リード(見込み客)の獲得はビジネスの要です。見込み客のリストがあれば、新しい商品やサービスを効果的に訴求することが可能になります。ズバリその目的をうたっているFacebookの「リード獲得広告」とはどんな広告なのでしょうか。

この記事では、企業のデジタル広告担当者に向けて、リード獲得広告の概要やメリット、設定方法を分かりやすく解説しています。Facebook広告の運用の参考にしてください。

Facebookのリード獲得広告とは?

Facebookのリード獲得広告とは、ユーザーがFacebook上で資料請求やメルマガ登録などのアクションを完結できる広告です。これは、ネットユーザーの大多数を占めるスマートフォンだけに配信されます。

デジタル広告に興味を持って「資料請求」のボタンをクリックしたが、請求フォームにたくさん記入項目があるのを見て、面倒くさく感じてやめてしまったという経験を持つユーザーは少なくありません。

しかし、Facebookにはユーザーの氏名、年齢、住所、メールアドレス、電話番号などがすでに登録されており、リード獲得広告ではこれらの個人情報が自動的に記入されるので、ユーザーは手軽にストレスなく申し込みを完了できます。

また、ユーザーはFacebookアプリに留まったままで操作できるので、申込み完了後に再びFacebookに戻る手間もかかりません。

リード獲得広告は、資料請求やお問い合わせ、メールマガジンの配信登録などに利用できます。これまで入力の手間で逃していたユーザーを、新たに獲得できる可能性があります。

リード獲得広告の掲載場所

リード獲得広告が掲載されるのは、FacebookとInstagramです。

Facebookでは、「ニュースフィード」「ストーリーズ」「インスタント記事」「インストリーム動画」「Marketplace(Facebookのプラットフォーム内で提供されるフリーマ―ケット機能)」に配信されます。

ニュースフィードに表示されたリード獲得広告は、普通のニュースとほとんど見た目が変わりません。「広告」という表示がありますが、レイアウトはほかの投稿と変わらないので、ユーザーに広告らしさを感じさせないでしょう。

Instagramでは、「フィード」と「ストーリーズ」に配信されます。InstagramのフィードもFacebookと同じく、通常の投稿に馴染むように表示されます。

Facebookのリード獲得広告の効果

リード獲得広告を利用する効果は、ユーザーの資料請求などのアクションのストレスを軽減することで、リード(見込客)の獲得数が増え、獲得単価が下がることです。

リード獲得広告の効果が期待できる利用目的には次のようなものがあります。

・ホワイトペーパーやカタログのダウンロードをすすめる

・メールマガジンの購読者を集める

・イベント、プログラムへの参加を促す

また、リード獲得広告で収集した見込み客は、各人のFacebookアカウントに紐づけられているので、それを参照することで、潜在顧客の興味や行動を把握することが可能です。

Facebookのリード獲得広告のメリット

Facebookのリード獲得広告には、どのようなメリットがあるのでしょう。ここでは4つのメリットについて解説します。

フォーム入力が簡単でユーザーのストレスが軽減

リード獲得広告は「実名を登録するSNS」というFacebookのユニークな特徴を活かした広告です。ユーザーは、資料請求などをする際に、他の広告のように氏名、住所、メールアドレス、電話番号をいちいち記入しなくても、登録情報が自動的にフォームに記載されます。

スマートフォンに最適化されている

Facebookのリード獲得広告は、スマートフォンだけに配信されるので、入力フォームもスマホに最適化されています。スマホの小さな画面では入力のストレスが大きくなり、スルーしてしまうユーザーがPCよりも多くなります。

スマホでインターネットを利用する人が大半を占めるようになった現在、フォーマットがスマホに最適化され、基本情報の入力が自動化されているのは、大きなメリットと言えます。

Facebook上でフォームの送信まで完了できる

リード獲得広告は、請求フォームの送信までFacebook上で完了します。アプリの切り替えやサイト移動が発生しないので、ユーザーに不要なストレスがかかりません。

これは広告主にとってもメリットです。ランディングページ(自社サイト)の作り込みにまだ自信がない企業やショップでも広告を配信して見込客を獲得できるからです。

Webサイトを制作したり整備したりするリソースや予算が取れない場合にも便利です。

きめ細かなターゲティングができる

Facebookはユーザーの年齢、性別、居住地、趣味、嗜好などが、あらかじめ明らかになっているSNSです。リード獲得広告はこの特徴を利用して、きめ細かなターゲティングを行なうことが可能です。新聞広告や雑誌広告といったマス広告では、自社が希望するユーザーにピンポイントでアプローチすることは難しいです。

しかし、Facebookでは自社が求めるターゲットに合ったユーザーに的確にアプローチできるのがメリットです。

なお、リード獲得広告は18歳未満のユーザーには表示できないので注意しましょう。

Facebookのリード獲得広告のデメリット

現在、Facebookのリード獲得広告は、モバイルデバイスのみでの利用となっています。パソコンの画面では表示できないので注意しましょう。パソコンからの購入や申し込みが多い企業にとっては、デメリットになり得るかもしれません。

自社のWebサイトを作りこんでいて、サイト上でアプローチをかけたい場合にも不便な部分があるかもしれません。リード獲得広告を見たユーザーは、入力フォームにのみ到達します。商品やサービスの魅力はWebサイトで伝えたいといった場合には、デメリットになるでしょう。

Facebookのリード獲得広告の活用方法

ここでは、リード獲得広告を活用する方法をご紹介します。実際に広告を運用する際の参考にしてください。

カスタム質問を設定してリードの理解を深める

申込みフォームには、氏名、メールアドレスなどの定型質問の他に、2つまでカスタム質問を設定することができます。

商品やサービスにマッチした質問をすることで、見込み客のニーズをより深く理解できて、その後のアプローチに役立てることができます。

CRM(顧客関係管理)ソフトウェアと連結する

リード獲得広告はCRM(顧客関係管理)ソフトウェアと連結することができます。この機能を使うことで、獲得したリードをタイミングよくフォローできるので、コンバージョン率のアップに寄与します。

リードを手動でダウンロードして保存したり、他のツールにアップロードする必要がなくなるので、「自動的に」「リアルタイムで」新しいリードにアクセスして管理することができます。

新しいリードのフォローアップに時間がかかるとコンバージョン率が下がるので、ぜひ活用したい機能です。

インベントリーフィルター で配信先を選別する

Facebookの広告マネージャに2019年に実装された「オーディエンスフィルター」を利用することで、下記のようなコンテンツには配信しないように設定することができます。

・紛争・事故・惨事

・議論が分れる社会問題

・不快に感じる行為

・性的に挑発的

・乱暴な言葉を使っている

商品やサービスによっては、上記のような婚店に広告が配信されると、企業イメージ、ブランドイメージを損ねることがあります。

これまでは、「除外カテゴリ機能」で1つひとつ設定しなくてはなりませんでしたが、新しい「インベントリーフィルター」では、一括で表示レベルを設定することができます。

Facebookのリード獲得広告の設定方法

Facebookリード獲得広告はFacebook広告マネージャで設定を行います。広告マネージャにアクセスするために、次の2つのアカウントを準備しましょう。

・Facebookビジネスページのアカウント

・Instagramのビジネスアカウント

広告マネージャの操作手順

広告マネージャを立ち上げたら、次の手順でリード獲得広告を設定します。

1.キャンペーンの目的で「リード獲得」を選択する

2.広告キャンペーンの名称を入力する

3.1日の広告予算と広告掲載期間を指定する

4.ターゲット層を設定する。年齢、地域、性別、興味・関心などを選んでいきます。

5.配信面を指定する。Facebook とInstagramの両方に配信したい場合は「自動配置」を選択

6.広告の形式を選択する。選べる形式は「カルーセル」「1件の画像」「1件の動画」「スライドショー」の4つ

7.選んだ形式に合わせて、プレビュー画面で確認しながら画像や広告文を設定する

8.「新しいフォーム」からユーザーが入力するフォームを作成する(質問項目を選択し、必要に応じてカスタム質問を設定する)

9.自社サイトのプライバシーポリシーページのURLを入力する

10.ユーザーがフォーム入力を完了した後に表示される「感謝スクリーン」を作成する

11.最後に、広告の承認を申請する

以上の各プロセスにサポート機能がついているので、分らないことがあれば利用しましょう。

まとめ

Facebookのリード獲得広告は、スマホユーザーのフォーム入力のストレスを軽減するので、より多くの見込み客を獲得する効果が期待できます。

実名登録というFacebookの特徴を活かして、きめ細かなターゲティングが可能なのもリード獲得広告の大きなメリットです。

従来の広告で「問い合わせフォームでの離脱率が高い」「リード獲得単価が高い」などの悩みがあった企業は、導入を検討されてはいかがでしょうか。