあり、フジボウアパレルはマーケティングを改善していくヒントを獲得しました。Facebookマーケティングとして確実に成果を出せた例といえるでしょう。

リノベ不動産

リノベーションという、リフォームよりもさらに大規模な建物の回収を行っているリノベ不動産もFacebookマーケティングにて高い成果を獲得しています。

具体的にはエリアや興味関心のある層にターゲティングを行い、自社の動画広告を配信するようなキャンペーンを行いました。実際のリノベーション住宅のビジュアルを伝えることで、潜在顧客にさらに魅力的な部分を伝えることに成功しています。

実際に行ったキャンペーンの結果、月のお問い合わせ件数を85%向上させるという成果を獲得しました。まさに、上手くターゲティングを行い、ターゲットに合わせた動画広告を展開して成功した事例となっています。

Falcon Game Studio

Falcon Game Studio
サイト:http://falcongames.com.vn/

モバイルゲームを展開しているFalcon Game Studioでは、韓国の新規プレイヤー獲得のためにFacebookの自動広告を利用しました。そして、モバイルアプリインストール広告と比較し、増分インストール単価を10%下げるという成果を獲得しています。

具体的な手法として、アプリゲーム「1945 Air Force」で2つの広告を比べるA/Bテストを実施しました。どちらの広告でも写真と動画の広告を入れて、ゲームの紹介ができる広告を打ち出し、新規ユーザーの獲得に成功しています。

そして、Falcon Game Studioは上記のA/Bテストでその後に使えるマーケティングのデータを獲得します。そのため、Facebookマーケティングで成果を出した上で、有益なデータを獲得することのできた成功事例と言えるでしょう。

京都やまちや

京都やまちや
サイト:https://www.yamachiya.co.jp/

健康食品ブランドの京都やまちやはオンラインでの売上を向上させるために、Facebookマーケティングでモバイルファースト動画広告を導入し、自社の商品のイメージを伝えるような良質なクリエイティブで多くの潜在層の心を掴むことに成功ました。

具体的には、25歳から60歳までの幅広い年齢層や過去にサイトに訪問してきたユーザーに対して広告を展開しました。そうした細かい戦略を取ることで、カートへの追加が増加し2.8倍以上の成果を得ることに成功しています。

まさに、巧みなターゲティング戦略と魅力的なコンテンツが配信できたからこそ、実現できたFacebookマーケティングといえるでしょう。

Facebookマーケティングを勉強する際におすすめな本とは?

Facebookマーケティングを体系的に勉強する際には、本で勉強すると確実にやスキルが身に付きます。プロが書いている本を読むことで、さらにFacebookマーケティングについて詳しくなることができるでしょう。

そこで、ここからはFacebookマーケティングを勉強する際におすすめな本についてご紹介いたします。いいね!を増やしたり、集客のためのテクニックを学べる本ばかりなので是非、ご参考にしてください。

現場のプロがやさしく書いた Facebookマーケティングの教科書

現場のプロがやさしく書いた Facebookマーケティングの教科書

タイトルの通り、優しくFacebookマーケティングについて解説してくれるので初心者の方でも安心して学ぶことができる本です。Facebookを運用する際のコツや戦略を一冊で学べるので非常に役立ちます。

こちらの本のレベルとしてはSNSに関して知識がない場合でも読みやすいレベルとなっているのも魅力的です。そのため、最近Facebook運用の担当者になったという場合でも安心ができます。

Facebookを基礎から応用までまんべんなく学べるようになっているので、Facebookマーケティングを初めて学ぶ際に非常にオススメな一冊です。

Facebookマーケティング [ビジテク] 価値ある「いいね!」を集める心得と手法

Facebookマーケティング [ビジテク] 価値ある「いいね!」を集める心得と手法

こちらの本では「1か月目」「2か月目」「3か月目」と、時間軸に合わせてFacebookマーケティングについてゼロから学べるようになっています。そのため、初めてFacebookマーケティングに触れる場合でも安心です。

具体的には下記のようなテクニックが学べることがポイントです。

  • Facebookページの作成や運営
  • 投稿する際のテクニック
  • いいね!をより獲得するための方法
  • 集客の手法

上記のようにFacebookマーケティングを活用する際に必須なテクニックばかりです。より実践的なFacebookマーケティングを始めたいという場合は購入を検討してみましょう。

Facebook広告運用ガイド ダイレクトマーケティングに生かす売上直結の活用術

Facebook広告運用ガイド ダイレクトマーケティングに生かす売上直結の活用術

こちらの本では、Facebook広告を上手く活用するための手法が学べるようになっています。Facebook広告の本格的な運用を基礎からじっくりと学べる内容が魅力的です。

具体的にはターゲティングの精度の磨き方や、魅力的なコンテンツの作成方法などを細かく学べるのが嬉しいポイントです。さらにFacebookマーケティングで成果を出せる広告運用のコツも無駄なく学べます。

「Facebook広告運用について学ぼうとしたけど上手くいかなかった」「初心者でも分かりやすく学べるFacebook広告運用の本が欲しい」という方は購入を検討しましょう。

ビジネスを加速させる Facebook広告&Instagram広告制作・運用の教科書

ビジネスを加速させる Facebook広告&Instagram広告制作・運用の教科書

こちらの本では、自社のビジネスをさらに拡大させることのできるFacebook広告を学べる内容となっています。実際に効率よくFacebook広告で集客するためのコツを細かく学ぶことが可能です。

実際にコロナ禍でピンチだったところをFacebookマーケティングで回復した実体験の上で書かれているので、より実践的なFacebook広告の知識を学びたい方におすすめです。

さらに、Facebook広告での売上拡大や販促に繋がる知識を多く学べるので、Facebook広告を最大限マーケティングに活用したいという方は本書で学んでみましょう。

Facebookをビジネスに使う本

Facebookをビジネスに使う本

こちらの本ではFacebookをビジネスとして使う際に必要な知識が網羅されています。

Facebookをビジネスで使う際にさらに高い人気を獲得するためのテクニックが記載されている内容になっているので、より実践的な内容になっているのです。

具体的には下記のような手法が学べます。

  • Facebookアカウントでファンを増やす方法
  • よりユーザーに届くような投稿内容の作成方法
  • 実際にFacebookアカウントをビジネスに使って成功した事例

上記のように企業でFacebookマーケティングを行う際に役立つ知識ばかりです。また、さらに自社のFacebookアカウントでさらに成果を上げたいという場合は、是非購入してみましょう。

Facebookを集客に使う本

Facebookを集客に使う本

こちらの本ではFacebookアカウントでより多くの集客につなげるための手法や戦略が記載されています。

できるだけ費用をかけないで集客するためのコツが多く記載されているため、コスパ良くFacebookマーケティングを行いたい際におすすめの本です。

具体的には下記のような役立つ知識が学べることがポイントです。

  • Facebookアカウントで上手くファンを作る方法
  • Facebookマーケティングでブランディングを行う方法
  • 集客やリピーターを増やす方法

こちらの本でも成功事例を読みながら学べるので、より自社のFacebookマーケティングに活かしやすくなっています。コスパ良く集客をして、さらに自社のFacebookマーケティングを加速させたいという方は是非読んで学んでみましょう。

事例を参考にFacebookマーケティングで集客・販促を

今回の記事ではFacebookマーケティングについて細かくご紹介いたしました。FacebookマーケティングパートナーなどFacebookマーケティングをさらに充実させられる機能についても細かく記載しています。

そこで、最後に今回の記事を簡単にまとめます。

  • Facebookは実名制であり、ターゲティングがしやすくビジネスにも使いやすいSNSとなっている。
  • Facebookマーケティングパートナーは条件が厳しいが、その分目指す価値のある制度となっている。
  • Facebookマーケティングでは企画から効果測定まで細かく行うことで最大限に効果を発揮する。
  • Facebookマーケティングで成功事例を作り出した企業は多く存在する。

Facebookはビジネスに使いやすく、上手く活用することで集客や販促につなげられるSNSです。Facebook広告などを活用することで、さらに質の高い施策が展開できます。

もし自社のビジネスをさらに成功させたいのであればFacebookを上手く活用しましょう。