Facebook広告をはじめて運用する場合は、デジタル広告専門の広告代理店に依頼するのも1つの手です。SNS広告の最新情報をもとにした運用実績のある広告のプロに外注することで、ユーザーに精度の高いアプローチが期待できます。

しかし、実際に広告代理店に依頼したくても、どのくらい費用がかかるのが、本当に効果はあるのかよくわからないという方もいらっしゃるでしょう。

この記事では、Facebook広告の運用を外注しようと検討している方に向けて、代理店の選び方や費用相場を解説します。メリット・デメリットも解説するので、ぜひ参考にしてください。

Facebook広告とは

Facebook広告とは、Facebook社が提供するサービス内に表示されるSNS広告のことです。Facebookだけでなく、MessengerやInstagram、Audience Networkにも配信が可能です。

MessengerはFacebookユーザー同士でやり取りできるメッセージツールです。InstagramはSNSツールで、写真や動画を中心に投稿されています。Audience NetworkはFacebookと提携している媒体のネットワークです。Facebook広告に出稿すると、これらの広告枠にも表示できます。

広告はFacebookの「ニュースフィード」や「ストーリーズ」に表示され、世界中のユーザーに配信されます。

Facebookは実名登録制なので、登録しているユーザーのニーズや特徴をもとに、精度の高いターゲティングが期待できます。そのため、ビジネスでも使いやすいと評判が高く、BtoB広告やビジネスパーソン向けの商材との相性がよいともいわれています。なにより世界27億人以上のユーザーが利用していることが強みのSNS広告です。

料金は広告が1,000回表示されると課金されるインプレッション課金(CPM)と、広告が1回クリックされるごとに課金されるクリック課金(CPC)の2種類です。課金方式は広告を出稿する目的によって異なります。自社の商品やサービスの認知拡大なのか、アプリのインストールが目的なのかなど、出稿する際の目的によって選びましょう。

Facebook広告は自社で運用することも、もちろん可能ですが、SNS広告を取り扱う広告代理店に依頼する方法もあります。自社のリソースやスキルが不足している場合は、外注も視野に運用を検討してもよいでしょう。

Facebook広告の代理店の選び方

Facebook広告を運用する広告代理店は、数多く存在します。広告代理店を利用すれば、SNS運用のプロが的確なアドバイスをしてくれるでしょう。これにより、ニーズのあるユーザーへ適切に広告を届け、コンバージョンを増やすことが見込めます。

しかし、値段の安さや単純な実績の多さで判断すると、思った成果が出ずに無駄なコストと時間を浪費することになります。

広告案件の規模で検討する

外注したい自社の広告の規模と、広告代理店が扱う広告の規模を比較して検討するやり方です。Fac代理店のWebサイトにあるプランや、過去に扱った案件の規模を判断軸とします。

基本的に価格費用の高い広告代理店では、プランも豊富な場合が多いです。しかし、自社の広告をどこまで拡大させるかを明確にしてから、申し込むようにしましょう。

自社がイメージしていた規模と代理店のプランがミスマッチであると、必要なかったオプションやコストが発生してしまいます。まずは、自社が希望する案件の規模を明確にし、広告代理店が対応できるか、無駄がないかを確かめることが大切です。

実績の豊富さ

広告代理店が過去に受注した実績を確認しましょう。自社が希望する案件と類似した広告運用の成功事例があるかなどはポイントになります。同じような案件の成功事例がある場合は、広告代理店がFacebook広告運用の豊富なノウハウを所持していることがわかります。逆に希望の案件と類似した実績が無い、もしくは少ない場合は経験値が少ないかもしれません。

また、一部の業種や業界に限った実績になっていないかも確認しましょう。仮に自社が希望する案件に近い実績があったとしても、一部の企業からの受注しかない場合もノウハウが少ない可能性があります。代理店と打ち合わせるときは、外注を受けた企業や件数を教えてもらうとよいでしょう。

戦略やクリエイティブ体制

広告代理店でのクリエイティブ体制を確認しまそう。Facebook広告におけるクリエイティブとは、バナーやストーリーズの動画などの広告用の成果物です。広告運用においてユーザーにダイレクトで伝わるクリエイティブの成果は、代理店の品質を見極めるポイントにもなります。

まずはクリエイティブの制作を誰が担当して、どのくらい制作してもらえるかを確認しましょう。広告代理店のなかには案件を獲得することがメインになっており、契約後のクリエイティブの制作は曖昧な店舗もあります。初期費用や運用費用のなかにクリエイティブの制作費用が含まれておらず、外注後にはじめて知るといったケースもあります。

また、「市場分析」「競合分析」「PDCA」といった戦略面はどのように行われるのか、調査の仕方に信頼性があるのかも確認しましょう。

広告代理店の費用相場

広告代理店の費用相場は、「初期費用+毎月3万円~6万円ほど」と言われています。ただし、広告代理店が提供するサービスや、取り扱っている案件の規模によって費用は変わります。また、広告費の月額20%+管理費を費用価格としている広告代理店もあります。

広告代理店の費用相場は、全体で見るよりも自社が希望する広告の規模に合わせて比較するとよいでしょう。また、毎月発生する費用以外にも、初期費用や最低契約期間などが設けられている場合もあります。

Facebook広告のメリット・デメリット

ここでは、Facebook広告のメリット・デメリットについて解説します。実際に運用する際の参考にしてください。

メリット

ここでは、Facebook広告の「予算」「フォーマット」「ターゲティング機能」に関する3つのメリットについて解説します。

1.低予算で出稿が可能

Facebook広告の「最低出稿金額」は100円です。Facebook広告はもちろん、SNSのデジタル広告自体がはじめてで、感覚を探りながら運用したい場合でも利用しやすいです。広告予算が限られている企業や、小さくはじめたい企業にも向いています。

2.広告フォーマットが豊富

Facebook広告には、画像1枚とテキストで配信する「写真広告」、動画1点とテキストで配信する「動画広告」、複数の画像や動画で伝える「スライドショー広告」、製品カタログを表示する「コレクション広告」など、10種類のフォーマットがあります。

広告を出稿したくても、どんな形で配信したらよいかわからないという場合に、選択肢が多いのはうれしいポイントです。

広告代理店に依頼すると、どのフォーマットが自社のブランディングに適しているかについて、アドバイスを受けることもできます。

3.精度の高いターゲティング機能

Facebookは実名登録制のSNSで、プロフィールも細かく入力できます。また、ユーザーが「いいね」や「シェア」をした情報も保持しているのも特徴です。これらの情報をもとに、自社が求める顧客にあったユーザーに配信できるのも、Facebook広告のメリットです。

Facebook広告のスキルやノウハウが自社にない場合、ターゲティング機能の使い方に迷うこともあるでしょう。広告代理店に外注すれば、ターゲティングをはじめとした機能を使いこなし、成果の上がる広告を運用できるでしょう。

デメリット

ここでは、Facebook広告の「ユーザーへのリーチ」や「仕様」に関する、2つのデメリットについて解説します。

1.Facebook以外にリーチしづらい

Facebookは世界中で利用されていますが、広告はFacebookを利用しているユーザーにのみ発信されます。Audience Networkを利用すれば、提携先にも配信できますが、GoogleやYahoo!などの検索広告に比べると範囲は限定されます。

このデメリットを補うには、他のデジタル広告の組み合わせが有効です。Facebook広告を扱う代理店のなかには他のデジタル広告を扱う代理店もあります。Facebook広告の代理店が信頼できるものであれば、他のデジタル広告も外注してみるのも1つの手です。

2.機能追加や仕様変更が多い

Facebook広告は頻繁に機能や仕様が変わります。より使いやすく機能的なものに進化するためではありますが、慣れるまでは利用しづらいと感じることもあります。Facebook広告に限らず、SNS広告の流れは非常に速いです。常に新しい情報にアンテナを立てていなければ、取り残されてしまうこともあるでしょう。

広告代理店に外注していれば、機能面やアルゴリズムの変更があった場合でも広告運用のプロが分かりやすく教えてくれます。

まとめ

Facebook広告をはじめて運用する、デジタル広告のスキルやノウハウが自社にない場合は、広告代理店に外注する方法があります。低コストで高いターゲティング機能を持つFacebook広告ですが、自社内だけで運用するのが難しい場合には、代理店への外注を検討するのもよいでしょう。

しかし、代理店の選び方を間違えると無駄な出費になってしまう可能性もあります。外注する際は、今回紹ご介した選び方や費用相場を参考にしてみてください。Facebook広告の特徴を理解したうえで、自社に合った広告代理店を見つけることが大切です。