マーケティング担当者なら「Facebookの広告の効果が高いらしい」と聞いたことがあるかも知れません。

Facebookの広告とは具体的にどんな広告なのでしょうか?そしてなぜ効果が高いのでしょうか?ご紹介していきます。

Facebook広告はなぜ効果が高いのか?

Facebook広告と言っても、具体的にどんなものかをすぐに思い出せる人は少ないでしょう。でもFacebookを利用している人なら、知らずしらずのうちに、広告を目にしていることが多いのです。

ユーザーはFacebookに基本的に実名で登録しており、また性別や職業、出身校などを登録している人が多いです。また、Facebookにログインしている時点で、どんなユーザーがログインしているのかがわかるため、Cookieに頼らなくてもいいので、趣味趣向がわかりやすく、広告を出すと費用対効果が高いと言われています。

Facebook広告とは具体的にはどんなものか?

それでは実際にFacebookにはどんな種類の広告が出されているのでしょうか?

バナー広告

まずはバナー広告です。この広告は基本と言えるもので、画像と紹介文だけで出稿できるので最も初心者にも向いています。また、業種などにも関係なく、全商材に対応できるのが魅力です。

Facebookのフィード画面で、時々、見慣れない画像が投稿されているのを見ることがあります。よく見ると「広告」と書かれています。この広告は画像のアスペクト比や文字数などの制限があります。

動画広告

次に動画広告です。Facebookでも動画広告は取り扱っており、バナー広告よりも多くの情報を掲載できるため、取り扱い量が多くなってきているようです。

スライドショー広告

スライドショー広告は文字通り、数枚の画像をスライドさせて表示する広告です。動画よりもファイルが軽く、簡単に作成できる上、デバイス、通信速度の影響を受けません。

また、商品の使い方の手順やバリエーションなど、画像の表示順番に気を配るとより一層効果的になります。

カルーセル広告

カルーセル広告は、一つの広告内に動画やスライドショー広告を盛り込み、より多くの情報をユーザーに届けることができる広告手段です。

作成も複雑に見えますが、ツールがあるので、意外に簡単です。多くの商材があるECサイト、イメージも大切な旅行や不動産、美容業界に向いています。

キャンバス広告

キャンバス広告はモバイルデバイス専用の広告形態で、ユーザーが複数枚ある広告の1枚をクリックすると、フル画面の画像が立ち上がるしくみになっています。

外部サイトに遷移しないので、ユーザーの離脱を防ぐことができるのが利点です。

コレクション広告

コレクション広告は、EC系のサイトにおすすめのフォーマットで、Facebook社が運営しており、FacebookとInstagramに掲載されています。

4枚のメイン画像と商品のカタログで構成されていて、ユーザーは他のサイトに遷移せずとも一つの広告内で、商品のことを認知することができます。

さらに購買までがひとつのサイトでできることがメリットと言えます。

ダイナミック広告

ダイナミック広告はEC系サイトに向いている広告で、過去にユーザーが訪問した履歴をもとに個人個人で違う広告を作成することができます。

Facebook独自のフォーマットがあるため、やや作成には手間がかかります。

リード獲得広告

リード情報とは「見込み客の情報」という意味で、クリック後にユーザーの氏名、住所、会社名、電話番号、アドレスなどを入力させますが、Facebookの情報を読み込むため、自動入力でユーザーを離脱させないメリットがあります。

主にイベントの集客、BtoBの情報集めに効果がある上、主に顧客管理ソフトと連携して今後のマーケティングに利用する方法が取られています。

クーポン広告

よくアプリなどでは無料クーポンなどが発行されたりするのを見ることがありますが、実はFacebookでやられているのです。

リアル店舗やネット店舗どちらにも利用できるクーポンは新規、既存の顧客獲得に効果的です。

イベント広告

Facebookのイベント広告は実際に見たり、使ったりしたことがある人も多いのではないでしょうか?

これはイベントの認知や集客に効果的なFacebook広告で、作成時にはイベントページ、広告マネージャーで、できるだけ簡単に目的を達成できるように工夫されており、自動配置なども適応されるしくみになっています。

また、道順を表示させるボタンなどもあるので、よりユーザーにとって便利に使うことができます。

従来のWeb広告にはないFacebook広告効果の無限の可能性

従来のWeb広告は広告を見たユーザーがそれをクリックしてくれなければ成立しませんでした。

しかし、Facebook広告にはいろいろな種類があり、画像のみならず、動画やカルーセルでも出稿でき、ユーザーがクリックせずとも、すでにFacebookに登録してある情報を使って趣味趣向を知ることができることや、いいね!を押してくれることで配信の範囲を広げたりすることができます。

さらに広告内に道順を表示させたり、クーポンを配信させたり、ツールをも利用できるので、その効果には無限の可能性を感じます。

まとめ

Facebook広告は、さまざまな種類があり、それぞれに特徴があります。これまで主流だった検索エンジンにおけるデジタル広告以外の戦略として、Facebook広告を利用してみてはいかがでしょうか。